ホーム » OL・社会人 » 【胸糞】取引先のOL(24)をレイプして小便飲ませてやりましたwwwwwwwwww

【胸糞】取引先のOL(24)をレイプして小便飲ませてやりましたwwwwwwwwww

読了までの目安時間:約 8分

olのレイプ体験談

 

[99]: PPAPさん(山口県)からの投稿 2016/10/26(水)

34才、サラリーマン、趣味はナンパ。

 

とにかく昔からハードルは高いほうがいいので。 誘うなら全く自分とは無縁の、 見た目最優先で選んだ相手をナンパするようにしてきた。

 

先週アポなしで訪問した企業の 受付で待たされているときに話した 担当の女の子が可愛くて。 そりゃもうロックオンだね。

 

名札を見ると“立花真理”、 いくつくらいだろう?24才かな。 セミロングで胸が大きい。

 

クチビルが少し厚めに見えるのは 口紅のせいか。誰もかれも 石原さとみ風に仕上げたって、 男はそんなとこ見てないのにね。

 

顔とスタイルと髪型さえインプットすれば、 あとは退社時間に社員通用口で張ればいいだけ。

 

 18時23分。

 

 会社から出て来た。同僚とふたり連れ、 尾行開始。

 

駅の階段や改札、乗る車両や立ち位置も 全て覚えた。

 

乗り換えひとつで お、この駅で降りるのか。 一緒に降りて、改札は3人ほど間に入れて。 駅前からバス、5つめの停留所で下車。 あとは徒歩、真っ暗じゃん、家も少ないし。

 

部屋も確認、ハイツの2階か。 ということは、部屋に押し入ると 周りにすぐ声が漏れるから やっぱり帰り着くまでだな。 クルマ用意して拉致るか。

 

あれ、目的がナンパじゃなくなってる(笑)。

 

決行の当日はあいにくの雨、 それでもやることにした。

 

駅前でバスに乗り込むのが見えるところで待機、 あ、来た来た、あれだ。

 

動き出したバスを追う。 5つめの停留所、ひとりが降りた。

 

こいつだ、セミロング。 ライトを消して先回りする。 角を曲がったところへクルマを停めて 彼女が横を通り過ぎるのを待った。

 

足音が聞こえてくる、手には薬をしみこませた布。 今だ!ドアを飛び出して背後から顔に布を当てた。

 

テレビドラマの様に一瞬で気を失うことはない。20秒ほどか、 大した抵抗もせずヒザから崩れ落ちた。

 

興奮で手が震える。

 

抱き上げて後部座席へ、すぐに大きな袋を 頭ごと上半身にかぶせてクルマのアクセルを踏んだ。

 

騒がれたら面倒なので廃工場の一室に連れ込み、 作業テーブルの上に彼女を置いた。

 

服は全部脱がして、手と足をロープで縛り テーブルの足とつないで完全に固定した。

 

持ってきた灯りを探す、スイッチを入れる。

 

大体このタイミングで 誤って別人を拉致ってるオチがありそうなものだが、 そういうミスをオレはしない。

 

「・・うぅ、う~ん。。」

 

起きたか。胸からいただくことにしよう。 意外と乳輪が大きくて乳首が小さい。 Fカップはゆうにある、手のひらに収まり切らない。

 

左の乳首に舌を這わせながら 右の乳房を揉む。

 

彼女の目は見開いたまま、 何も言葉を発せずにこちらのやることを見ている。

 

舌をへそに滑らせて周りを舐める。 乳首は隆起して固くなった、マグロではなさそうだ。

 

レイプ体験

 

テーブルの上にオレも乗った。

 

彼女の脚の間に正座し、両手で内ももを押し広げる。

 

目の前の割れ目が開いていく、その真下の穴も 晒されて赤く膨らんでいる。

 

じっくり匂いをかいだ。 以前、無臭の女がいたのにはびっくりしたが、 ほとんどはそいつの生活臭みたいな 匂いを発する。

 

たぶん、これが 男をその気にさせる原因だと。 だから、キライじゃない。

 

クリトリスを下から舐め上げた。 その一回だけで皮から飛び出し勃起している。 ずいぶんとイジりグセのついたクリだ。

 

日頃のオナニーのせいだろう。 そのことを問い糾すと初めて 「恥ずかしい。」 と言葉を吐いた。

 

そうだよ、 それでいいんだ。 お前はもう自分の力では何もできない 女になったんだ。

 

オレを満足させればいい。 フェラしろとかケツを突き出せなんて オレは要求しない。お前の体の 穴という穴を犯し続けるだけだ。

 

自分の肉棒を取り出した。

 

アナルから突き刺すのがいい、 裂けた入り口の肉が二枚ほどめくれて それのピンク色が血に染まっていくのが 興奮を駆り立てる。

 

血は拭わないし、漏れ出たクソもそのまま。 いいローション代わりになって 前の穴に入れるときに役立つ。

 

亀頭を肉ひだに当てた、一気に貫いた。

 

ぎゅる、じゅるるぅ、という妙な音が鳴ったが あんまりカンケーない。

 

ぎゃあぎゃあとわめいているのは、 内壁が崩れたからだろう。 生理のときは必ずそうなる。

 

射精は口の中にすることに決めている。

 

ヨダレのように口元からこぼれ出すのを 見るのがたまらないからだ。

 

今夜の肉棒にはいろんなものが付いていて それを頬張れるんだから、彼女は幸せだ。

 

穴をさんざん突き倒したあと、引き抜いた肉棒を 彼女の口に持っていく。

 

絶対に開けようとしない。 右のフックで左の奥歯をへし折る。

 

「左も食らいたいか?」

 

うがうがいいながら首を横に振る。

 

「開けろ。」

 

震えながら開いていく深い穴に むりやりドロドロの肉棒をねじ込んでいく。 嗚咽する。まだ奥へ突き入れる。

 

ノドの入り口に亀頭が届いた。

 

ようやくピストンに移れるよ、 ぐりぐり当てこすりながら 下アゴが外れるくらい肉棒を撃つ。

 

後頭部が何度もテーブルに当たるので 髪をつかんで少しぶらさげてから、 また容赦ないピストン。

 

ときどき ノドより奥に亀頭が侵入して、そこから 引き抜くときのカリの引っ掛かりに ゾクゾクするよ。いいもん持ってるな。

 

そろそろイキそうだ、飲ましてやる。

 

大量に放出される精子、ノドから口の中から そして鼻の穴からも白い液が噴き出している。

 

「イッたあと必ず小便したくなるんだ。」

 

今度は鼻から黄色い尿が ダラダラ垂れ落ちて止まりそうにない。

 

次はどうしてやろうか。 まだ動いてるからだいじょうぶだろ。

 

カテゴリ:OL・社会人の最新記事

カテゴリ:無理矢理・レイプ体験の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング