ホーム » 寝取り・寝取られ » 【相姦】結婚式前夜の娘(29)を犯す父親をご覧ください・・・・・・・

【相姦】結婚式前夜の娘(29)を犯す父親をご覧ください・・・・・・・

読了までの目安時間:約 4分

娘を犯す体験談

 

[99]: PINNさん(兵庫県)からの投稿 2016/07/19(火)

29歳の時に彼氏と結婚することが決まりました。

 

結婚式を挙げる前夜だった夜の日に父が、私の部屋に入ってきて明日は早いから寝なさいと言って無理やり布団の中に寝かされました。

 

父は上は課で、パンツ一枚でした。

父は私の布団の中に入ってきて私が、着ているパジャマを脱がそうとしているんです。

 

私は、とっさに止めてお父さんと声を出していました。

 

父は俺が、味見をしてからでは無いと駄目だと言って力ずくで裸にされてしまいました。

父は私の身体においかぶさりながら、パンツを脱ぎ捨て股を無理やり抉り開けるように股の間に膝を入れてきました。

 

抵抗しても力ずくには負けてしまい力が、つきた時、私を抱きしめながら舌を絡ましてきました。

左手で私の首を抱え込みながら舌を絡ましていて右手で、オチンチンを持って割れ目に宛がえ腰を入れてきました。

 

オチンチンが、おまんこの中に入ってきて激痛が、はしりました。

父はおかまい無しに奥まで入れてから腰を動かしながら」ぁぁぁ~気持ちいい気持ちいいと囁いていました。

 

私を抱きしめ腰を動かしてから約40分ぐらいだろうと思います。

 

精子が、割れ目の奥深くに流れてきました。「呻き声」を出しながら・・・・・・・・・

私も終って解放されるかなと思っていましたら横向きにされ放してはくれませんでした。

 

腰を引いて逃げようとすると怒り出して私の、お尻を手前に引くのです。

 

娘を犯す小説

 

父の、オチンチンは太くて長いので、おまんこの奥に食い込んでいるようです。

時間が、経つと回復してきて抱きしめられたまま腰の上に乗せられました。

 

抱きついて、キスをしながら舌を絡ますように言われ、しないで、いると、また怒り出してきたので、お父さんだと思わないで、其の気になって舌を絡ましました。

父は私の、お尻を回しながら、おお~凄くいい・・ぁぁぁ~気持ちいいの連発でした。

 

2回目は、凄く長かったです、とうとう私の身体の中に精子を出してきました。

セックスが、終った後、父は結婚おめでとうと言ってきました。

 

そして結婚後、彼と父と私の三人暮らしの中で、分かってきた事が、ありました。

彼は私以外にも女性が、いて浮気をしているのが、分かりました。

 

私としては救われた気持ちでした、父との事が、あるので罪の意識が、緩和されました。

父もその事を知って遠慮せず私の身体を求めてくるようになりました。

 

私も彼が、他の女性と浮気をして、セックスするなら私も父とセックスする事に決めました。

彼が、仕事で、帰らない日は父は私の布団の中に入ってきて、お互い裸で抱き合ってセックスしています。

 

今は避妊をしていますが、子供をつくる時は心配です。

 

カテゴリ:寝取り・寝取られの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング