ホーム » M男とS女の体験談 » 【M男】7日間の寸止め拷問後にやっと射精許可を頂けた話

【M男】7日間の寸止め拷問後にやっと射精許可を頂けた話

読了までの目安時間:約 7分

寸止め地獄の体験談

 

[99]: 太郎さん(栃木県)からの投稿 2016/12/13(火)

オレも妻も30才を少し越えたばかりで、まだまだ若い。

 

若いからセックスの回数も多い。週に5回は最低でもする。

 

それなのに、今週オレはまだ1度たりともイッていない。

 

もうペニスもタマも引きちぎれそうなくらい膨張している。

 

ジンジンと痛みが走るようになったし、昼間働いているときでも勃起が続いていた。

 

これ、ずっと勃起していたらそのうち立たなくなるんじゃ?と心配になってきた。

 

1週間前、何故かわからないが、妻は変わった。

 

オレがイこうとしても、ペニスの根元をギュッと握る。

 

ドクンドクンと腰を振ってしまっているのに亀頭からは精液が射出できない。

 

逆流してまたその場に居続けるようになる。

 

厳密には、男性の精子は、放出しなければ養分として身体に取り込まれるらしい。

 

亜鉛とかの成分だから、髪の発育要素として再利用されるようだ。

 

オレの精子は髪になったのか、かなり虚しい話だ。

 

精子はセックスでこそ活かされる。オレはペニスから放出したいのだ。

 

そのイライラが妻にはわかっているはず。

 

それなのに、やはり今夜も射精を許してくれないようだ。

 

1度尋ねてみたら、「私はイッてるわよ(笑)。」

 

ニヤリと意地悪そうに笑ってはぐらかした。

 

なんなんだ?オレは痛いんだぜ?オレはイキたいんだよ!

 

妻を押さえつけてバックから入れた。

 

バタバタともがいているものの、すぐに感じ始めて喘ぎ出す。

 

なんだよ、自分はそんなに感じているくせに!と腹立たしかったが、もっとイラつくのはすでにイッているのだ。

 

まただ、2回目。妻は劇的に感じやすく1度のセックスの間に何度でもイケる体質だ。

 

だからといって、自分だけでいいなんて理屈は通らない。

 

よし、今夜はオレも!と思った矢先、妻は自分からペニスを抜いて、ふとんの中にもぐりこんでしまった。

 

なんということだ。オレは放心状態になった。

 

またイケない。イカせてもらえなかった。

 

7日めの朝、もう我慢がならないので妻に詰め寄った。今夜はどうしてもイカせろと。

 

「え?“イカせてください!”でしょ。」

 

そのひと言に愕然とした。

 

妻はオレの射精管理をして服従させたいのか?

 

ああ、朝なのにペニスが熱い。

 

妻をこの場で襲って犯してしまいたい衝動に駆られた。

 

尿道が熱いのは何故だろう?精子や我慢汁が満ち満ちているのではないのか。

 

ああ、出したいッ!ただ、オナニーだけはしたくなかった。

 

理由は自分でもわからないのだが、妻に、妻にしてもらいたかった。

 

この時点で、オレはすでに妻に支配されているのかもしれない。

 

射精を寸止め調教

 

そんな関係に陥るとは、結婚当時は想像もできなかった。

 

普通に優しい女性、何の文句も言わず、ただ微笑んで隣りにいてくれる女性だった。

 

それが、そんなことを考えていただなんて。

 

仕方なく会社へ向かった。真っ直ぐに歩けない。

 

溜まり過ぎだ。こんなことは今まで経験したことがなかった。

 

職場に着いても仕事が手につかない。

 

うつろな、ピントのぼやけた感覚が頭から離れない。

 

「だいじょうぶですか?」

 

事務職の女子職員が心配して声をかけてくれた。

 

その子と目が合って、ドキッとした。

 

女性なら誰でもいいわけではないんだ。この子では股間に全く響かない。

 

こんなにカワイイ子なのに、オレは妻にしか反応しなくなっていた。

 

仕事が終わって帰路に着いた。玄関のドアを開けて室内に入る。

 

この時間帯ならキッチンで料理の準備をしているだろう。

 

覗いた。でも妻の姿はなかった。

 

トイレでもバスルームでもない。

 

声を出して呼んでみた。

 

返事が無い。なんだこの焦燥感は。

 

2階に上がってベッドルームへ飛び込んだら、そこに全裸の妻がいた。

 

やはりこっちを向いて微笑んでいる。

 

妻はわかっていたんだ、もうオレが限界なことを。

 

そして、それもこれも妻がオレをコントロールし支配していることを立証していた。

 

ベッドに押し倒し、股を割いた。

 

小陰唇がめくれあがっていて、濡れている。

 

オレの唇がそれらを掻き分けて割れ目を上から下へ、舐めに舐め尽くした。

 

クリトリスに歯を立ててやった。

 

激しくのけぞる妻、容赦なくペニスを膣に突き立ててやった。

 

割れ目が裂けてしまえばいいと思った。

 

二度と閉じることができないオマンコにしてやると。

 

でも、その激しいピストンの中で、妻は言った。

 

「今夜はイッていいのよ。」

 

ああ、やはり支配されている。

 

ああ、そして許された。

 

次の瞬間、オレの精嚢は完全に収縮し、そこに溜まっていた全ての精子を子宮に向かって注ぎ尽くした。

 

膣を通って余った精子が逆流している。

 

白い水飛沫のように延々噴き出して、それから垂れ流しになった。

 

止まらない、止まるわけがない。

 

射精は30秒を超えた。

 

溢れた精子がシーツをグショグショに濡らしていた。

 

カテゴリ:M男とS女の体験談の最新記事

カテゴリ:妻・彼女の最新記事

コメントは2件です

  1. 磯部麻美 より:

    私も似た願望を持っています。
    6日間、自分より小さい男の顔に座ってクンニさせて何度もイきながら、小男は手コキで寸止め。
    麻美様!と呼ばせて服従させる。
    けど、7日めは、アタシへの欲望と怒りを溜め込んだ小男に後ろ手に縛られ
    「磯部麻美は、本当はマゾの淫乱女です。いやらしいメス犬や変態肉奴隷として責めて欲しかったんです。お願いします!麻美のスケベなオマ○コもアナルもイジくって!おちんぽ突っ込んで精子ぶっかけて!」と泣いて犯されるとこ想像しながらオナってます。

  2. 太郎 より:

    麻美さんこんばんわ。
    それ、堪りませんw
    そんなプレイを一度でいいから経験してみたいものです。
    麻美さんはSなのでしょうか?M?

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング