ホーム » JS・JC » 【訃報】ワイ将、更衣室で巨乳JCの生着替えを観て堪らず射精wwwwwwww

【訃報】ワイ将、更衣室で巨乳JCの生着替えを観て堪らず射精wwwwwwww

読了までの目安時間:約 9分

JCの生着替え体験談

 

[99]: ロリ侍さん(熊本県)からの投稿 2016/09/12(月)

数年前に起きた、ぼくを変態野郎に変えた体験です。

 

この出来事があるまでは覗き趣味の男の脳みそが理解できませんでした。

 

AVなんかでもよく「更衣室の生着替え盗撮シリーズ」なんて見かけますが、そんなもの買う意味がわかりません。

 

気持ち悪いとまで思っていたのに、男の性癖なんてちょっとした衝撃で変わってしまうものですね。。

 

7、8年前になりますが、室内プールの男子更衣室でのコトでした。

 

仕事が早く終わって夕方に行ったのですが、かなり混雑していました。

 

どこのロッカーを使おうか探してると、中学生位の女の子が全身濡れた姿でお父さんを探してました。

 

色白でムッチリ。お尻も胸も大きく、こりゃ将来は男泣かせに育つだろうなといった雰囲気。

 

顔もアイドルにいてもおかしくない可愛さでした。

 

何より、ちょっと窮屈そうなピンク色のビキニは周りに視線を釘付けにしていました。

 

きっと数年前に買ったものなのでしょう。この年頃は成長が著しいですからすぐ小さくなるのでしょうね。

 

腰もくびれていて骨盤周りもガッチリしていて、完全に大人体型。

 

濡れた水着がガッツリ喰いこんでいて、思わず「食い込み直せよ!」とツッコんであげたくなります。

 

まさかここで着替えたりはしないだろうと思いましたが、当然その子と父親の隣に移動しました。

その親子の会話は、「パパ、バスタオル忘れちゃった、それと部活で痛めちゃって、右肘と腕がしびれてあがらないの・・・」

 

「一人で着替えるのは?」

 

「無理そう・・」

 

「風邪ひくぞ」

 

「個別の更衣室はないの?」

 

「ないみたいだね」

 

「どうしよう」

 

「ここで着替えるか?」

 

「やだ、エッチー」

 

といって父親にふざけて軽くけりを入れてましたが、「親をけるとは何事だ」と更衣室中に聞こえそうな激怒して、娘は涙目になりました。

 

「ごめん、言い過ぎた」

 

無言で首を振る娘。

 

「足もひねってるしここで着替えろ、身体も冷えちゃうぞ、誰も見ないよ」

そんなわけないだろうと思ったけど、まさか着替えることはないだろうと半信半疑でしたが、さっきの喝が効いたのかバスタオルを巻いて水着を脱ぎ始めました。

 

こっちはドキドキで心臓が破裂しそうでした。

 

普通のバスタオルを巻いてましたが、失敗して裸が見えることを期待して、隣でチャンスを狙おうとと私も着替え始めました。

 

彼女は利き腕が使えなくて、苦戦してたので、当然父親が手伝い始めましたが、その場のほとんどは彼女に釘付けです。

 

お風呂上がりの女性見たいに胸元でバスタオルを巻いて父親がビキニの上のひもを引っ張って、彼女はバスタオルが落ちないよう利き腕じゃない左腕で押さえてましたが、おっぱいが大きいのは一目でわかりました。

 

ノーブラ状態を想像すると興奮してきます。見られてることでの恥ずかしい仕草がなんともそそります。それから父親は下も脱がしはじめました。

 

足首まで下げられて足をあげて外すとき、バスタオルの裾からあそこがちらっと見えてしまいました(嬉)

 

当然バスタオルのしたは丸裸のすっぽんぽんです。

 

「みつこ、まさか大人のあれは生えてるのか?」

 

「やだ、恥ずかしい、答えられないよ~」

 

みつこちゃんは長めの髪の毛をポニーテールみたいに結わいてる最中にお父さんはどれどれと言いながら、スカートめくりならぬノーパンバスタオルめくりを。

 

おへそが見えるところまでバスタオルをめくりあげました。 みつこちゃんはあわてて中腰になって腰砕けでワレメが見えるのを必死に隠していましたが、おへそとあそこの中間ぐらいまで薄くてきめ細かい大人のおけ毛が生えていました。

 

もうすこしでおまんこも見えそうだったので残念でした。

 

「もうパパったら~」と笑顔で言ってるポニーテールではっきり顔がわかるその姿は本当にアイドルかと思えました。

 

目もぱっちりで可愛すぎます。その小6の子がバスタオルの下素っ裸、超興奮です。 それにしてもみつこちゃんの親父はまたもやりました。

 

バスタオルをまいてる娘の身体を手でさすって拭いてましたが、何をとち狂ったかいきなりバスタオルを剥ぎとって背中を拭き始めました。

 

当然ですがすっぽんぽんの一糸纏わぬヘアヌードが目の前1㍍に現れました。

 

とっさに左手で大事なおまたを、右手でおっぱいを隠してましたが、心臓は爆発しそうな位高まり、おちんちんも心臓がついてるかのようにドクドクいってびんびん、ギンギン状態になりました。

 

すっぽんぽんで身体を拭かれ絵画のモナリザのように必死に男の視線から大事な所を隠してる、これ以上ない位の恥ずかしがってる素振りは夜のおかずにも申し分ないです、奇跡です。

 

私は彼女の正面を向いたら怪しまれると思ったので、身体ごと横を向いて、着替えて、海パンをはくためパンツを脱いだのですが、反り勃った私のでかチンを見て「きゃっ」と顔を手で覆いました。

 

その間10秒くらいでしたが、当然丸裸のすっぽんぽん状態で皆に生まれたままの姿を見られてしまいました。

 

おっぱいは大きくCカップぐらいの美乳で乳輪は子供らしく小さめで可愛らしかったのですが、ちくびは小豆大で綺麗なピンク色でした。

 

これからの成長が楽しみなおっぱいちゃんでした。

 

シャツを着る時もバスタオルを巻きながらお乳が両方見えてしまい、興奮は最高潮です。

 

最後にお父さんがみつこちゃんのおまたを拭くのですが、しつこく拭いてて、愛撫して指まんしてる様に見えて、みつこちゃんの表情を見てるとうっとり気持ちよさそうなAV女優のような快感に顔が歪んでおかしくなりそうな感じで、

 

「あ、あ~ん」「くむむっ」「いっいや~ん」と押し殺すような声で恍惚の表情で感じまくってました。

 

両手をお父さんの方に乗せ、もたれて身をゆだねる形でイッてしまったような可愛いお顔でした。

 

お父さんがパンツをはかせようと足を入れる所を広げて構えてたのですが、膝より上の高い所に構えてて、もっと下げてと言えばいいものを、脳がマヒしてるのでしょうか、そのままはこうとしてるのですが、当然足を高く上げねばならず、私はわざと小銭を落としてそれを拾いながら股間を見ようとしました。

 

うまい具合に彼女の足元に転がったのを拾おうとしておまんこちゃんをガン見したら、目の前30cmのところにくっきりとわれめちゃんが見えて、おへそとワレメの中間まで三角形の横に広がる少し茶色っぽい薄めで生え始めから半年弱のじんじろ毛と、まだ膣が下がってないぷックリ膨らんではっきり見えます。

 

 子供まんこが綺麗な一本筋で見えて、さらにさっき興奮した影響か、割れ目のうえに絶対男に見せちゃいけない2ミリ位のクリトリスがはっきり見えました。

 

それを見たとたん、おちんちんがぐわっぐわっとなって脳に波のような快感が押し寄せておチンチンから暖かいものがでてきてしまいました。

 

そう、射精しました。

 

これほど気持ちいいのはなかなかないですね。

 

 

 

【珍たろうの一言】

咳するみたいに射精するんじゃない(´・ω`・)

 

カテゴリ:JS・JCの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントは2件です

  1. 彰です より:

    珍たろうさん

    こめんとすげーすわ

    はんぱねーす

    尊敬です

    おもいつかんすよ

  2. 珍たろう より:

    ありがとうございます。私ごときが恐れ多くて顔真っ赤になります。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング