ホーム » OL・社会人 » 【泥棒】使用済み下着をチンポに巻いてオナニーしていますwwwwwwww

【泥棒】使用済み下着をチンポに巻いてオナニーしていますwwwwwwww

読了までの目安時間:約 13分

使用済み下着でオナニー体験談

 

[99]: 変態仮面さん(奈良県)からの投稿 2016/08/02(火)

僕は、先月まで誰もが知る大手企業で派遣社員をしていました。

 

業種がら、社員の8割近くが女性。それだけでも男性にとっては恵まれた環境でした。 仕事をしていた中で一番の楽しみが、なんといっても月に一度の研修です。

 

全国各地から、10から20人ほどの社員が集まり、近くのホテルで1泊し、製造工場の見学をします。

 

研修に来るのはすべて女性で、おおむね20代前半から半ば。さらに、この研修に来る社員は販売に携わっているので、とりわけ美人が多い。

 

僕は研修に必ず同行し、研修室のセッティングや荷物運びなどの雑用、それに写真係をしました。

 

研修2日目の朝は、9時にロビーに集合して荷物を預かり、会社の車を使い12時半くらいに最寄り駅まで届けるのが僕の役目でした。

 

その間は2時間半ほど、空白の時間ができます。

 

研修に同行する社員は、この空白の時間に荷物を一つ一つ車まで運んだり、早めの昼食をとったり忙しそうに思っているようでした。

 

しかし、実際には荷物の移動はホテルの従業員に頼むので、ほんの一瞬で終わるのです。

 

「あとはよろしくね」と社員のHさんに言われ、研修生と同行する社員がホテルを離れると、待ちに待ったウハウハタイムの始まりです。

 

まず、ホテルの従業員にお願いして、研修生すべての荷物を僕の部屋に運んでもらいます。

 

そして、ひとつひとつ荷物を開け、待望の下着チェックです。

 

定番の白やピンクから、セクシーな黒や紫、時にはTバックまであり、まさに人それぞれ。

 

さらに、一泊しているので下着は昨日着用した、いわゆる使用済みです。

 

パンティに付着しているオシッコのようなシミを見ると一気にテンションが上がります。

 

そのほか、下着以外にも何かおもしろいモノがないかバッグ内を物色。

 

中には、僕好みの研修生のポーチに、コンドームが2枚入っているのを発見したこともあり、また、エッチな官能小説を発見したこともありました。

 

この小説の角には数か所の折り目が付けられ、目を通すとすべてエッチなシーン。

 

きっとお気に入りのページなのでしょう。読み返してオナニーでもしているのでしょうか。

 

研修生の中には多少なりとも、2から3人は僕好みの女性がいるので、どれが彼女の荷物かしっかりと覚えておきます。

 

ひと通り荷物チェックが終わると、ズボンとパンツを脱ぎ捨て下半身丸出しに。

 

好みの女性のパンティを手にし、痛いほどビンビンになっているチンコに巻きつけシコシコ開始。

 

ここはホテルの室内。レイトチェックアウトを申し込んでいるので、余計なことは気にせず思う存分やりたい放題。

 

ブラジャーのにおいを嗅ぎ、「きっとこんなオッパイなんだろうな」と思い描き、さらには、お尻やマンコ、下着姿などを想像しながらシコシコすると、この上ない気持ち良さ。

 

下着泥棒の体験談

 

オシッコのシミ部分や、オッパイを包み込んでいるブラジャーのカップを亀頭にこすりつけるだけでも、この世のものとは思えないほどの気持ち良さ。

 

2時間以上の余裕があるので、巻きつけるパンティを変え、少なくとも2回は発射します。

 

さすがに、発射はティッシュにするものの、ガマン汁は気にせずパンティやブラジャーに付けました。

 

特に、チンコの先からにじみ出るガマン汁を、パンティのマンコ部分、またはブラジャー内側の乳首部分にこすりつけると、一味も二味も違った快感が得られました。

そして、退職間近の最後の研修に同行したときのことです。

 

いつものように20名近い研修生が集まり、僕の好みはTさん、Sさん、Yさんの3人。

 

中でもTさんはストライクが入りました。

 

大まかに例えるなら、フジテレビの加藤綾子アナ似でしょうか。

 

惚れ惚れするほど笑顔が可愛らしく、まじめな黒系のリクルートスーツのタイトスカートから伸びる、スラっとした上品な美脚にうっとりです。

 

僕は研修の間は写真係でもあり、自前の一眼レフカメラのレンズを向けると、毎回ニコッとした表情をしてくれました。

 

写真を撮りながら何度か会話を交わしたところ、明るく性格も良さそうです。

 

2日目の朝は、普段どおりホテルのロビーに9時集合。

 

研修生から荷物を預かり、Tさん、Sさん、Yさんのバッグを間違いのないようしっかり確認。

 

「あとはよろしくね」と僕以外はホテルを離れ、ホテル従業員に頼んで荷物を僕の部屋に移動。

 

すかさずストライクの入ったTさんのバッグを開け下着をチェック。

 

若々しさを感じる淡いピンクに、ブラジャーのカップ全体には、白い花柄の刺繍があり、パンティのフロント部分にも同じ花柄がある上下お揃い。

 

袋の中にはパンストも一緒に入っていました。

 

これはまさに、昨日着用していたスーツのタイトスカートの下に穿いていたパンストに間違いありません。

 

この使用済みパンストにも、しっとりと濃厚なオンナのにおいが染み込んでいて、心底うっとりしてしまいました。

 

続いて、肩より少し短めの髪で、例えるなら能年玲奈さんのようなタイプのSさんの下着は淡いグリーン。

 

パンティのお尻の縁とブラジャーのカップの上部が白いレースになっていて、いかにもSさんらしくオシャレ。

 

もちろん、Sさんのパンティや、ブラジャーでも、あれこれ想像しながらシコシコしました。

 

そしてYさんは思いもよらない、なんともセクシーな下着でした。

 

大きな花柄の刺繍があるアイボリー。パンティの腰の部分は2本のひもで、全体的にメッシュのような素材のため、見るからに透けています。

 

これを穿いたら間違いなくマンコの毛は丸見え。さらにブラジャーのカップ部分も透けているので、おそらく乳首も透けて見えるでしょう。

 

刺激的でセクシーなYさんの下着。いったい研修をしている今はどんな下着を付けているのか気になりました。

 

それぞれ3人のパンティをくまなくチェックすると、マンコ部分には、悩ましい液体のシミがしっかりと付いていました。

 

ほかの研修生の下着チェックが終わると、やはりここは1番のお気に入りである、Tさんの下着でシコシコ開始。

 

パンティをチンコに巻きつけ、シコシコしながら淡いピンクのブラジャーのにおいを嗅ぎます。

 

1日肌に密着したせいか、ほのかな柔軟剤の香りの奥に、汗ばんだようなオンナのいやらしいにおいがあり、僕はこれがたまらなく好きです。

 

Tさん、Sさん、Yさんの下着のにおいを交互に嗅ぎ、オッパイ、マンコ、下着姿などを想像しながら無我夢中でシコシコ。

 

そして1回目は、1番のお気に入りであるTさんの下着でフィニッシュ。

 

一息付けると、Tさん、Sさん、Yさんの下着に加え、ほかの研修生の下着も取っ替え引っ替えチンコに巻きつけ、狂ったようにシコシコ。

 

Tさん、Sさん、Yさん以外の荷物は判別できませんが、どのパンティも心地良くチンコを刺激してくれました。

 

極まれにですが、パンティの模様などに絡まった、ちぢれた細い毛を発見することがありました。

 

誰のパンティなのか分からない時は、一応写真を撮りながら研修生全員の顔を把握しているため、

 

「あのコのマンコには、こんな毛が生えているんだ」と勝手に想像してマンコを作り上げ、さらにテンションを上げたものです。

 

シコシコも限界が近づいてくると、2回目はYさんの透けているセクシーな下着で発射。

 

Yさんは、例えるならば尾野真千子さんが近いかな……。

 

1番のお気に入りTさんとは逆に、しっとりと落ち着きのあるタイプ。

 

ブラジャーに染み込む汗ばんだオンナのにおいを嗅ぎ、マンコの毛が透けているYさんのパンティ姿を想像ながら豪快に発射。

 

言葉にならない極上の気持ち良さでした。 2回目の発射後も、研修生の荷物を眺めながらこれが最後だと思うと、自然とチンコに元気が出てきました。

 

堪えきれずに再び研修生のパンティでシコシコを始めると、何度やってもやっぱり気持ち良い。

 

ここで目についたのは、Hさんの下着。

 

Hさんは正社員で毎日顔を合わせます。完全にタメ口の友達感覚で話していましたが、いわばHさんは上司にあたると思います。

 

就業期間が長くなると慣れてしまい、まったく気にしなくなってしまったが、初対面の時は「こんな美人と仕事ができるなんてラッキー!」と心が弾んだものです。

 

例えるなら、少し目をキリッとさせた香里奈さんのようなイメージでしょうか。

 

見た目はとてもクールで仕事に厳しそうながらも、実のところは優しく、研修の朝は「あとはよろしく」とホテルを離れ、僕にウハウハタイムを作ってくれたのです。

 

こんな大変お世話になったHさんの下着は、上下お揃いのネイビー。

 

外見からでも分かるボリュームのあるオッパイを激しく揺らしながらセックスをしているシーンや、厚めで魅力的な、あの唇で僕のチンコをフェラチオしているシーン、

 

さらには、パンティに付いているシミを眺めながらHさんのマンコを舐めているシーンなど、あんなことからこんなことまでを思い描きながら、パンティをチンコに巻きつけ、ひたすら上下にシコシコシコシコ……。

 

心ゆくまでシコシコし、マグマが頂点まで上り詰めると「Hさん、Hさん、Hさーん!」とおたけびを上げ、今日に限っては普段より1回多く3回目の発射。 そろそろ出発の時間になったとき、ふと思いました。

 

あと3日勤務すれば退職。それに、退職後は東京から遠く離れた地方の実家に帰り、家業を継ぐのが決まっています。

 

そこで、なんとも大胆な行動に。

 

Tさん、Sさん、Yさんの使用済みパンティとブラジャー、それにパンストをいただいてしまいました。 研修中、Tさん、Sさん、Yさんのスリーショット撮影に成功。

 

初日に撮った写真なので、写っているスーツ姿の下には、このいただいた下着を着用しているはずです。

 

今はこの超が付くほどの田舎町で、スリーショットの画像を見ながらあれこれ想像し、地味にパンティとブラジャーでシコシコしています。 そして就業最終日には、送別会をしてくれました。

 

カテゴリ:OL・社会人の最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング