ホーム » JK・JD » 【体験談】高3女子が処女喪失から3時間後に投稿した話

【体験談】高3女子が処女喪失から3時間後に投稿した話

読了までの目安時間:約 7分

処女喪失のエロ体験談

 

[99]: 芽衣さん(滋賀県)からの投稿 2016/10/11(火)

芽衣、高3です。 ついさっきあった私の話を聞いてください。

 

私、好きな人がいるんです。 同級生のユウトくん、部活が終わったら 一緒に帰ったりするんだけど 告白はまだしていませんでした。

 

「芽衣、付き合ってるやついるの?」

 

 今日の帰り道でいきなり そう聞かれたときは、もうどうしていいか わからなくって。

 

「公園、寄っていこ。」

 

うつむいたまま後ろをついて行きました。

 

ベンチに腰掛けて、ふたりとも しばらく黙ってました。 ユウトくんがこっちを向いて 私の顔を見ています。

 

絶対目なんか合わせられない! 自分のひざだけを見つめて 閉じたり、少し開いたりして。それでも 間が持ちません。

 

意を決して 「あのね、ユウトくん、」 そう口に出したのが最後で、 もう次の言葉を発することができません。

 

ユウトくんの口がふさいでしまったんです。

 

初めてのことだったので ものすごく動揺しました。

 

歯と歯が当たっていたし、こんなので よかったのかなとか、 おかしなキスになっていて 後で笑われないかなとか、 もう余計なことばっかり頭の中が ぐるぐる回って。

 

嬉しいとか気持ちいいとか そんな感情が全く湧いてきませんでした。

 

ただひたすらあたふたして、 そっとクチビルが離れたときも ユウトくんが何か言ってくれたんだけど 全然聞こえてなくって。

 

「今からオレんちに来いよ。」

 

あ、やっと聞こえた。

 

「うん、行く。」

 

たぶん断る理由がないから そう答えただけなんだけど、 歩きながら考えてみると ユウトくんちに誰もいなかったら 私たちふたりだけ。

 

え、もしかして、もしかしたりするのかも。 これでまた顔真っ赤。

 

心の準備ができてない。 生理は先週終わったし、 下着は新しいの着てるし、 えーとえーと 他は何をチェックしておけばいいんだろ? あーん、もっとエロサイトとか ノウハウ本見ておけばよかった。

 

まず、胸からよね、そうよね。 乳首、乳首だ! うわぁ、乳首ぃぃ~っ(恥) ハッ!脇もだ! 毛の処理、、、毛。 やったっけ?やったよね? あ~ん、ユウトくん、 ひげそり貸してくれ~いっ(泣)

 

そ、それだけじゃ済まない。 済むわけないっ! ショーツ、脱がされちゃう。 また毛だ。いや待て待て、 こっちの毛はそのままでないと ヘンな趣味の人って思われちゃう。

 

開かれるのかな、、 奥まで見られちゃうのかな、、 剥かれちゃう、んだろうな、、 ニオイっ!やばっ! 絶対真っ先にトイレ借りよう。

 

でもっでもっ 家に入っていきなりトイレはどこだ?なんて 言えない、言えるわけないよ~ぅぅ(号泣)

 

「お前さっきから何ブツブツ言ってんの?」

 

「はい、もう何も申しません・・。」

 

ユウトくんちに到着、 玄関を入るとキレイなお母さんがお出迎え。 なんだ、ふたりきりじゃないじゃん。

 

ほっとして、ちょっとガッカリな気分。 リビングで紅茶をいただいてから ユウトくんの二階の部屋へ。

 

ふ~ん、男の子の部屋ってこんななんだ。 じろじろ見てると 「芽衣、じろじろ見るなよ。」 だって。

 

うふ、名前で呼んでくれた(喜)

 

「なに笑ってるんだよっ」

 

処女とのエッチ体験談

 

「だって、嬉しいんだもん。」

 

「なにがだよ、、」

 

「こうやって部屋に入れてくれたし、」

 

「くれたし?」

 

「お母さんの紅茶も飲めたし、」

 

「まぁ、飲んでたよな、、」

 

「キスも・・してくれた。」

 

また抱き寄せられて、今度は互いに 目を見つめあってから、舌を絡ませて。

 

当然紅茶の味がするし、 トイレに行くのを忘れたことも思い出す(焦)

 

ベッドに連れて行かれる私、 ちょっと待って!下にお母さんいるじゃん。

 

「バレちゃうよ、見つかっちゃうよ。」

 

「いいの、芽衣はそういう子だって伝えたから。」

 

「どういう子?」

 

「一緒にいたい子。」

 

ああん、もう、嬉しい・・けど、 ほんと初めてだから、どうしていいか。

 

全部脱がされてじっくり観察、 恥ずかしくて顔を両手で隠していたら 舌がアソコをタテに舐め上げてきました。

 

ひくっひくっと痙攣して、そういう 私の反応を確かめてから指で開いて また舌を入れてきて。

 

「ご、ごめんね、匂わない?」

 

ヘンなこと聞いてる。

 

「比べたことないからわかんないよ。」

 

うわ、どストレートな回答。 気にしなくてよさそう、でも 枕元に置いてあるエッチな本の題名が気になる。

 

“縛り”とか“バイブ”ってなんだ? そっち系の淫靡な言葉って、 体験しないとわかんないことばかり。

 

ユウトくんなら許せちゃうかな、 これからがめっちゃ楽しみです。

 

カテゴリ:JK・JDの最新記事

カテゴリ:童貞・処女の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング