ホーム » 人妻・熟女 » 【天罰】早漏男が粋がって浮気セックスしてみた末路wwwwwwww

【天罰】早漏男が粋がって浮気セックスしてみた末路wwwwwwww

読了までの目安時間:約 5分

早漏のエロ体験談

 

[99]: 銀さん(高知県)からの投稿 2016/08/22(月)

先週の土曜日、妻の友人 優子が家飲みに来ました。

 

28歳の人妻で子供はなく清楚で可愛らしい

 

ドストライクです。

 

ご主人は海外出張で泊まるそうです。

 

3人ともピッチが早く酔い潰れてしまいました。 俺は頭痛で目が覚めたのですがリビングは薄暗く間接照明の明るさのみ

 

妻は寝室で寝たようです。

 

向かいのソファーに優子が寝ていて、ミニの奥にはピンクのパンティが丸見えなんです。

 

目の前に可愛らしい優子が…

 

俺はゆっくり近づき…俺のアソコは半勃起状態 でも夕方妻から釘を刺されてて

 

優子は私の大事な親友だからね!!絶対に手を出さないでよねと… 酔った妻は朝まで絶対に起きないんです。

 

俺は妻を裏切り優子の唇にキスをしてしまいました。

 

しかし、目をさましません…

 

俺はDカップはあろう胸を優しく触れました。

 

リビングの薄暗さにも目が慣れ、ピンクのパンティに鼻を押しあて優子の女の匂いを嗅いでいました。

 

俺は変態になってしまった…もうフル勃起…

 

クロッチの部分を縦に触ると、一瞬優子の身体がピクっと…

 

パンティ越しにクリを触るとクロッチに女の汁がシミを作って来ました。

 

優子の寝息が荒くなって来ました。

 

俺は優子のブラウスのぼたんを二つ外し、顔を埋め左手でパンティ越しに愛撫しました。

 

優子は身体をピクピクさせ甘い吐息をあげています。

優子の顔を観ると、なんと……目を開き俺を見詰めているんです。

 

俺は言い訳も出来ずパンティに指を添えたまま固まってしまいました。

 

俺は優子に謝ろうとすると…

 

優子は小さな声で「やめないで…何も言わないで。私を抱いて…」と

 

俺は優子に抱きしめキスをしました。

早漏の浮気体験談

俺の舌に絡めながら…貪り合いました。 目をトロンとさせ厭らしい女の顔になっています。

 

絨毯に寝かせブラのフックを外し胸を貪りました。

 

もう乳首は立っており、喘ぎ声をあげています。

 

パンティを脱がし優子のアソコを舐め回しました。

 

クリは勃起し穴はパックリ口を開け俺の肉棒を待ち構えているようです。

 

優子は「私も舐めたい」と言うと同時に俺のトレーナーとトランクスを脱がし、俺のフル勃起に手を添え我慢汁でいっぱいの肉棒を舐め回しています。

 

清楚で可愛らしい俺のドストライクの優子が俺の肉棒を舐めてくれてる…

 

そう思うだけで逝ってしまいそうです。 「もう我慢出来ない!!」と言い俺に跨がり、肉棒に手を添えゆっくり腰を沈めました。

 

優子の膣中は狭く締め付けがたまりません。 声を出さないように手で口を覆い悶え声を我慢してます。

 

しかしオレは情けないことに、ものの20秒ほどでイってしまいました。

 

ええ、早漏なんですよ。

 

半笑いで呆れたような顔の優子。

 

「す、すまん」

 

優子は俺に背中を向けてさっさと服を着始めました。

 

もちろん、優子とはそれっきりです。

 

こんな俺に不満ひとつ漏らさない妻の懐の深さがわかった出来事でした。

 

もう妻は裏切りません。

 

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング