ホーム » 人妻・熟女 » 【ED】妻にだけインポの役立たず旦那が愛想を尽かされた結果・・・・・・・・・

【ED】妻にだけインポの役立たず旦那が愛想を尽かされた結果・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 7分

妻にだけEDの体験談

 

[99]: 茄子係長さん(福島県)からの投稿 2016/07/21(木)

高校の同級生が、結婚を機に歩ける距離に引っ越してきた。

 

結婚式は仕事の関係とかもあり、だいぶ先になってしまうという事で、結婚祝いがてらに、同級生の新居に飲みに行った。

 

当たり前だが、突然ではなく予め連絡した上で行ったのだが、奥さんは仕事で帰りは23時ごろになると言うし、下着は部屋の中に干してあるしと、少し戸惑いと驚きがあった。

 

まぁ、それでも同級生と2人で飲んで、奥さんには挨拶だけして帰ろうと思っていたが、同級生はかなり酔ってしまい、同棲が長かったせいか、ここ数年奥さんとはそういったことがない事で、喧嘩があったことも話してくれた。

 

そんな中で帰ってきた奥さんは、何とも抱き心地が良さそうな、程よい体形をしており、顔は好みの方ではなかったが、胸元はぱっくりと開いた服を着ていて、谷間は丸見えだった。

 

酔っていながらも、内心突っ込みを入れてしまったくらいだった。

 

そして、酒好きと言うだけあって、俺を引き留めて、同級生がくたばる中で、深夜遅くまで飲んだ。

 

その1週間後にも遊びに行った。

 

同級生は新婚にも関わらず、奥さんに対してだけなのか、EDであることを俺に言った。

 

2人で酔いながらも、スマホでEDが治療できそうな病院や高額な風俗を検索したりして、時間を過ごしているうちに奥さんが帰ってきた。

 

奥さん用に、俺はウォッカを用意してきてあった。

 

かと言って、いきなり飲むことはせず、頃合いを見計らって出した。

 

良く分からない銘柄だが、悪酔いしないからと店で薦められたものだった。

 

それでも俺は怖くて、唇に付けただけでグラスを持て余していたら、同級生があっという間に潰れた。

 

30分もしないうちに、奥さんも結構な酔い方をしていた。

 

何が悪酔いしないだ…と心の中で呟きながらも、酔いつぶれてしまいそうな奥さんに、「部屋着にでも着替えて来たら?」と言ってみた。

 

フラフラ~と立ち上がった奥さんは頷いて、同級生がすでに潰れて大鼾を掻いていた寝室へと入っていったが、ドアが完全に閉まっていなかった。

 

ベッドの枕元にあった照明に照らされて、寝室の奥にあった姿見で、奥さんが着替えている姿が映り、丸見えだった。

 

俺に見られていることは多分気づいていなかったと思う。

 

じゃないと、ブラを外して、程よく大きいバストを曝け出さないかっただろうし。

 

大きめのTシャツみたいな部屋着を着て、奥さんは寝室からかなりふら付いた足取りで出てきた。

 

俺はテーブルの置かれている絨毯の上に座り、奥さんはソファに座った。

 

胸元は隠れてしまったが、パンチラと胸のポッチが見えていた。

 

最早BGMになっていた同級生の鼾すら耳に入ってこなかった。

 

戻ってきた奥さんの方から促されて、ウォッカを少量ながらグラスに注ぐと、奥さんは煽るように一気に飲んだ。

 

正直、気まずくなり、帰ろうとするも、悪酔いした奥さんから引き留められていた。

 

足も開いたり、閉じたりと徐々に奥さんのだらしない部分が見えてきた。

 

それと共に、俺も抑えていた下心が出てきてしまってもいた。

 

俺の方に奥さんが前かがみになったときに、再び胸元が見えてしまい、俺は自然を装って、奥さんの隣へと移動した。

 

奥さんがもたれかかってきて、「お酒のせいにしてもいいんじゃない?」と俺に上目遣いで言ってきた。

 

旦那がEDでだいぶ欲求不満なのだろうか・・・・

 

「お互いに黙っていればね。」と返すと、奥さんは俺の手を取って、自分の胸に押し当てた。

 

同級生が隣の部屋で寝ている中で、奥さんとするのは罪悪感はあったが、奥さんの方が我慢できない様子を見ているうちに、開き直れた。

 

旦那の鼾が聞こえる中で、平気で全てを脱ぎ、旦那の同級生に跨って腰を落とし、振っている姿は興奮した。

 

インポ夫との体験談

 

膣がやたらと狭い。

 

締りが良いというよりかは、使っていないせいで膣口が狭くなっている感じがした。

 

奥さんは浮気をしたことはないが、結婚以来まともに抱かれていないせいで願望が徐々に芽生えていたらしい。

 

それにこのとき、奥さんもだいぶ酔っていたせいか、中に出して欲しいと言われた。

 

さすがに俺も断っていたが、泣きそうな顔でお願いと懇願してくる。

 

妊娠したいのか?新妻だし、そりゃしたいか・・・

 

しかし同級生の奥さんだ、リスクが高過ぎる・・・と葛藤したものの、俺は結局奥さんの中で果ててしまった。

 

膣から滴り落ちるオレの精液を奥さんは嬉しそうに指ですくって舐めた。

 

見た目通り相当な好き者なようだった。

 

事が終わってから、罪悪感が満載だった。

 

それでも連絡先を交換してしまった。

 

俺と奥さんは土日休みで、同級生はシフト制で基本的には、日曜と平日のどこかが休み。

 

だから、必然的に会うのは土曜になってしまう。

 

同級生にバレないよう月1程度で会っては、ED旦那の代わりに精液を注ぎ込んでやっている。

 

この罪悪感が、クセになってしまうんだ・・・

 

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

コメント1件

  1. ed初心者 より:

    読んでて胃が痛くなってきた(o;ω;o)

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング