ホーム » 妻・彼女 » 【マジキチ】変態SMサークル会員のM男とM女が結婚した結果・・・・・・・・・・・

【マジキチ】変態SMサークル会員のM男とM女が結婚した結果・・・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 4分

m男とm女のカップル体験談

 

[99]: 名無しさん(神奈川県)からの投稿 2016/11/19(土)

8年ほど前にとあるSMサークルに入りました。

 

そのサークルはSM愛好家が集まって語り合う・・・というより乱交サークルに近いものでした。

 

M男として入会後、初めての集まり。

 

目の前で1人のM女さんがS男性達のオモチャとなっていた。

 

彼女は35歳の人妻で秀美さんという方だった。

 

そう、現在私の妻である秀美なのです。

 

はじめて目にした秀美の姿は、黒いブラジャーとガーターベルトに網タイツで陰部をあらわにした格好。

 

犬のように四つん這いで膣と肛門からドロドロと精液を垂らしていた。

 

髪の毛にも夥しい量の精液が付着し、唇からも涎のように精液を垂らす秀美。

 

そんな秀美の膣口へ、何人目かの男が秀美の手首ほどもある陰茎をあてがい、「秀美。どうされたいんだ?言え。」

 

「入れて下さい・・・太くて硬いチンコを・・・あたしのオマンコの奥目で・・・突っ込んで。あああんんんん・・・太いわ・・気持ちいいわ・・」

 

ずぶずぶと根元まで挿入され、激しくピストン運動が繰り返され、秀美の腹部と太ももがピクピク痙攣を始めた。

 

避妊具なしで一体何人の男たちの精液を、身体の中に受け入れさせられているのか。

 

やがて男は秀美の中に射精し、亀頭から滴る精液を秀美の口元へ近づけた。

 

その巨大な亀頭を口に含み、舐め続ける秀美。

 

男たちの精液で汚された秀美の乳房や腹部と豊かな臀部には、赤黒く縄目が着いていた。

 

行為の最中、フラッシュが断続的にたかれ、秀美のあえぎ声と男の声が・・・。

 

「秀美。お前は俺の奴隷だ。」

 

「そうよ・・あたしは、あなたの奴隷よ・・・もっと恥ずかしい事も・・何でもするわ・・」

 

目の前でひたすら男達に種付けされる秀美。

 

当時の秀美の旦那さんの気持ちを考えると、勃起が収まらなかった。

 

自分が仕事している最中、愛する妻が変態サークルの男達に種付けされている・・・・それを知ったらどんな顔をするのだろうか。想像するだけで胸と股間が苦しくなった。

 

翌年、秀美は離婚してしまった。その次の年に、サークルメンバーの許可を貰って秀美と入籍した。

 

もちろん、サークルには現在も在籍しており、月1の集まりにも参加している。

 

オレは行かない。妻がどんなことをされているのか自宅で想像するんです。

 

ザーメンの匂いをプンプン漂わせて帰宅する妻を思い切り抱いて愛するんです。

 

 

 

カテゴリ:妻・彼女の最新記事

カテゴリ:寝取り・寝取られの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング