ホーム » 女教師・女医×SM » 【体験談】看護師の彼女(19)が男性患者の剃毛をしているらしい・・・・・・・・

【体験談】看護師の彼女(19)が男性患者の剃毛をしているらしい・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 9分

ナースの剃毛エッチ

 

[99]: 幸彦さん(奈良県)からの投稿 2016/11/03(木)

彼女が外科病院の准看護師で19才成り立ての頃のことです。

 

彼女はまだ処女です。

 

「結婚するまでセックスはしない」という今時珍しい彼女の意見を尊重して、俺も付き合って2年間我慢し続けています。

 

 そんな彼女の勤める病院に、オレ友達が20日程入院していたときのことです。

 

友達は俺の彼女がその病院で務めていることは知っていました。

 

見舞いに行くと友達が「お前の彼女は可愛いなあ」と言いながら、小さな声で「昨日、すごかったぞ・・・・」と言った。

 

要するにこのようなことだったらしい。

 

大部屋に70過ぎの爺さんが入院してきて午後から直ぐに手術の準備をはじめたのです。

 

 彼女と40過ぎの先輩看護師が入ってきて毛剃りの準備をはじめたのです。

 

爺さんは先輩看護師に言われて、寝巻きのズボンをずり下げました。 パンツは履いています。

 

 彼女は前にしゃがんでいます。 先輩看護師が毛ゾリの経験をさせる為に彼女を連れてきたのです。

 

手術は脱腸の手術らしく、友達は寝たフリをして見ていたようです。

 

「○○さん、パンツを脱いで毛をそるからね。この子は初めてだから剃らしてあげてね」と言った。

 

 彼女が宜しくお願いしますと頭を下げると、爺さんは嬉しそうにパンツを脱ぎました。

 

 恥ずかしそうにする彼女を観て、先輩看護師は喜んでいたそうです。

 

そして次に、その爺さんの男根に驚いたのです。

 

だらりとした状態でも20センチ近くあり、太さも手で握りきれない位。

 

睾丸も大きな袋がだらりとぶら下がっていて、彼女は思わず口を押さえたようです。

 

先輩看護師も驚いていたようです。

 

爺さんは、若い娘にチンポさわってもらえるので本当に嬉そうだったようです。

 

それを聞いた時には冷静に反応するのが難しい状態した。 純潔の彼女が汚されたと思いました。

 

この光景は一生忘れることはできないはずです。

 

健気にも彼女は、先輩看護師の指導を受けながらチンポの根元からぐるり全体を剃り、根元の裏側の剃りずらい箇所も丁寧に剃らされたようです。

 

友達もその光景に興奮したようです。 その間、先輩看護師はニヤニヤしながら見ていたようです。

 

病院でのエロ体験談

 

これは普通に仕事としてあるのでしょうが、巨大なチンポや金玉を30分以上にわたって触る仕事なんて・・・

 

爺さんは若い娘に触ってもらえるので本気立ちしていたと友達はいいました。

 

 彼女は仕事とは言え、とんでもない事をさせられているのです。

 

清純な彼女が、爺やベテラン看護師に汚されたのです。

 

友達に「彼女もよく頑張ってやってたぞ」と言われましたが、凄く腹が立ってきました。

 

こんな話をわざわざ教えてくれなくてもよいのです・・・・

 

その話をしていると年寄りが部屋に帰ってきました。友達が目配せしたのでその爺さんと直ぐにわかりました。

 

80近い老人のように見えましたが少し小太りでいかにも好色そうに見えます。

 

こんな爺のチンポの毛を剃らされたのかと腹が立ちました。

 

すると直ぐに30代の看護師が入ってきて、爺さんの手術後の消毒をはじめました。 相変わらず爺さんはニヤニヤ嬉そうです。

 

仰向けに寝ると、寝巻きの下を脱いで全て出しました。

 

濃い陰毛と黒光りする大きなナマコのようなチンポが半立ち状態で寝ています。

 

負けたと思いました。太くて黒光りするそれは良く使い込んだ道具だと直ぐに分かりました。

 

なんといやらしいチンポか、 見たことがないようなグロテスクな一物です。

 

 今までに何本ものチンポを見てきたであろう30代の看護師も、食い入るように見ながらチンポ手にかけて握るようにしながら横にやり、ダラリと垂れた金玉を包むように持ち上げて、傷を消毒して行きました。

 

「痛いですか?すこし我慢してね」

 

「しみるのー」

 

「お風呂に入れないのでタオルで拭きますからね」と男根を丹念に拭く様はもうAVの様です。

 

亀頭から竿、金玉まで愛おしそうに拭く様子は看護師とは思えません。

 

爺さんも年なのに半立ち状態でされるがまま。Hモードになったのか「明日はあの若い子にたのむわ」と丸でソープのようなことを平気で頼んでました。

 

「やっぱり若い子の方がイイの、おじいちゃん?」と看護師も話を合わせました。 彼女のコトだとすぐに分かりました。

 

糞爺と腹がたった。 そして全てが終わると看護師が「明日は若い方に来てもらうからね」と言って出て行ったのです。

 

なんで助平爺の言うことを聞いてやるのかと非常に腹が立ちました。

 

友達が「明日は彼女がやるんだね、俺がしてもらいたいよ」とふざけたことを言うのです。

 

こうやって色々なやつらに汚されて行くのだと、看護師を辞めさせたくなった。

 

明日、彼女は爺のチンポを触るのかと思うと、居ても立ってもいれない気持ちでした。

 

その後、友達が退院してあった時に、次の日の話を聞かせてくれました。

 

本当はどうなったか聞きたかったのです。

 

 彼女が一人で入って来ると、爺さんは「あんたが来てくれたか」と喜んで見せてから、嬉しそうに寝巻きを脱いで男根を丸出しにしました。

 

友達もギョッとしたらしい。

 

年なのにギンギン状態なのです。 彼女も真っ赤になっていたそうです。

 

それでも平静を装って金玉を持ち上げながら横から消毒をしていたそうです。

 

寝たふりをしながら薄目で見ていると、どうも彼女の様子がおかしいのです。

 

良く見ると爺さんが後ろから彼女の尻を触っているのです。

 

彼女は顔を真っ赤にして困ったように手を押しのけました。

 

「蒸しタオルで拭きますからね」というと「綺麗に拭いてね看護師さん」と言いながら、スカートの中に手を射し込んで尻を触りだしたのです。

 

 気の弱い彼女が何も言えないのを良い事にやっているのです。

 

彼女は手を避けるようにしながら、いきり立っている男根の亀頭や雁首を丁寧に拭いてやっています。

 

太い男根を手で握って拭いていたそうです。

 

その間、イタズラする手から逃げることもできず、文句も言わずに拭いていたようです。

 

内股から肛門、そして睾丸を伸ばしながら丹念に拭く間、尻を撫でられていたそうです。

 

何も抵抗しないのだから当然でしょう。

 

睾丸のシワを伸ばして拭いている頃には、爺さんの手が一箇所を必要に責めているような動きをしていたというのです。

 

尻を撫で回すのではなく、陰部の所を執拗に触っているように見えたというのです。

 

 彼女は男根を握った状態で真っ赤になって動けない状態だったというのです。

 

 この話を聴いて興奮してしまう俺って変でしょうか?

 

カテゴリ:女教師・女医×SMの最新記事

カテゴリ:巨根×調教の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメント1件

  1. M より:

    変ではない、おそらく半数の男性は興奮してしまうはず

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング