ホーム » M男とS女の体験談 » 痴女JKの言葉責めと手コキでたまらず腰がガクガク浮いちゃいます・・・・・

痴女JKの言葉責めと手コキでたまらず腰がガクガク浮いちゃいます・・・・・

読了までの目安時間:約 6分

痴女JKの体験談

 

[99]: UK69さん(大阪府)さんからの投稿 2016/05/10(火)

高校生の頃、バスケ部に所属していたんですが2つ年上の女子マネに映画へ誘われました。

 

彼女は後輩部員からサト先輩と慕われている姉御肌の女子マネでした。

 

身長低めの前髪パッツンで顔は可愛い系。

男子部員からは人気だし僕も気になっていたので誘われた時はすごい嬉しかったです。

 

ちなみに当時、僕は彼女もいたことのない童貞でした。

 

部活のない日曜日に駅で待ち合わせをして、そこから一緒に映画館へ向かいました。

 

あらかじめ予定していた洋画を観ることに。

 

館内に入るともう薄暗くなっていてちょうど映画泥棒がスクリーンに映っているところでした。

 

一番後ろの列に2人並んで座ったのですが、ふと股間にサト先輩の手が触れていることに気づきました。

 

たまたまだと思ってそのまま映画を見続けていると今度は股間の方から、ジジッ・・ジジ・・・と音がしてきます。

 

下を見るとサト先輩が映画を観ながら左手で僕のデニムのファスナーをゆっくり降ろしていたんです。

 

そして、ボクサーパンツの上から直に竿を握ってきました。

 

3つか4つ隣には男の人が座っていますし前の席にもカップルがいます。

僕は声も出せずにいましたが、サト先輩の手はとうとうチンコを上下にシゴキだしました。

 

さすがにじっとしていられず彼女の耳元で

 

「サト先輩、ダメだって」と童貞がバレないよう余裕たっぷりに言いました。

 

それが逆に彼女を刺激してしまったようで、とうとうパンツの中に手を入れてきました。

 

慣れた手つきでチンコの先っぽを親指で撫でてきます。

 

その手つきが非処女確定というか、ちょっとショックでした。

 

が、チンコはそんなことはつゆ知らずギンギンに勃起しています。

 

もうイッてしまいそうでしたが両サイドの肘掛けを握り締めて必死に堪えてました。

 

彼女はそんな僕の顔をチラチラ見ながら楽しそうに亀頭の部分を円を描くように撫で続けました。

 

先っぽからタラタラと溢れる我慢汁が混ざってネチャネチャと音がしてきます。

 

また彼女の耳元で、

 

「ヤバいって・・・サト先輩、やめてよ・・・・」

 

「ンフフw でもパンパンなってるよ?」

 

その瞬間、彼女の言葉責めで我慢できずに射精してしまいました。

 

初めてのオナニー以外での射精です。

 

痴女の淫語責め調教

 

たまらず腰がガクガクと浮いてしまって椅子がバタン!と折り畳んでしまいました。

 

もしかしたら音のせいで誰かに観られたかもしれませんが、それどころじゃありませんでした。

 

イッてもサト先輩がチンコを握り締めたまま離してくれないのでチンコが暴れるようにビクビク痙攣してしまいます。

 

「わあ・・・すごい跳んだね。どこ行ったんだろ精子w」

 

「いや、あの、離して・・くすぐったい・・・うあっ」

 

「ウハw やっぱMなんだねwww」

 

握り締められたせいでイッても勃起したままのチンコを同じペースでシゴいてきます。

 

「すごいねぇ~まだセーシ出てきてるよ?」

 

「あうっ・・・・ひぃ・・」

 

恥ずかしいのと気持ち良いのとで頭がおかしくなりそうです。

 

「凄いやらしい・・・まだビクビク動いてる」

 

「サト先輩・・・く、口でして欲しいっす」

 

「ん?フェラ?」

 

「はい!」

 

周りに聞こえないよう小声で話してるつもりでしたが、もしかしたら結構な声を出していたかもしれません。

 

「ダーメ、そういうのは誰にでもしてあげないからw」

 

そう言いながらもまだチンコをシゴいてきます。

 

ふと横を振り向くと4つ隣の席にいるおじさんと目が合いました。

 

完全にこっちをガン見しています。

 

一度抜いたのにまたギンギンに勃起しているチンコは我慢汁やらザーメンやらでベトベトに。

 

先っぽと、竿の裏を丁寧にねちっこく触り、時々デコピンではじくように弄ってきます。

 

「だめだって、また出るって先輩!」

 

「出していいよ、ヘンタイ君」

 

彼女と目が合った瞬間、2度目の射精をしてしまいました。

 

「だめだ、イク!イクイク!!」

 

「あっ、すごぉい。また跳んだ・・・」

 

その瞬間に、僕はMなんだなぁと気づきました。

 

そのまま何事もなかったかのように映画館を出ると、2人でマックを食べ帰宅しました。

 

その後、サト先輩とは何もありませんでした。誘う根性がなかったんです。

 

まあ高校時代の甘酸っぱい思い出です。

 

 

 

 

【珍たろうの一言】

ノーモア童貞泥棒(`・ω・´)

 

カテゴリ:M男とS女の体験談の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング