ホーム » JK・JD » 【SM】現役東大生(23)のマゾ奴隷願望を叶えてあげた結果wwwwwwww

【SM】現役東大生(23)のマゾ奴隷願望を叶えてあげた結果wwwwwwww

読了までの目安時間:約 6分

高学歴女子の調教体験談

 

[99]: 三木@調教師さん(埼玉県)からの投稿 2016/11/24(木)

掲示板で知り合った、マゾ奴隷願望があるという女と初めて会った。

 

待ち合わせは駅前で、そのまま近くの喫茶店に入ったのだが どうも様子がおかしい。 真面目というにはあまりにも人に擦れていない感じだ。

 

トシを聞くと23才だと言った。

 

一浪して大学生くらいか? 違うと言い、今は大学院の1年目だそうだ。

 

オレは高校を中退して職人の道を選んだので 実質中卒。学歴社会とは何ら関係がない。

 

その点で社会に出てから差別に会うことは多い。 もらう給料もそうだし、何かにつけて見下される。

 

学歴が欲しかったとは思わないが、 学歴があるヤツには少し腰がひけてしまうようになっていた。

 

その女は、東京大学に通っていると言った。

 

その言い方に得意げな雰囲気はない。 ただ自然に、それが当たり前かのようにさらりと 言ってのけたことが、しゃくに触った。

 

 女の希望通り性奴隷にしてやる、そう決めた瞬間だった。

 

カラコンを入れているわけでもなく、普通にメガネ女子だ。アブノーマルな経験は一切ないという。

 

ホテルに入って服を脱がす前に そのメガネを奪い取ってやった。

 

急に視力を無くした生き物のように周囲をきょろきょろと見回し、 極めて怪訝な、そして不安な顔をした。

 

オレはそういう感情表現が気にいらない。平手で左の頬をぶってやった。

 

びっくりした顔になったので、もう一度、今度は 右の頬を思いっきり平手打ちした。

 

床に倒れてうずくまる女、そのかかとを 蹴飛ばしてやった。

 

「やめてっ」 と叫んだので、上にのしかかってアゴをつかみ、 「誰に向かってものを言っている?」 と凄んでやった。

 

 これを待ち望んでいたかのような目で息を荒くしだした。

 

怯えたような虚ろな目、これが心地良い。

 

気持ちいい、支配している気分だ。

 

スカートをめくってショーツを丸出しにした。

 

よつんばいのまま、ケツを突き出させて 叩きまくる。バチーンと大きな音を響かせた後、 何度も何度もケツを叩いてやった。

 

オレの右手の手形がケツに赤く型取られていく。

 

いやだいやだと連呼している声が、 オレにとっては叩いて欲しいと願っているようにしか聞こえない。

 

パンストをびりびりに引き裂いてやった。 そのままショーツをずり降ろして 大きく脚を開かせ、割れ目の奥の奥まで晒してやった。

 

高学歴女を陵辱した体験談

 

穴に指を2本入れて、上下左右に激しく振ってみた。 穴がむりやり広げられていく。

 

処女ではなかったが、膜の残りが膣にこびり付いていた。 あまり経験はないのか、それはそれで嬉しかった。

 

指を3本に増やして根元まで深々と突っ込んでみた。

 

そして、ぐりぐりとかき回しながら 中に満ちつつある愛液を指先で味わった。

 

ふと、前を見るとクリトリスが床に向かってぶら下がっている。 皮からはみ出て、なんという大きさなのか。

 

「お前、オナニーばっかりしてきたんだろ?」

 

そう問いかけると女は首を横に振った。 肯定はしない、するはずがない。

 

淫乱な自分を認めるほど、オレに心は許していない。 そういうやつをめちゃめちゃにしてやりたい。

 

オレの今までのセックスは全てそうだった。 満ち足りない感覚を埋めるには、相手の女の 狂う姿を目の当たりにする以外になかった。

 

この東大女もそういう目にあうのだ。

 

中学しか出ていないオレに陵辱され尽くすのだ。 ざまぁみろと思った。

 

愛液に濡れた2本の指を そのまま女の口に入れてやった。 薄汚い味が口の中に充満しているだろう。

 

「ゆっくり味わえ、お前のオマンコの味だ。」

 

うがうがと声を出して抵抗しようとしていたが、 力ずくでノドの奥まで指を入れてかき回してやった。

 

抜くとゴホゴホと咳を繰り返す。

 

それが止む前に、今度はペニスを女の口へ挿入した。

 

「おいしいですと言え。」

 

何も言わないので、くわえさせたペニスをノドより奥へ 突っ込んでやった。ゲホゲホと吐きかけている。

 

「おいしいです、だ。言え。」

 

「・・おい・・ひい・・で・・す・」

 

ペニスを抜いてから、もう一度催促した。

 

「あなたのペニス、、おいしいです・・」

 

「もっとしゃぶりたいです・・」

 

「あなたのチンポを舐めさせてください・・」

 

「そのタマタマを、頬張りたいです・・」

 

「あなたのアナルに舌を入れて、うんち汁を味わいたいです・・」

 

女はこちらの言う通りに応え、そしてその通りの行動をした。

 

どんなM女になっていくのか、本当に楽しみだ。

 

これまでの人生の中で、性欲だけが増していったのか? この女の変わり様に、オレは満足した。

 

カテゴリ:JK・JDの最新記事

カテゴリ:S男とM女の体験談の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング