ホーム » 寝取り・寝取られ » 【復讐】ある女(23)を変態SMサークルに売り飛ばして人生終らせた話

【復讐】ある女(23)を変態SMサークルに売り飛ばして人生終らせた話

読了までの目安時間:約 8分

smサークル体験談

 

[99]: 匿名さん(神奈川県)からの投稿 2016/10/30(日)

私は二十歳の頃、友達に誘われて夜のお仕事もしていました。

 

小さなお店でアットホームな感じだからこそか、常連さんからすぐに気に入られて、 そのうちの一人のお客さんと男女の関係になりました。

 

男性はすでに49歳のバツイチで、私は20歳。

 

そして、子供が出来てしまい、親に絶縁させられてまで強引に結婚しました。

 

だけど、その反動からか、子供は流れてしまいました。

 

そこに追い打ちを掛けてきたのが、当時23歳で私よりも年上の義理の娘の存在でした。

 

結婚を機に同居を始めたのですが、旦那の前では親切な娘を装っていましたが、 2人になるとネチネチと色々と言われるのです。

 

小姑と考えれば良いだけの話ですが、フリーターの23歳では出ていく様子もないし、 「母親だから、お小遣いちょうだいよ。水商売して、体で稼いできたんでしょ?」 とか言われると、頭の中が真っ白になってしまうくらいに、ノイローゼ気味だったと思います。

 

旦那には内緒で、義理の娘への復讐を考えるようになっていました。

 

旦那には悟られないようにしているうちに、徐々にコミュニケーションが減っていました。

 

しばらくして、娘が旦那の伝手で就職が決まると、一人暮らしを始めました。

 

すぐに彼氏が出来たらしく、同棲を始めるからと、律儀に男を連れて挨拶に来てくれたのです。

 

ですが、明らかに敵意の視線を年上のその彼氏から受けていることは気づいていました。

 

旦那にはそれなりに挨拶や会話があるのに、私にはまともな挨拶すらありませんでした。

 

娘があることない事を言っていることは、すぐに分かりました。

 

その日から、私は復讐のスイッチが完全に入りました。

 

水商売をやっていたし、もしかしたら義理の母になるかもしれないわけだし、連絡先を聞くことくらい、そんな相手でも簡単な事でした。

 

それに、いくらでも優しい、親切な年下の母親を演じる事なんて、たやすい事でした。

 

娘はシフト制の仕事をしており、旦那から聞けば、娘のシフトなんて簡単にわかるし、同棲している部屋の合鍵もある。

 

マメにその部屋に通っていると、男は徐々に心を開いていきました。

 

そして、事実を少しずつ告げていき、同情を始めに買いました。 そうなれば後は簡単に落ちました。

 

彼女よりも若い母親を抱く、男の欲望の眼差しは気迫すら感じるときもあります。

 

娘が家賃を払い、彼氏とのために買ったセミダブルのベッドで、男と交わったのです。

 

年上のくせに下手なHでしたが、乱れた振りをして、わざとシーツをぐしゃぐしゃにしました。

 

2週間に1回くらいのペースで抱かれていると、男の方は娘よりも私に夢中になっていることに気付きました。

 

私との関係を終わらせたくないから娘と付き合っていることも平気で言うようになりました。

 

「娘とどんなHしてるのか知りたい。」と言うと、男は冗談半分で「撮影しようか?」と言ってきたから、実行してもらいました。

 

その次に会ったときに、その写真を私の携帯に送らせました。

 

娘と彼が同棲を始めてから、2年が経とうとしたときに、私の方から娘との結婚を男に促しました。

 

ほとんど言いなりになっている男は、結婚すれば、もれなく年下の母親とも関係が続けられると思い込んで、 すぐに娘にプロポーズをしていました。

 

ご褒美に、その数日後に、搾り取るくらいHをさせてあげました。

 

そして、結婚の挨拶にうちに来た時です。 初めて、うちに来た時とは、180度態度が違いました。

 

旦那との会話を中断してまで、私と話そうとしている男に娘は明らかに嫌悪感を感じていました。

 

言いなりになっている男をそう言い含めることは簡単でした。

 

一通り、終わり、男と旦那がお酒を飲むことになりました。

 

その時に私が娘に「たまには自分の部屋に彼を連れて行ってあげたら?」と言ったのです。

 

私の指図に従いたくはない事を表情で表しながらも、まんざらではなさそうでした。

 

私が旦那の相手を少しの間しているからと言うと、そのタイミングで男を連れて、自分の部屋に行きました。

 

娘の部屋のベッドの掛け布団の中に、私は男に撮らせた娘との写真をプリントアウトして並べて置いておきました。

 

顔面蒼白の娘と顔を真赤にして弁解している男が階段から降りてきたかと思うと、そのまま玄関から飛び出していきました。

 

蚊帳の外の旦那はいぶかしがっていましたが、私もそ知らぬふりをしていました。

 

そして、何はともあれ事情を知った旦那が激怒し、娘の結婚は破談になり、同棲も解消されました。

 

ですが、男は私に泣き付いてきました。 私と関係を続けたいなら、娘との復縁を条件にしました。

 

今度はさすがの娘も参ったようで、年下の母親である私にまで相談してくるようになりました。

 

そこで、私は娘と2人で飲みに行く事にしました。 私が働いていたお店に連れて行ったのです。

 

そこのオーナーや支配人には、私が娘からされた仕打に対して色々と相談に乗ってもらっていったので、 娘は知らない間に敵に囲まれている状態でした。

 

 店の常連さんの中でも一番変態で、特殊なSMサークルを主催されているお客さんを呼んで、娘を紹介しました。

 

 お客さん同士は自由恋愛なので…とは言っても、結構触られたり、キスまでされたりと、少しお行儀が悪くなったところで、 支配人がタクシーを呼んで、二人を帰していました。

 

翌日、娘はお昼過ぎに帰ってきました。

 

そのまま寝てしまった娘の携帯から、連れ帰った常連さんに連絡をして状況を聞くと、 常連さんのお友達3人で娘を可愛がってくれたそうです。

 

それから娘は目の下のクマが化粧しても見えてしまうくらいに、その常連さんに呼び出されているようでした。

 

しばらくして、心身ともにボロボロになった娘は仕事も辞めて、一人暮らしも辞めて、うちに帰ってきました。

 

そのうち娘が男たちの言いなりになっている動画がネットにありました。

 

良く分からないのですが、ロープで全裸の体を縛られて、深夜の公園を散歩したり、その場で知り合った複数の男性たちの相手をして、体に落書きをされているのです。

 

最後まで見ることは生理的に無理でしたが、娘は男たちには従順でした。

 

その落ちていく姿を見ることが出来て、私の復讐は完了しました。

 

カテゴリ:寝取り・寝取られの最新記事

カテゴリ:無理矢理・レイプ体験の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング