ホーム » OL・社会人 » 【胸糞】お見合い前夜に処女喪失しちゃったOLさん(28)がコチラです・・・・・・・・

【胸糞】お見合い前夜に処女喪失しちゃったOLさん(28)がコチラです・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 4分

処女喪失の体験談

 

[99]: ター坊さん(栃木県)からの投稿 2016/09/09(金)

会社の先輩の結婚披露宴があった日だった。

 

三次会まで参加したけどかなり泥酔してしまい、2つ歳上の先輩(女性)と帰ってそのまま先輩ん家に…

 

その先輩は可愛くはないけど、普通体型でそのわりに胸がでかくてみんなは「絶対に盛ってる」って噂してた。

 

明日はお見合いのため実家に帰省すると聞いていて、俺の中の悪魔の部分が動き出していた。

 

自分で言うのもアレだけど、俺の顔は可愛い系で年上女性から好まれるらしく、人妻や熟女を口説いたらまず成功していた。

 

先輩のアパートに着くと、支えあうよう肩を組んで階段を上った。

 

そして玄関に入ったとき、(わざと)バランスを崩し先輩が俺の上に、俺が抱き締めてしまうと先輩も拒まなかった。

 

「ど、どしたの…」

 

先輩のその一言が俺に火を着けた。

 

先輩にキスしてしまったらもう止まらなくなった。

 

どうやって脱がせたかは覚えていない、先輩も協力してくれたと思う。

 

胸は盛っていなくてメロンがふたつあるみたいで夢中でむしゃぶりついた。

 

そして生のまま挿入。先輩は気持ち良いのか苦悶の表情で声を我慢してうめくような声が…

 

肉付きのいいオンナって膣も締まりが良くて名器のパターンが多い。先輩も例に漏れず、その気持ち良さに感動した。

 

狂ったように先輩のオマンコに生チンポを打ちつけた。

 

終わってから

 

俺「先輩…俺、興奮し過ぎて…その…中に出しちゃったんですけれど…」

 

先「今日は大丈夫だよ…」

 

安心して先輩から抜いた俺のを見ると血まみれで

 

俺「すみません!乱暴にしちゃって…切れちゃったみたいです…」

 

先「ちがうよ…私、初めてなんだよ…」

 

そんなの全然わからなかったけど、あの表情は俺を気づかって痛みを耐えてる表情だったんだとわかった。

 

俺「初めてが俺でよかったの?」

 

先「う、うん…」

 

ご両親が手塩に掛けて育てたのだろう。未だに男を知らず、そして明日は大切なお見合いだったのだ。

 

それを俺が奪った。

 

お見合い相手がどこの男か知らないが、お前が一生の伴侶にするかもしれない女性を、オレが頂いたんだ。お前と知り合う数時間前に。

 

満足した俺はシャワーしてベッドで眠った。

 

先輩が実家に帰ってお見合いをした翌日、先輩から連絡があって夕方6時くらいにアパートに来て欲しいと言われた。

 

先輩のアパートに行くと、お見合いの為に実家に帰っていたことを話してくれました。

 

もう三十路だし良さそうな人ならそういうのもアリかもしれないと思っていたそうです。

 

でもそれは俺と初体験する前の事で、実は先輩はそれなりに俺に好意を持ってくれていたんだと…

 

急な初体験だったけど好きな人に処女を捧げる事ができてすごく嬉しかったけど、それを俺に伝えると重くなると思い何も言わないでいたそうです。

 

先「…○○君…私、○○君の事が好き…」

 

しばらくの沈黙のあと不意に言われました。

 

先輩は笑顔だけど涙をポロポロ流していました。

 

お見合いの最中も下腹部に残る俺のザーメンの感覚で俺の事が好きだということを再認識。お見合いのお断りを決意したそうです。

 

もちろん付き合ったりはしませんが、暇な時はアパートに行って抱いてます。

 

 

 

【珍たろうの一言】

はい来世は便器ね君( ^ω^)

 

カテゴリ:OL・社会人の最新記事

カテゴリ:童貞・処女の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング