ホーム » JS・JC » 【マジキチ】幼い娘(10)にチンコをメリメリ捻じ込む父親をご覧ください・・・・・・・

【マジキチ】幼い娘(10)にチンコをメリメリ捻じ込む父親をご覧ください・・・・・・・

読了までの目安時間:約 3分

父娘の体験談

 

[99]: 寿子さん(長崎県)からの投稿 2016/09/15(木)

初めまして年齢は伏せておきます。遠い昔の出来事なので、今はもうイイ歳になってしまいました。

 

母が17才のときに生まれた私ですので、幼少期の頃は父もまだ若かったのです。

 

父は、その幼い私にオチンチンを舐めさせていました。

 

口の中に入れされて苦しいながら、おちんちんを舐めていました。

父は私を腰の上に乗せ、おまんこを舐めてきました。私も父のオチンチンを舐めるように言われ舐めました。

 

父はおまんこを啜るように舐めながら飲み込んでいるのです。

 

段々気持ち良くなってきて声を出してきましたら父が、「寿子、気持ち良いだろ」と囁きながら舐めているのです。

私を仰向けにさせ、おまんこの中におちんちんを入れようとしているのです

 

まだ私は10才なので、おまんこの穴は小さく父のおちんちんは太くて長いので中には入りませんでした。

父はおさまりがつかなくて、割れ目を無理やり指で広げてその中におちんちんをくっけてきて、シコシコしているのです。

 

父娘のエロ体験談

 

腰を引くと父は怒り出し怖かったです。

 

私が、お母さんと言って泣くと、うるさいと言うのです。

私を掛け布団の畳んだ布団に背もたれさせて父は足を伸ばしながら座っているのです。

 

私の、お尻は父の太股にあり、お尻を持ち上げられて父の股と私の股が、くっいているのです。
 
「寿子良く見ておけ」と言いながら、見せ付けるようにシコシコしているのです。

 

シコシコしていたら呻き声を出しながら精液が、中に入ってきました。

夜になると毎日、同じような事をされ父と私の日課になってしまいました。

 

日にちが経つごとに、段々とおまんこの中におちんちんが入ってくるようになりました。

11才になった頃には、おちんちんが奥まで入ってきて激痛が走りました。

 

私は痛いと言って父に抱きついたのですが、父がは「やっと寿子と結ばれたな」と言って歓んでいるのです。
 
父は、気持ち良い、お前の体は最高だと言いながら私を毎日抱いてくるのです。

 

私も抱かれているうち気持ち良くなってきてお互い声を出しながら、セックスをしていました。

 

 

 

【珍たろうの一言】

哀愁漂う文体ですな(´・ω`・)

 

カテゴリ:JS・JCの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング