ホーム » JS・JC » 【裏山】家庭教師先の母親(39)と娘(15)を調教していますwwwwwww

【裏山】家庭教師先の母親(39)と娘(15)を調教していますwwwwwww

読了までの目安時間:約 9分

母親娘調教体験談

 

[99]: ドS教師さん(京都府)からの投稿 2016/08/25(木)

はじめての投稿です。4年前に個人で家教専門指導の塾を開設しました。

 

某有名予備校で講師をしていた肩書きがあるので、顧客も集まりやすく、土地柄か裕福な家庭からの依頼が多いので収入にも満足しています。

 

現在、15歳の女の子の受験生の所に行って1年になります。

 

初めは39歳の母親でした。身長は160位で細身で一見PTAで見る若作りのママさんに見えました。

 

清潔感溢れる女性で歳の割りに若く綺麗です。 成績が上がったお礼に食事をと誘われました。

 

授業の無い日の夜、食事をして母親の希望でカラオケに行きました。

 

適当にお酒が入り母親も久しぶりに男と二人でテンションが上がったようで、デユエット曲で体を寄せあった時、抱き寄せて唇を奪ったら待っていた様に舌を搦めてきました。

 

後はホテルに直行です。名前は由紀子と言いました。娘は舞です。

 

ホテルに入ったらすぐ裸にして風呂にも入れずにチンポをねじ込んでやったら、旦那とはご無沙汰の5年も男日照りだったようで、あられもない声をあげて逝ってしまいました。

 

裸にしたら見た目より肉付も良くおっぱいもそれなりで、陰毛がほとんどなく赤い割れ目が少しはみ出していました。

 

どうやらそれが恥ずかしい様でした。

ベッドでぐったりしている母親を起こして、自分のマン汁が付いているチンポを舐めさせました。

 

少し嫌がっていましたが無理やり頭を押さえ唇に押し付け「咥えないで舌だけできれいに」と言うと、あきらめて舌を出して竿やカリ首、玉もきれいに舐めさせてから、風呂に連れて行きました。

 

由紀子に体を洗わせました。

 

ソープの女の様に特にチンポとお尻は丁寧に洗わせ、石鹸を流してからお尻の穴を舐めさせました。

 

四つん這いになって、下からまだ起っているチンポを握って、肛門に舌を入れさせました。

 

もう命令通りに動きます。どうやらそういう性格の女の様でした。

 

肛門舐めの後、母親のマンコを触ったらぐしょぬれで「なんでこんなに濡れてる!」って聞いたら「大きなオチンチン見て、握りながらお尻舐めさせられたら、興奮しました」なんて言うのです。

 

「由紀子、どこが濡れてるのか言ってご覧」

 

「そんな恥ずかしい事言えません」なんだって。

 

由紀子のマンコに指を入れて「言えないならもうここで指を抜いて終わりにするよ」というとオマンコが締め付けて欲しがってるのが分かります。

 

小さな声で下を向いて言ってきたので「聞こえない、こっちを見て大きな声で言え」というとあきらめた様に、「由紀子のオマンコが濡れてます」

 

「どうして欲しい」

 

「あなたのオチンポが欲しいです」と顔を赤くしながらやっと言いました。 それならと思いその場で胡坐をかいて、由紀子をその上に座らせて対面座位で貫いてやりました。

 

由紀子はこの体位が初めての様でした。

 

下から突き上げてやると両手でしがみつき、「あああ、また逝きます。」と逝く時の声は大きいんです。

 

その日はそれから2回抱いて、最後は由紀子の口に出し飲ませました。

 

別の日、舞の授業に行ったら「先生ママと付き合ってるの知ってる」とうつむきながら言うのです。

 

舞も158㎝でやや細めで可愛い女の子です。

 

「そう、舞はお母さんと先生が付き合ってるのが嫌?」

 

「嫌じゃないけど!」と言い「私も先生が好き!」なんて可愛い事を言うので、「じゃママに内緒で先生と付き合う?」と言ったら「うん」とうなずくので、傍のベッドに座らせてキスしました。

 

あ、この子初めてじゃない。唇を吸って舌まで搦めて来る。

 

唇を離して舌を出して舐め合い、また唇を合わせながら長~いキスして「舞は経験はあるの」と聞くと、1年付きあって経験したけど、高校生の男が別の女を作って捨てられたとかでした。

 

母娘調教

 

何か母親と同じ性格に思えたので「先生といい事しようか」舞はもうキスだけでその気になっていた様で「うん」と目を伏せながら恥ずかしそうにうなずきました。

 

「舞、先生のチンチン見てごらん。舞とキスしたら元気になってしまった」

 

ズボンとシャツを脱いでブリーフ一つになりました。

 

舞はびっくりしたようですが、母親と同じく強く言われると断れない性格だったので、「はい」と返事してブリーフが盛り上がった所は見られず下を向いていました。

 

「舞、先生のパンツを下げるんだよ」

 

「ええ、でも」

 

「早くして」

 

舞はあきらめてブリーフをずり降ろしますが、勃起に引っかかり下ろせません

 

「ほら前にパンツを引いて、足まで下げて」

 

舞は横を向き目をつぶり、一気にブリーフを降ろしました。

 

「舞こっちを見るんだ、先生が好きで付き合うんじゃないのか」

 

舞の頭を押さえこちらに引き寄せ、舞の顔にチンポを押し付けました。

 

ベッドに座り舞の顎に手をやり上を向かせ「舌を出して、先生のチンポ舐めてごらん」と言って舞の唇に、ずる剥けて赤くてかった亀頭を押し付け、亀頭の先っぽで唇を開かせました。

 

おずおず唇を開いて小さく舌を出してきたので、「いっぱい舌を出して舐めるんだよ。先生のチンポ」

 

舞は舌を伸ばしてカリ首やくびれ、裏スジを舐めさせ最後は舞の口の中にチンポを押し込みました。

 

「歯を立てるな」と言われ、涙を流しながら咥えていたので、腰を振って舞の口にチンポを突き立てました。

 

いっぱいフエラさせてから舞を裸にしました。

 

やはり陰毛が薄く、体は中学生の子供の体です。

 

でもオマンコを触ると濡れてるんです。

 

いじめられながらチンポ咥えさせられても濡れてしまう体の様です。

 

それにまだ小さいおっぱいですが乳首が大きくて固くなってました。

 

乳首を唇で吸ってから、片方の乳首を指でいじっていたら「先生、気持ちいい。変になりそう」なんて母親に似た喘ぎ声をあげてきました。

 

次いで舞の足を開かせ、オマンコにチンポを差し入れると、さすが中学生のマンコは固くてすぐに入りません。

 

チンポの先で割れ目を擦りクリトリスを刺激しながらいっぱい濡れるのを待ちます。

 

キスしながら割れ目を擦っていると徐々に濡れて来たので、少しずつ押し込みました。

 

舞の両足を持って股を広げ、ゆっくり根元まで押し込んだら舞のオマンコにチンポが全部入り、なんと締め付けて来たのです。

 

たぶん初め痛いので体が自然とそうなった様です。

 

でも少し経つと舞のお汁が溢れて来て、くちゅくちゅ、くちゃくちゃと舞のオマンコが濡れてきました。

 

10分も続けているともうすっかり濡れて来て、気持ち良く出し入れできました。

 

それに舞のオマンコがきついので、とうとう舞のおっぱいに出してしまいました。

 

この後の3人の生活が楽しみです。

 

 

 

【珍たろうの一言】

旦那のケツも掘ってしまえ |ω・`)

 

カテゴリ:JS・JCの最新記事

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

カテゴリ:童貞・処女の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング