ホーム » 人妻・熟女 » 【衝撃】単身赴任妻(36)は浮気セックスで他人棒に夢中なようです・・・・・・・・・・

【衝撃】単身赴任妻(36)は浮気セックスで他人棒に夢中なようです・・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 6分

単身赴任妻のH体験談

 

[100]: riko(青森県)さんからの投稿 2016/05/31(火)
 
単身赴任中で旦那と離れた生活を送るようになって2か月。

 

1人ぼっちの寝室にも慣れた。

 

木曜の朝。三歳になる娘を支度させてから幼稚園に送り届ける。

「夕方にばーば(義母)が迎えに来るからね。良い子にしててね 」と言って自宅に戻る。

 

同じ町内に住む旦那のお義母さんにはパート先の送迎会があるからと娘をお願いしている。

 

自宅に戻ると久々に念入りのお化粧をして着ていく服を選ぶ。

 

途中に彼からラインが届いた。

 

「ノーパンにスカートでおいで」

 

「わかりました」と返事をしてパンティを脱ぐ。

 

洋服も選び直し。

 

左薬指の指輪を外してから待ち合わせ場所へ向かう。

 

歩いていると彼を思い出して胸がドキドキしてくる。

 

待ち合わせ場所の駐車場に彼の車が止まっていた。

 

彼と出逢って2年。

 

彼と会うことのできる月に一度だけの特別な日。

 

彼の車に乗ると、ホテル前に軽くドライブ。

 

離れて暮らす旦那や娘の事はもう頭から消えてる。今は彼の女。

 

20分ほど走ると海岸に着いた。

 

車を止めると、いきなり熱いキス。舌をぐいぐいと絡ませて私の口を犯してくる。

 

「会いたかった?」

 

「・・・・うん」

 

彼に唾液を流し込まれ、ゴクゴクと全て飲み干す。

 

もう興奮で息が止まりそう。

 

「ノーパンで来た?」

 

「・・・・・・」

 

「見せて?自分でスカート捲り上げて」

 

こんなアブノーマルなことは人生で一度も経験がなかった、彼に出逢うまでは・・・・

 

もう私は彼のいいなり。

 

「足乗せてM字に開いてごらん?」

 

「・・・こ、こう?」

 

「そうそう。もう濡れてるじゃんスケベ」

 

そしてまた熱いキス。

 

外から丸見え。
海岸沿いを散歩していたお爺さんがニヤニヤしながらこっちを観ていた。

 

彼もそれに気づいてるのに、首筋へまたキス。

 

彼の手が、腰からスカートのお尻へと。

 

お尻の割れ目に沿って、指先が動く。

 

時折、指先が濡れたクリトリスにぴしぴしと当たる。

 

彼の股間を触るともう硬くなっている。嬉しい。

 

「すごく硬い・・・・」

 

彼が視線を合わせる。

 

彼がゆっくりとズボンのチャックを降ろすと私の頭を抑えて股間に導く。

 

「ここで?観られてるよ?」

 

「我慢できない」

 

彼のいきり立ったペニスに唇を這わせる。

 

単身赴任妻の浮気小説

 

お口を大きく開いて野太いソレを咥える。

 

ゆっくりと愛情を込めて奥まで咥えていく。

 

わざと音を立てて吸い上げてあげてみると、彼の下半身に力が入る。

 

感じてくれているー
と嬉しくなる。

 

そして彼はビクッビクッと小さく震えながら私の口に証を残していく。

 

すべて受け止める。

 

ゴクリ・・・彼のものなら、飲んであげられる。

女ってそんなもの。

 

散歩中のお爺さんは相変わらずこっちを覗き込みながら自分で股間を触っていた。

 

ホテルへ向かう。

 

食事を済ませた後に、彼が予約してくれたホテルの最上階の一室から夜景を眺める。

 

幸せ過ぎて涙が出そう。

 

そしてまた、熱いキス。

 

服を全部脱がされ、全身を優しく愛撫してくれる。

 

久しぶりに女に戻れた自分に気づく。

 

両足を押さえつけられ、股の間に頭が入ってくる。

 

触れるか触れないかぐらいの強さで舌先がクリトリスを舐め回してくる。

 

ズルッズルッと吸い上げられる。

 

あまりの快感に恐くなって身体が逃げようとするも、両足が押さえつけられている。

 

今度は舌先が中にまで進入してくる。

 

「ああ・・・あああっ・・・」

 

彼だけが女の悦びを与えてくれる。旦那には無理。

 

何度も絶頂を味わったあとに、正常位で貫かれる。

 

彼は避妊具を着けようとしてくれるけど、私が拒否した。

 

愛の証を受け止めたい。

 

今日二度目の証を中で受け止めたあと、休憩する彼の隣で義母に電話を掛けた。

 

「少し遅くなりそうです」と報告したあと、また彼と抱き合う。

 

投げ捨てたケータイが鳴っているので見ると、旦那からの着信。

 

邪魔。今は彼の女なの。

 

忙しい彼とは月に一度しか会えない。

 

その一日のために残りの30日を頑張ろうと思える。

 

ありがとう。

 

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントは2件です

  1. 25 より:

    浮気まーんの脳内美化は恐いw

  2. ハゲ山 より:

    陶酔しちゃってる感がキモいっすーーーー★

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング