ホーム » OL・社会人×調教 » 【M女の告白】私は野外露出オナニーが止められない変態OLです

【M女の告白】私は野外露出オナニーが止められない変態OLです

読了までの目安時間:約 5分

露出オナニーの体験談

 

[99]: RINK(石川県)さんからの投稿 2016/02/05(水)

私は事務系の仕事をしている26歳のOLです。

 

告白しますが、露出癖のあるマゾなんです。

 

小さい頃に兄の部屋でたまたま見つけたアダルトビデオの影響だと思います。

 

それは女の人が山中で全裸にされて縛られ、排泄させられる内容のものでした。 何故か物凄く興奮してしまい、その夜に生まれて初めてオナニーをしました。

 

それ以来、私の性癖は徐々にエスカレートして変態になってきました。

 

初めての野外露出は中三の頃でした。

 

休みの日に自販機で買った避妊具とキュウリを持って自転車で山の方にある神社まで行きました。

 

地方の田舎だったので緑に囲まれて人気もなく、野外露出する場所には困りませんでした。

 

神社に着くと服を一枚ずつ脱いで全裸に。

 

「私は変態マゾ女です!私は変態マゾ女です!」と繰り返し呟きながら立ってクリを弄ります。

 

image

 

アソコが濡れてくると指にお汁を着け、今度はアナルをほぐします。

 

毎日家でもアナニーをしているのですぐグニュグニュにほぐれ指二本がズッポリ。

 

そこで持ってきたリュウリに避妊具を被せてアナルに挿入。まだお金もなく実家住みの私にはローションやバイブは買えなかったのです。

 

野外で犯される妄想をしながらガニ股で立ったままキュウリをスボスボ。

 

「ああっ、私はアナル奴隷です!私のアナルをもっと調教してください!」と淫乱な言葉をついつい大声で叫んでしまいます。

 

マゾの私は学校でもアナニーをしたくなってきました。

 

アナルにビー玉や綿棒などを挿れたままノーパンで学校へ行くのです。

 

そして当時片想いをしていた男子に話し掛けます。

 

拡張されたアナルに異物の挿入したまま好きな男子と話すだけでアソコはビショビショに。

 

もし今誰かがスカートを捲ってきたらどうしよう。 ノーパンなので私のアナルは丸見え、もう二度と恥ずかしくて学校に来れなくなってしまいます。

 

そんなことを考えるだけで頭がぼーっとしてきてエッチなお汁が太股のあたりまで垂れてくるのがわかりました。

 

そして今では、ますますエスカレートしてしまいました。

 

仕事が休みの日に車で人里離れた山のキャンプ場まで行きます。

 

大きなカバンにバイブ、浣腸器、ロープ、蝋燭などを入れていきます。

 

やってみたいプレイ、言ってみたいいやらしい言葉を想像しながら向かいます。

 

車中でそんな事を考えるだけでアソコは既にグチョグチョ、目が潤んでしまっています。

 

人が来ないような場所を見つけると周囲を確認してから服を脱ぎ捨て全裸になります。

 

そして自分の恥ずかしい姿を撮るために、三脚を立てて撮影用スマホを設置。

 

そしてカメラのスイッチを入れると、アナルをよくほぐした後に浣腸。

 

排泄を我慢しながらクリをローター責めしたり、色んなバイブを挿入したりして「ご主人様なんでもします・・イカせてください・・変態マゾをイカせてください」とか言って泣きながら中イキします。

 

自分でお尻をパチンパチンと叩きながらカメラにアソコを向けると誰かに調教されているようで超興奮。

 

終わったあとはバイブを拭きながら「私みたいな変態って他にいるのかしら?私が異常なのかな?」と少し悲しい気持ちにもなります。

 

同じような女性いるんでしょうか?

 

 

 

カテゴリ:OL・社会人×調教の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング