ホーム » 痴漢・覗き » 【親不孝】両親のセックスを覗き、隠し撮りまでしてみた結果・・・・・・・・・・

【親不孝】両親のセックスを覗き、隠し撮りまでしてみた結果・・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 3分

両親のセックスを観た体験談

 

[99]: アクアさん(秋田県)からの投稿 2016/10/20(木)

俺は社会人5年目の会社員。まだ親元から離れず両親と同居している。

 

彼女もできた経験がなく、風俗へ行く勇気もない、もちろん童貞です。

 

そのくせオカズには変なこだわりがあってAVにはあまり興味がない。熟女の夫婦の営みに興味があります。

 

他人の覗きや盗撮は犯罪になるので、身近にいる両親の営みを盗撮することにした。

 

父は49歳ごく普通の会社員、母は43歳パート美人ではないが、友達がいうには色っぽいらしい。確かに豊満て身体がいやらしい。

 

小型のビデオカメラを買い、準備した。

 

あれこれ置場所を考え、アングルなども考慮して上手く仕掛けた。

 

両親の営みは不規則でたまに営みときは聞き耳を立てて聞いている。

 

確率が高いのは週末の土曜日だと決め、両親が下で風呂に入っている内にビデオを仕掛けた。

 

そして自分は疲れたから寝ると言って早めに部屋に入った。

 

しばらくすると、父が風呂に入り、母も風呂にはいりリビングでなにやら話し声が、聞こえその後部屋に入ったようだ。

 

やがて微かに母の喘ぎ声が聞こえるがはっきりしない、ビデオに上手く写っているのを期待して寝た。

 

次の日ビデオを回収。

 

ばっちり写っていた。両親の夫婦の営みが。

 

俺は興奮が抑えられず見る前に爆発しそうだ。

 

父が布団の上で裸になり、母を待っている。

 

母はパジャマ姿で化粧台で何かしている。声まではっきりと入っている。

 

興奮が止まらない。

 

やがて母はパジャマを脱ぎ裸になった。

 

昼間の母とはまるで違ういやらしい身体、熟女の姿に股間が破裂しそうに勃起する。

 

二人はキスをし、父は母の身体を舐めまわす。

 

母が「あぁ~ん、あなた~」と父は「順子!」と呼び、69になり母は父の金たまをしゃぶっていた。

 

そこで何故か映像は切れていた。安物カメラはダメだ。

 

今度はもう少し高性能のカメラを買って再チャレンジします

 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング