ホーム » JK・JD » 【悲惨】M字拘束での乳首クリップ責めで悶絶失神した女の末路・・・・・・・・・・・・

【悲惨】M字拘束での乳首クリップ責めで悶絶失神した女の末路・・・・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 6分

乳首クリップのsm体験談

 

[99]: 小百合さん(滋賀県)からの投稿 2016/11/12(土)

大学4年生の頃、8歳年上の彼にSMの世界へ導かれました。

 

ある日は、両足をM字開脚で閉じられないように緊縛されました。

 

「乳首を締めるクリップ、痛くないように締めてあげるから・・・」

 

私の乳首を吸い上げ、舌先で転がして固くして、クリップで締めてきました。

 

痛さと快感が混じり、思わず声が出てしまいました。

 

まるで、乳首にピアスをしたように見えました。 ピアスのように見える部分に彼が紐を通したかと思うと、それが天井からぶら下がる輪っかに通されて、おもりのようなものをつけられました。

 

私の乳首は締め上げられたまま引っ張られ、強烈なイタキモ状態に置かれました。

 

すると、そのおもりが振動し出して、乳首に刺激を与えました。 私は、その異常な淫らさに感じてしまいました。

 

「小百合、気持ちいいかい?クリにもしちゃおうか?」

 

彼が乳首のそれよりも小さいピンのようなもの見せました。

 

「これでクリを剥き出して締めるんだよ。」

 

想像するだけで感じてしまい、 「ああん・・・」 と暗におねだりしてしまいました。

 

彼がクリを剥き上げ、 「小百合、もうこんなにコリコリになってるじゃない・・・」

 

私は、ピンのようなものを装着されるときに弄られてる時も感じてしまいました。

 

「すごくいやらしい・・・クリがむき出しでプックリとなっている・・・」

 

勃起したクリを剥かれて、小さな輪でキュッと締められ、飛び出ているのでしょう。

 

乳首とクリから、今まで感じたことのない強烈な快感がやってきて、息を荒げていきました。

 

「まだ何もしてないのに・・・凄い喘ぎだね・・・」

 

彼が、剥き出たクリをペロリと舐めました。

 

「ひいぃっ!」

 

縛られて身動きできない私は絶叫し、彼はクリトリスを舐めつづけました。

 

「小百合・・・我慢できるかな?」

 

乳首を締め上げられて振動を与えられ、クリは締め上げて剥き出されて舐められていました。

 

「いやーーーっ、い、逝っちゃうーーーーーーっ」

 

私は、あっけなく逝ってしまいました。

 

「小百合、もっと我慢しなさい・・・」

 

彼は私のアソコに指を入れ、Gスポットを指で擦ってきました。

 

失禁しそうなほど強い快感に、 「ひいぃぃぃぃーーーー」

 

「我慢しなさい・・・・」

 

「む、無理よ・・・」

 

彼がローターを持ってきて、締められて剥き出しのクリに、ローターを触れさせました。

 

「いやあぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーっ!」

 

金具で乳首を引っ張られる女

 

仰け反る私を見ながら、ローターの触れ方を変えていました。

 

「くうっ・・・ううぅぅぅーーーーーーーっ」

 

再び逝ってしまいました。 逝った後も、乳首は振動され続けて感じていました。

 

今度は彼がペニスをアソコに入れて、Gスポットを強く突きました。

 

「んああーーーーーーっ」

 

Gスポットを突かれながら、ローターをクリに当てられました。

 

「ひぎゃああーーーーーーーーーーっ・・・いっ、いくっ、いっちゃうーーーーーーーーっ」

 

硬直と痙攣を繰り返す私に、 刺激を受け続けて腫れたクリにローターを押しつけながら腰をパンパン打ち付けました。

 

「いやーーーーーっ!んんんんーーーーーーーーっ!」

 

ガクガクガクガクと痙攣しながら、意識が遠のいていきました。

 

--------------------------------------------------------------

 

 

「小百合、これ、お前に似てるよなぁ・・・」

 

 ある日、夫が再生したのは投稿雑誌の付録のDVDでした。

 

そこには、ラブホテルで足をV字に開かれて、ベッドに括られて、乳首を締められて上部に引っ張られて、モザイクで何かは見えませんが、クリに何かつけられて激しく悶えていました。

 

それは、大学4年だった10年前、当時の彼氏にマゾ調教を受けた時の映像でした。

 

アソコと目にはモザイクがかけられていましたが、間違いなく淫らに感じて潮まで吹いている若い女性は私でした。

 

私は、あの時に撮影されているとは知らなかったので、激しく動揺しました。

 

幸い、撮影された年月日などの情報が画面には出ていませんでしたし、そんなDVDを持っていた夫に、 「ちょっと、そんなの買ってきたの?スケベね。でもその女の人、かなり若くない?」

 

「そうだな。女子高生ではないだろうから、20歳くらいなのかな?俺も、お前にこんなことしてみたいな。」

 

ドキッとしつつ、少し嬉しい私でした。

 

もしかしたら、そのうち、夫は私を縛って強烈な責めをしてくれるかもしれません。 期待しちゃいます。

 

カテゴリ:JK・JDの最新記事

カテゴリ:S男とM女の体験談の最新記事

カテゴリ:緊縛・拘束の最新記事

コメント1件

  1. S より:

    いいですね~。話の流れがサイコ~でした

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング