ホーム » JS・JC » 隠れ巨乳の地味子(12)がプールの授業に出てみた結果・・・・・・・・

隠れ巨乳の地味子(12)がプールの授業に出てみた結果・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 16分

隠れ巨乳のエロ体験談

 

[99]: 亜里咲さん(茨城県)からの投稿 2016/07/23(土)

見た目は大人しそうな割に胸が大きかったせいか、小学生のころからHな経験が多かったと思います。

最初にHなことをしたのは、たしか3年くらいの時、同級生のK君とでした。

 

K君と私はとても仲が良くて、毎日のように遊んでました。

 

K君は以前から「亜里咲が好き」と言ってくれてたのですが私は幼くて、どうしていいのかわからないでいました。

ある日の雨の日、K君が「僕の秘密基地に行かない?」と私をそこへ連れていきました。

 

田舎だったので、山をずっと登って、けもの道をずっと奥まで歩いて行ったら小さな小屋がありました。

そこには、K君が持ち込んだおもちゃとか本とか色々あってHな本もありました。

 

「これとおんなじことしてみる?」

 

K君は私に言ってきました。

 

何も考えずに、K君に言われるままにされてました。

 

お互い服を脱いで、抱き合ったり、キスもしました。

 

でも、それ以上は、K君も良く分からなかったみたいで裸になってキスだけで、暗くなるまで過ごす、というのを繰り返してました。

4年になった時に、私は学校の先生からいたずらをされたことがありました。

 

担任の先生で、みんなから人気のあった20代後半の先生でした。

その日私は、苦手な算数の宿題が出来なくて放課後居残りで、教室でやってました。

 

先生が様子を見に来て、わからないところを教えてもらう時に妙にくっついてきて、

 

「…亜里咲、髪の毛、良いニオイするなあ…」

 

そう言いながら、髪を撫でてきました。

 

ちょっとびっくりしたけど、拒んだらいけないと思ってそのままされてました。

その日はそれだけだったのですが次の補習の時に、相談室でしよう、と先生が言って相談室で2人だけでいました。

先生が教えながら、前のように髪を撫でたり、今度は頬も撫でられて思わずビクッとなって先生を見たら、急にキスされました。

 

私はキスは先生が初めてじゃなかったので、普通に受け入れてたんですけどK君より上手で気持ちが良くて… 先生はキスの後に「亜里咲、キスした事あるのか?」と聞かれて頷きました。

 

「…早いな。。誰?」

 

私は首を横に振って「言えない」といいました。

 

「いけない子だな。大人しそうな顔して小4でキス経験済みか・・」

 

ちょっと残念そうな顔をすると

 

「その先は?」

 

私は慌てて、ううん・・と首を横に振りました。

 

「してみたい?」

 

どう答えたか覚えてないけど、困っていたら一方的に先生が、

 

「その先は、先生が教えてあげるよ?」と言って、またキスをしながら先生の手が服の中に入って、胸を触られました。

 

この頃の私なんて全然胸なんてないのに、先生息を切らせる感じで触っててそれから、パンツの中にも手が入ってきました。

 

「ゃ・・ッ」

 

さすがにこれはダメ!って思って、先生から離れようとしましたがすごい力で抱きしめられて唇はキスでふさがれてて身動き取れませんでした。

 

先生の指が、アソコの中に入ってきたり、穴の少し上を触られて、くすぐったいような感じになってきました。

 

触られてるうちに、アソコがヌルヌルしてきて変な感触と、ヘンな気持ちになってきて立っていられなくなって、膝がガクガクしてきました。

 

そんな私の様子を察したのか、先生は私を床に寝かせると服を剥ぎ取り、あちこち舐めながら下着も脱がされアソコも舐めてきました。

 

「ゃだぁ・・・ゃ・・・」

 

恥ずかしくてそれしか言えなくて、されるがまになってました。

 

「亜里咲の、きれいなピンクで可愛い・・」

 

先生はそう呟きながら、私のアソコに指を出し入れしてグチュグチュにしていきました。

 

「小学生でも、こんなになるんだな。。濡れてキラキラしてるよ?」

 

とにかく恥ずかしくて、両手で顔を押さえてました。 変な感覚から、物凄く・・気持ちいい・・

 

そんな〝波〟が私を押し寄せてくるのが分かりました。

 

「…気持ち・・良くなってきたのか?」

 

私はウン。。と頷きました。

 

先生はアソコをさらに丁寧に舐めたり指を入れたりしながら「イっていいんだぞ?」といいました。

 

イっていいって、なんだろう・・?そう思ったときに、身体がギューンと浮く感じがして、アソコがビクビクビクーッって、まるで電流が流れたようになってしまいました。

 

「亜里咲、可愛いな。。こういうのは、初めてだろ?」

 

動けなくなった私を先生はさらに体中舐めまわしていました。

 

その日はとても歩いて帰れる状態じゃなくて先生に送ってもらいました。

 

その日以降も、その先生からそういうことをされて先生のも舐めるようになってました。 どうして断らなかったのかわからないけど先生の事嫌いじゃなかったんだと思います。

 

それに、Hなことが抵抗なく受け入れられたのだとも思います。

 

意外に先生とのことはバレなくて、相談室使ったり冬場はプールの更衣室使ったり、先生が転任していく5年になる春まで関係を続けていました。
(セックスまではしませんでした)

 

私の初セックスは、小6の夏休みでした。

 

相手は、英語塾の先生で、アメリカ人でした。

 

先生と言っても日本にホームステイがてら夏休みだけ来てた大学生のお兄さんでした。

 

4,5年生で学校の先生とHな事ばかりしてたからか、すっかり発育が良くなってて6年の時には胸はEカップになってました。

 

夏休みの1日だけ、塾の子たち、先生も一緒に遊園地のプールに行ってその時に「アリサ、ナイスバディ」そんなことを言われました。

 

みんなが遊んでるときに「ちょっとこっちおいで」って言われて、そこで先生がしたことと同じことをされました。

 

私が慣れてる風だったので、ちょっと驚いてて「経験あるの?」のようなことを聞かれて私が頷いたら、最後までされちゃいました。

 

(たぶん、全部経験ありだと思ったようです) まさか、最後までされると思わなくて、(それに外人のは大きくて・・)

 

メチャクチャ濡れてたけどすっごく痛かった;;

 

隠れ巨乳の地味子

 

夏休みが終わるまで(その人が国に帰るまで)、その人と頻繁に会ってセックスしてました。

 

中学に上がるころには、見た目は大人しそうなのに、もう色々「知っちゃってる子」になってました。

 

中学1の頃は小柄ながら、胸がFという隠れ巨乳タイプ

 

しかも、黒髪のロングで色白だったためか、見た目「純粋そうな子」「何にも知らない子」と思われてました。

 

部活は負担の少ない美術部に入って(部活強制だったため)オトナの人と夜遊びを楽しんでいました。

 

でも、私の身体は、夏の水泳授業では隠すことはできなく、スク水から胸ははみ出てしまうし、泳いでプールサイドに上がった時は気をつけないと乳輪も出てしまうので、水の中で確認してから上がってました。

 

この頃は男子に結構からかわれたりされてて、嫌だな・・って思ってました。そのうえ体育教師が、クロール指導をするときにあちこち触ってきて・・

 

最初気のせいかな?って思って先生を見たら、「なんだ?」って言われてやっぱり気のせいかな。。って思ってました。

 

最終日近くになって、クロールのテストがあり、不合格になってしまった者は、放課後居残り練習でした。

 

私は不合格になってしまって、けれども、その日は私は都合が悪く別の日を指定されました。

 

指定された日は、私以外に誰もいなくて先生と二人、貸し切り状態でした。

 

その時も先生は、指導しながら、やっぱり触ってるな、、でも…

 

そんな状況のまま、取りあえず補習が終わって、更衣室に入ったら

 

「亜里咲、ちょっと健康観察と保健テストもしなきゃいけないから。」と先生まで入ってきてしまって、水着のまま、それを受けることになりました。

 

「着替えてもいいですか?」と聞いたのですが「時間はそんなに取らせないから、そのままでいいだろ。」と言われました。

 

先生はバインダーの書類のようなものを見ながら「今から質問することを答えるように。正直にな。」と、私をちらっと見ました。

 

「初潮は迎えたか?」

 

ちょっとびっくりしたけど、いかにも保健のテストぽかったので「いいえ・・」と答えました。

 

先生は、意外だな・というような表情を見せてました。

 

「性行為の経験はあるか?」

 

「いいえ・・」私はうそをつきました。

 

「…自慰の経験はあるか?」

 

「いいえ・・」これも嘘をつきました。

 

「あの、、まだ、質問続きますか?」

 

こんな質問応えてられない、そう思って、私はわざと恥ずかしそうにそう言いました。

 

先生は射る様な目で私を見ると、「ちゃんと答えろ!こっちは仕事でやってんだよ!」と急に大声を出されて、怖くなって、そのまま質問に答えました。

「本当に、自慰はしたこと無いのか?」

 

「…あります。。」

 

「いつから始めたのか?」

 

「しょ・・小学生の時。。」

 

「…ちょっと、早いんじゃねえか?…週に何回くらいだ?イったことはあるのか?」

 

私はもう答えたくなくて、首を横に振りました。

「男との性行為はないが、自慰は経験あるんだな?」

 

先生はバインダーを床に放り投げると「今から実地検査する。水着を取れ」と言ってきました。

 

「え。。嫌です・・」

 

小学生の時からHばかりしてたし、男の人がたとえ先生でもH目的なのもわかってましたがこういうのは本当に嫌だと思いました。

 

それに、大声でされたり睨まれたりで、正直に怖かったんです。

 

「今検査受けないと、評価下げるぞ!」と脅されて震える手で水着の肩ひもを外して、胸の下まで下げました。

 

胸が、ぶるんとあらわになりました。

 

先生は無造作に私の胸をわしづかみにして、「まだ中1の癖に、生意気な胸だな」といいました。

 

先生はベンチを2つくっつけると「おい、水着全部脱いで、そこに横になれ!」

 

躊躇してると「早くしろよ!」と怒鳴られました。

私は水着を全部脱いで、ベンチの上に横になりました。

 

普通にHするより恥ずかしくて、思わず手で胸とアソコを隠してました。

 

「手ぇどけろ!膝立てて足広げろ!」

 

嫌々、先生の言う通りにしました。

 

「中、調べっから。大声出すなよ?」

 

先生は、いきなり指をアソコの中にイれてきました。

 

嫌なはずなのに、私のアソコはメチャクチャに濡れてて一気に奥まで入っていったようでした。

 

「…なんだ?お前・・」

 

先生はそういながら、乱暴に指を出し入れして

 

「…お前、、まさか。。」

 

すごく乱暴に攻められて、気持ち良くて自分から腰浮かしたり

 

「・・アッ、、アッ・・ゃ。。。ん、、・・イ・・・っちゃ、、、、ぅ~~・・・」

 

はしたないくらいの喘ぎ声をあげて、、

 

この時、私のアソコから、ビューーっと何か水のようなものが噴射してきて、自分でもびっくりしました。

 

その後は、あっという間にイってしまいました。

 

「・・すごいな、、お前。。イくどころか、潮まで吹いてんじゃねえか。。」

 

私は全身の力が抜けて、ぐったりしてました。

 

「お前、さっきの質問、嘘ついてんだろ?何でも、ヤったこと、あんだろ?」

 

私は黙って頷きました。

 

「初体験は、いつだ?」

 

「…小6、、の、夏。。」

 

「相手は?」

 

「塾の・・外人の、、せんせい・・」

 

先生はヒュー・・というと、

 

「今時は、、すげえなあ・・」といいながらも「おい、コレ、舐めろよ?今度は俺の番だ」と大きく膨れ上がったペ●スを目の前に出してきました。

それを口に含むと、私の頭を両手でつかんで思いっきり腰を動かし、私の口の中で、大放出しました。

 

そのあとしばらくしてから先生のを受け入れて、何度もセックスしました。

 

初潮もまだだったから生出しでいいだろって言われてそのまま中に出されました。

 

土曜日ということもあってか、ずいぶん長い時間セックスしてました。

 

体育教師ということもあってか、ちょっと乱暴でいわゆる絶倫タイプで、なかなか解放してもらえず最後の方は私も覚えてないです。

 

(途中から気を失ってました) 気づいたらもう暗くなってて先生が送ってくれました。

 

先生は親の前では、「亜里咲さん、ちょっと具合悪くなっちゃって・・」って、いかにも〝信頼できる良い先生〟演じてました。

 

カテゴリ:JS・JCの最新記事

カテゴリ:巨乳の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング