ホーム » 性器ピアス・刺青・改造 » 【SM】Hカップ奴隷ナナ(27)を強制連続アクメ調教

【SM】Hカップ奴隷ナナ(27)を強制連続アクメ調教

読了までの目安時間:約 7分

爆乳マゾの連続アクメ

 
[00]: 珍たろうのエロ体験談小説投稿 2015/12/12(木)

前編:爆乳奴隷を緊縛して極太ディルドで弄ぶ

 

もうこの爆乳奴隷ちゃん、完全に20cmオーバーの極太ディルドを楽しんでいます。

 

突く度にヨダレを垂らしながら、 「あっ あっ あっ・・・・」といつもと違う喘ぎ声。

 

キメラアントに人体実験されているポックルさんを彷彿とさせます。胸が熱い。

 

もうイキ過ぎてグッタリ。

 

まだまだです。立てなくなるまでアクメを味あわせてやりましょう。

 

緊縛も時間が経つと辛くなってきますから、ストレスになる前に縄をほどいてベッドへ移動します。

 

ベッドに倒れ込んだまま動かない爆乳奴隷。 疲れてるのか?オレだって疲れてるんだ。電マって意外と重いんだぜ?

 

このディルドもやたらとズッシリしてるし。 本来はここからナナの奉仕活動がはじまるんですが今日は辛そうなので免除してあげましょう。

 

さあ挿入ですがワイは疲れてるので下へ。

 

するとナナもヘロヘロになりながら下へこようとします。

 

「いやオレが下になるよ」

 

「いや私が・・・・・・」

 

「・・・・・・・・・」

 

「・・・・・・・・・」

 

「・・・・すいません」

 

「・・・・・・いえ」

 

上へ来るとチンポを掴んで自身の割れ目へ持っていくナナ。

 

「挿れていいぞ」

 

「い、挿れたいんですか?」

 

「・・・は?」

 

「挿れて・・・欲しいですか?」

 

「・・・・・」

 

「・・・・・・・・・」

 

「・・・・・・・・すいません」

 

「・・・・・・・いえ」

 

なんなんでしょう。 たっぷり虐められたから攻守交代して主導権を握りたいのでしょうか? そういうのキライなので超絶真顔でスルーです私。

 

上目使いで痴女ぶってますが、まず上に乗りながら上目使いってどういうことかと。

 

ベンツ乗ってベンツ買いに行くのかと。よくわからんけど。

 

下から爆乳奴隷の腰を掴んでズブリと挿入です。 尻をたたくと腰をネットリと動かし始める奴隷。

 

もっと早く!と乳首を抓ってやると狂ったように腰を振りだします。

 

爆乳女をSM調教

 

「イ、イキそうです!イッてもいいですか?」

 

ほんの30秒でこんなことを言い出すナナ。 マンコの中がうねうね蠢いてるのがチンポから伝わってきます。

 

「ダメ。我慢してろ」 うなだれながら腰の動きを止める爆乳奴隷。

 

「誰が腰止めていいと言った?」

 

「で、でも、動かすとイッちゃいます」

 

「止めると俺が気持ち良くなれないだろ?止めるな。でもお前はイクな」

 

この橋わたるべからず!的なトンチ難題に泣きそうになりながら腰を動かし始めるナナ。

 

必死にイクのを我慢しながら一生懸命グラインド。

 

強制アクメ

 

「ほらもっと速く腰動かせー」

 

「もうダメぇぇ!イッちゃいます!もうイク!イッちゃう!」

 

「黙って腰動かせ。気失うまでイクの我慢してろ」

 

すると唇を噛み締めながら必死に我慢。 面白いのでもっと虐めましょう。

 

続いてそのままバックへ 尻をペチンペチン叩きながら突いてやると泣き声のような鳴き声を出す爆乳奴隷。

 

「む、無理無理!もう我慢できません!壊れちゃいます!」

 

「じゃあ壊れるまで我慢してなさい」

 

そう言って更に激しく犯してやると尻がブルブル痙攣しはじめました。

 

ブルブルブルッ ブルブルブルッ 死にそうな顔をしております。

 

もう我慢の限界らしいのでイカせてあげましょう。

 

「おい、イッていいぞ」

 

「ありがとうございます!ありがとうございます!ああっ・・イクッ!イクイクッ!」

 

「ど、どういたしまして(照」

 

イキまくり奴隷女

 

どの世界に御礼しながらイク女がいるんでしょうか。

 

このままひたすら犯し続けて最後は中出しです。 倒れて動かなくなったナナを置いてシャワーへ。

 

汗を洗い流しながら、思い出してしまいました。 さっき「挿れたいんですか?」とかナントカ小生意気なことを言っていましたね。

 

お仕置きですな、シャワーから上がると低温蝋燭を取り出してナナの胸、腹に垂らしてあげます。

 

「熱いっ!熱いです!」

 

「何?アリガトウゴザイマスでしょ?」

 

「あり、ありが・・熱いっ!」

 

Hカップ女はSM奴隷

 

蝋燭で責めながら足を腹部に乗せて子宮を揺さぶってやると急に黙る爆乳奴隷。

 

「熱いのか?気持ち良いのか?」

 

「ギ、ギモヂイイです!」

 

「ほら、イケよ?イッでいいぞ?」

 

「ああっ、イッちゃいます!またイッちゃいますぅぅぅ!!!」

 

連続絶叫アクメ

 

ぷにぷにして踏み心地もよい。 どんどん淫乱体に育ってきました。 オワリ

 


【速報】S男とM女専用SNSが登場!!!



体験談を投稿する

 

カテゴリ:性器ピアス・刺青・改造の最新記事

カテゴリ:管理人の個人撮影・ハメ撮り調教の最新記事

コメントは2件です

  1. 名無しの変態さん より:

    こんなパートナーが複数いるなんて羨ましいですねー
    おっぱい責めもっとみたいっす

  2. 珍たろう より:

    コメントありがとうございます。
    近々機会ありましたらアップしてみたいと思います⭐

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング