ホーム » JK・JD » 【体験談】JKですが、イラマチオ専用の性処理道具にされてます・・・・・・・・・

【体験談】JKですが、イラマチオ専用の性処理道具にされてます・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 4分

女子高生をイラマ調教

 

[99]: 杏奈さん(宮崎県)からの投稿 2016/12/11(日)

高校3年生の時でした。

 

短大進学の為に親がつけてくれた家庭教師の健二さんに犯されました。

 

その日は両親が法事で出掛け二人だけで留守番がてらに勉強してると突然髪の毛を撫でられて顎をグイっと引き寄せられキスされました。

 

キスの経験は何度かありましたが健二さんのキスは今まで経験した事無いような甘く気持ちよいキスでした。

 

慣れてるんでしょうね、舌を入れられ歯茎や舌を強弱つけて吸われ快感にしたっていると胸を揉んできてブラウスのボタンをはずし始めました。

 

ブラをずらして直接胸を揉んできて乳首も摘まみグリグリされました。

 

私の一番感じる乳首を刺激されるとため息が漏れてしまいました。

 

感じてると思った健二さんはスカートを捲り上げパンツの上から陰部を撫でるようにしてました。

 

「随分濡れてるね」の言葉にカァッ~と体が熱くなりました。

 

乳房、乳首を愛撫され、恥ずかしい部分も愛撫されてると鼓動が早くなり血液が全て頭の方に上ったみたいにボ~としてきました。

 

いつの間にかパンツを脱がされていて健二さんは下にしゃがんで陰部を舐めてきました。

 

「やめて汚いから」と言うと「由里子ちゃんのは汚く無いし美味しいよ」って言って舐め続けていました。

 

初めて性器を舐められて気持ちいいものだと知りました。

 

めくるめくる快感が襲って来ました。

 

すると健二さんがちんぽを出して私の前に持ってきて「舐めてくれ」と言いました。

 

初めて見る男性のちんぽ、しかもビンビンに勃っていてちょっと引きましたが少し興味もあったので掴んでみました。

 

硬くて熱があるような感じでした。もう心臓バクバクでした。

 

舌で先っぽをペロペロと舐めて口の中に咥えてみました、すると健二さんが頭を掴んで前後に動かしてきます。

 

喉の奥まで入れられるとゲホッとなりちんぽを口から吐き出しました。

 

「苦しいよ・・・」

 

「大丈夫、こういうのも気持ちよくなるから」

 

 

そう言って健二さんはまた私の頭を掴むと、根元までちんぽを口の中に入れて来ました。

 

もう苦しくて苦しくて「おげっっ」って何度もえづいたんですが、「もうちょっと我慢して」と言って更に奥まで入れられました。

 

そして気持ち良さそうに腰を振って出し入れしてました。

 

そして、そのまま喉の奥に射精されました。

 

息が吸えなくなって精液を吐き出すと、「ちゃんと飲まないと」と言ってまた咥えさせられました。

 

来週もフェラチオの練習をするらしいです。

 

 

 

カテゴリ:JK・JDの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング