ホーム » JK・JD » 【衝撃】露出狂JK(17)が近所を全裸散歩してみた末路・・・・・・・・・・

【衝撃】露出狂JK(17)が近所を全裸散歩してみた末路・・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 4分

jkの露出体験談

 

[99]: エッチな処女仔さん(岐阜県)からの投稿 2016/10/08(土)

こういった体験談のサイトはよく見てますが投稿するのは初めてです。

 

今はもう24歳になってOLをしていますが、未だに処女。でもエッチなことには興味があるんですよね・・

 

そんな私が経験したことを書いてみますね。

 

私が高校3年の時でした。

 

私の高校は人口3万人ほどの田舎町の高校で、大学進学を目指していた私は当然のように毎晩遅くまで勉強していました。

 

そんなある日、通学で使っていた駅の待合室でエッチな本を見つけちゃったんです。

 

何気なく開いて見たら、裸の女性が街中を歩いている写真でした。

 

なぜか目が離せなくなってそっとカバンの中に入れていたんです。

 

その日の夜、みんなが寝静まってから拾ってきた本を改めて開いて見ました。

 

女の人が裸で街中を歩いている、私には衝撃的な写真でした。 その写真を見ているうちにとても興奮している私がいました。

 

気がついたらオナニーしてました。

 

それが私のきっかけでした。

 

私も裸になって外を歩いてみたい、そう思うようになったのです。

 

そして実行していました。

 

全裸散歩の体験談

 

私は、全裸になって部屋から出ていました。

 

私の部屋は母屋から離れていたうえ、みんなは寝静まっている時間ですから部屋の窓を開けてそっと出るのは簡単なことでした。

 

私は素っ裸で近くの本屋さんに行こうとおもったのです。

 

家を出ると目の前の道路に人影も車もないことを確認して歩きはじめます。

 

家々の明かりは全く無く、街灯だけがほんのりとまだ硬さの残る私の裸体を照らします。

 

本屋さんまでは信号のない四つ角を2つ曲がらなくてはなりません。 角に来るたびに左右の道路をうかがいながら進みました。

 

びくびくと震え、家々の塀や戸口に隠れるようにして歩きながら、何故かどんどん大胆になっていく自分がいました。

 

その当時、その本屋さんの前にはエッチな雑誌の自動販売機が置いてあったんです。今でいうアダルト雑誌でしょうか。

 

何とか無事に本屋さんに着き、自動販売機の前に立ちました。

 

深夜に煌々と光る明かりの中、何冊かのエロ本の中から一番いやらしそうな漫画雑誌を選び急いでボタンを押して買いました。

 

もし車が一台でも通っていたら、エロ自販機の前に屈みお尻丸出しでエロ本を取り出している少女の姿はどんなに異常に写ったことでしょう。

 

幸いにも、誰にも見られることなくエロ漫画本を抱えて無事部屋に戻ることができました。

 

その本は本当にいやらしく、私の想像を絶するものでした。

 

その後、2~3回同じようなことをして、机の引出しの奥におよそ女子高校生にはふさわしくないエロ本がたまっていきました。

 

男の人に見つかりそうになったことも何度もありますが全裸散歩は続けました。

 

エロ漫画本は捨てることができず今もコレクションは増え続けています。

 

クローゼットの中は全てそれで埋まっています、こんな変人な女いませんよね・・

 

カテゴリ:JK・JDの最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング