ホーム » 痴漢・覗き » バツイチ姉(27)のオナニーを携帯で盗撮していた結果・・・・・・・

バツイチ姉(27)のオナニーを携帯で盗撮していた結果・・・・・・・

読了までの目安時間:約 6分

オナニー盗撮した体験談

[99]: 良樹さん(富山県)からの投稿 2016/08/14(日)

俺は19で歳の離れた27の姉がいます。

 

若い頃にヤリマンだったのは弟の俺も先輩から聞かされて知っていました。

 

そして落ち着いた?のか、姉は2年前に年上男性と結婚したのですが、出戻りで帰って来てしまいました。

 

姉の浮気がバレて追い出されたそうです。

 

旦那は淡泊で年に数回しか夫婦生活は無いそうなので持て余した肉体を一人エッチで我慢してたそうですが、同窓会に行った時当時の彼氏と再会して姉のほうから抱いて欲しいと言ってセックスしたらしく・・・・

 

その時の快感が忘れられず何度も抱かれたようで、普段姉から求める事が無くなりおかしいと思った旦那がしつこく聞きただし、姉が開き直り認めたそうで離婚となった次第でした。

 

ある夜、姉の部屋から電動バイブのビィ~ンと言う音が聞こえ、多分オナってるんだと思いました。

 

そっと隙間から覗くと下半身丸出しでマンコにバイブを押し付けていました。

 

女性のオナ二ーしてるとこ初めて見たのでもうドキドキしながら覗いていました。スゲェ、スゲェと

 

たまらずポケットから携帯を取り出して無音カメラを起動しました。

 

バイブがズボズボ刺さっているマンコにカメラを向けました。

 

バイブに白い本気汁が絡み付いています。

 

夢中で撮影していると、違和感を感じたのか俺と目が合いました。

 

「そこに居るのは良樹だろ?」

 

もうびっくりです。

 

無言でいると「入っておいで」

 

バレたと思い素直に謝ろうと部屋に入りました。

 

「良樹は彼女居るの?」

 

「居らんけど」

 

「じゃ一人エッチばかりしてるん?」

 

「一人エッチって、まあそうだけど」

 

「じゃお姉ちゃんとエッチしよう」

 

「俺、した事無いし」

 

「良樹は童貞なん?じゃお姉ちゃんが頂いちゃおう」

 

「ええっ」

 

「早く脱いで」

 

「・・・」

 

「もう~お姉ちゃんが脱がしてやる」

 

ズボンとパンツを一緒に脱がされました。

 

ギンギンに勃起していたちんぽを見て「良樹もいいもん持ってるやん、美味しそう」と言ってパクッと咥えました。

姉のオナニーを見た体験談

おおっ気持いいっ

 

フェラに慣れてるのか上手だ。

 

「お姉ちゃん気持良すぎ、逝きそうだよ」

 

「フゴフゴ、出してもいいよ」

 

「逝くッ・・・」

 

姉の口の中にドバッ~と発射しました。

 

出した後も咥えたままで最後の一滴まで吸い取ってくれてました。

 

「あんただけ気持良かったのはいかんよ今度はお姉ちゃんも気持良くしてよ」

 

「どうすればいいの?」

 

「まだ勃ってるからそれを入れて頂だい」

 

まだ入れた事も無いので「俺入れた事無いから・・・」

 

「ここよ」と穴の部分を大きく広げてくれました。

 

初入れ、おおっなんと気持いいんだろう、ズボズボとちんぽが入っていきます。

 

「入ったら腰を動かしてちんぽで穴を擦るんだよ」

 

「了解」

 

何とも言えない感触、ピチャピチャといやらしい音。

 

姉も腰を動かして「気持いい~」と俺にしがみついてきます。

 

「良樹、キス、キスして」

 

これまた激しいキス、舌がちぎれるほど強く吸われます。

 

「胸も揉んで」

 

固くなってる乳首を指の間に摘まんで乳房を揉みまくりました。

 

「来た~お姉ちゃん逝きそう、もっと、もっと擦って~」

 

俺もさっき出したばかりだがこの気持良さに「俺もまた逝きそう」

 

「いこう、いこう一緒に、イクッ・イクッ~」

 

「俺もイク~」

 

こんなにマンコが気持のかと知りました。

 

「お姉ちゃんアパート借りるから良樹も一緒に暮らさへんか」

 

「そしたら毎日出来るね」

 

「・・・・・・・」

 

どうすべきか迷ってますが、下半身の快楽には逆らえず一緒に暮らそうと思っています。

 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング