ホーム » 人妻・熟女 » 【胸糞】人妻に車内でフェラ抜きだけさせて捨てるの愉しすぎwwwwwwww

【胸糞】人妻に車内でフェラ抜きだけさせて捨てるの愉しすぎwwwwwwww

読了までの目安時間:約 9分

車内フェラの体験談

 

[99]: 名無しさん(島根県)からの投稿 2016/08/28(日)

約10年ほど前だろうか、若かったこともあって性欲解消のために犯罪まがいのことをしていた。

 

俺の中では決してレイプではない、相手の弱みに付け込んでフェラなどの強要させていた。

 

ターゲットはほとんどが人妻だった。

 

相手の女からしてみれば忌まわしい事件であったに違いない、もちろん許される行為ではないが、ここに公表して懺悔したい。。

 

その事件とは不倫場面を覗き見して、その女を脅してワイセツな行為を強要することで、その数件やった中の一例を聞いてくれ。。

 

女が不倫をする時間帯は、午後3時半ごろから4時半くらいの一時間くらいが一番多い、

 

なぜかと言えば、パートで仕事が終わる3時、家に帰って夕飯の支度に必要な食材をスーパーなどで手に入れ、家に帰れば大体5時半くらいか、その1時間位の3時半くらいが一番不倫がしゃすくばれない時間帯なのだ。

 

前置きが長くなったが本題に入ろう。

 

俺はその時間を中心にいつものようにターゲットを物色していると、一台の白い車がバックしながら草深いあぜ道に侵入して停車するのを、俺は見逃さなかった。

 

俺は休耕地になって葦などが生い茂ってる田んぼをかき分けながら、その車に近寄ってみた。

 

年配の男がなぜか後部座席に移動して雑誌を見ていた、変に思ってさらに近寄って車内を見てみると、なんとその男ズボンを半分下げて股間をモゾモゾしていた、

 

もう一度よく見ると、センズリを始めていた。

 

俺は男のセンズリをわざわざ見に来たわけじゃないから、がっかりしてその場を離れようとしたとき、一台の軽自動車が男の車に近寄ってきて止まり女が降りてきた 

 

<期待したことが始まる> と俺は直感した。

 

女、年恰好は40代か、周りを気にして見渡すとサッと男が待つ後部座席に乗り込んだ。

 

男が女を自分の側に引っ張ると、いきなり女のスカートが脱がされ男が顔を埋めた、

 

その手際の速さ、男の片方の手はセンズリを続けていた。

 

3分位舐めてたかな、女が顔を振って身体をそらして男の頭をつかんで声を出した。

 

<逝ったな この女> と、俺にも聞こえるくらいの喘ぎ声を数回発していた。

 

女が何回逝ったかは俺には解らないが、女が逝ったのを確認すると男が女の口にチンコを持っていく。

 

女が来る前から勃起させるために始めていたセンズリのおかげで、挿入するには充分な硬さになっていたんだろう、女がしゃぶりつきセンズリを始めた。

 

そして男が周囲をキョロキョロ見た後女を膝に座らせバックから挿入して尻を動かさせた。

 

10分位は同じ体位でしてただろうか、身体を離した女が又チンコにしゃぶりつき舐めていた。

 

なかなか男が終わらないのか、指の動きがすごく早く頬をへこますくらいに吸い付きながら、男のフィニッシュを速めているようだった。

 

今度は女が下になって男が覆いかぶさるとモコモコ男の尻が上下する。

 

しゃぶってもらって気持ちが高ぶったのか1分で女の腹に射精した。

 

今では車のほとんどがスモークガラスで車内を見ることが困難になってきてるが当時はまだ少なかった時代、いくらでも手に取るように中の様子がはっきり見える。。。

 

これも前置きです。 満足した二人時間は最初から終わるまで30分位かな、男が窓からティッシュの包みをポイッと車外に放り投げ身の周りを整え始めた為、俺はその場を離れ自分の車で女が出てくるのを待った。

 

先に女が出てきて車を走らせる、家に帰るんだろう、俺はそのあとを付けた。

 

5キロくらい走ったところの団地の自分の家の車庫に車を入れようとしたとき、俺は素早く近寄って切り出した。

 

(おい、亭主帰ってるか、奥さん)と最初の言葉をかけた。

 

きょとんとした人妻に(アンタ、先ほど爺の車の中で良い思いしてたな、数枚撮っておいた写真、旦那に見せたいんだけど、帰ってるか?)と。

 

女は意味を理解したようで顔色が真っ青になった。

 

そして(話がしたいが家に入ってもいいか?)と突っ込んでやると、女は(こんな家の前で話なんてないから、近くのコンビニの駐車場で話しましょ?)と俺を自分の車に誘ってきた。

 

コンビニに言ったってしょうがないから、俺は人けのない場所に車を誘導した。

 

女(それで、私にどうすれと言うの?、私の何を見たんですか? 変な言いがかり付けると警察に通報しますよ)開き直ろうとしてきた。

 

俺はその言葉を聞いた途端カッとなってしまって(おい婆あーーー言いがかりだと、さっきしてたあのしゃぶりは、あの喘ぎ声、尻の動き、腹に出す男、あれなんなんだ、ふざけるな、このカメラに二人の淫行の一部始終が、映ってることを知ってて、そんな言葉が出るのか、じゃあー 亭主に見せようかアンタの悶えてる姿をな、どうだ婆あ)とすごんだ。

 

女は俺の言葉に観念して(ごめんなさい、許して、それで何がほしいの、お金なら少しあるわ、それで勘弁してほしい)と青ざめた顔で俺に助けを乞うてきた。

 

俺は女に間髪入れず(俺は金なんか要らない、あの男にしたように俺にもさせてくれれば、カメラ返してやるよ、それでどうだ?)切り出した。

 

女じっとして少し考えていたようだったが、首を縦の婦って俺の要求を受け入れた。

 

人妻のフェラ体験談

 

そして俺が(口とオマンコとどちらでしてくれるのか?)と言うと、女は(中に出されては困るから、フェラ抜きでお願いします、その代り出すときは外に出してください、、口の中ややめてネ)と注文を付けてきた。

 

俺は女を安心させる為(わかった、その代り、男にしてやったように俺のも気分こめてしろよ!!)と言ってズボンを下げ女にフェラさせた。

 

女の顔が曇る、風呂に入ってないから臭くてチンカスが口に入ったんだろう、構わず頭を押さえつけ上下運動を速めさせた。

 

女は(時折、外に出してね、外に)を繰り返していたが俺の頭は口内射精が願望。

 

(わかった、、わかった、、それ以上言うな、、頑張って射精できるようにしろ)と怒って見せた。

 

もう限界、女は外に出してもらえるものだと信じ、舌を使ったり、頬をへこませながら強く吸ってきた。

 

そして俺は何食わぬ態度でそのまま女の口の中に射精した。

 

女は口を離そうと抵抗したが俺ががっちり押さえつけ(全部飲め、、そのまま飲み込め、全部な、、、)怒鳴りつけた。

 

騙されたことがわかるとあきらめたのか、吐き戻そうとしながらも全部飲み込んでくれた。

 

俺が(オメコに出されて妊娠するより良いだろう、なんならこのままオメコに入れるか少し残っていれば妊娠させれるぞ、出なければ、又やり直せばオマンコにたっぷり射精すること出来るんだぞ、、どうだ)と言い聞かせてみた、女は納得したみたいだ。

 

俺は女を、女の口を楽しむと女の家近くに車を走らさせた。

 

ティッシュで口をぬぐいながら、時折のどが気持ちが悪いのか、しきりに小さく咳をいる女に撮ってもいないカメラを私家近くで下してもらって、その場を離れた。

 

この時の場面を簡単に文書に表すのは難しいけれど、本当はもっと残虐でかなりエグイ仕方で女の口ではあったがを犯っていたと思う。

 

人妻は地獄の気分を味わっていたんじゃないか、最初男に快楽をもらった後に俺から地獄に落とされた女の気持ちどんなであっただろうか察しがつくよ。

 

 

 

【珍たろうの一言】

ティッシュあるなら先に拭こう(´・ω・`)

 

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

カテゴリ:無理矢理・レイプ体験の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング