ホーム » JK・JD×調教 » 【体験談】ノーブラ登校を義務付けられている巨乳JK奴隷の末路・・・・・・・・・

【体験談】ノーブラ登校を義務付けられている巨乳JK奴隷の末路・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 3分

ノーブラで学校に通う女子高生

 

[99]: 恵美子さん(新潟県)からの投稿 2016/12/17(土)

私が17歳の高校2年のときの話です。

 

叔父(母の弟)が我が家に同居していて、当時31歳でした。叔父が入浴していると、「恵美子、恵美子」と私を呼ぶ声が聞こえました。

 

風呂場に外から私が「何?」と言うと、 叔父が「背中流してくれ。」と言うのです。

 

私は叔父のことが嫌いではなかったし、まあいいかとおもって浴室に入ると最初は背中を洗うだけだったのが、私の手首をつかみ、「恵美子も一緒に入れ。」と言われました。

 

私は彼氏がいたのだけれども、そういうことにも興味があったので、つい「うん。」と言ってしまいました。

 

私も裸になって風呂場に入ると、叔父は嬉しそうに「俺が洗ってやる。」と言って、手のひらにボディソープをつけると、私のCカップの胸をまさぐって洗いました。

 

次に、あそこも洗ってくれました。

 

何だか気持ちよくなってくると、「もう、ヌルヌルだぞ。」叔父が言いました。

 

「恥ずかしい」と私が言うと 「お前は処女か?」と叔父が聞いてきました。

 

こくんと頷くと、叔父はキスをしてきました。実はファーストキスでした。舌を私の口に入れてきて、なんだか頭がくらくらしました。

 

叔父が抱きついてきて、ソープがついたまま、体をあわせてきました。

 

そのまま、処女を喪失しました。お風呂から上がると、バスタオルでお互いの体を拭くと、叔父が全裸のまま、全裸の私を抱きかかえて、ベッドまで連れて行かれました。

 

処女を喪失したその日に叔父に1晩中抱かれました。いろいろな体位を教わって、「これからもよろしくな。」と言われました。

 

次の日から、叔父からはノーパンノーブラでいるように命令されました。

 

断ればいいのに、そういうプレイに少し憧れていた私は言われた通りにノーパンノーブラで学校にも行くようになりました。

 

友達からも「なんでノーブラ?W」とよく言われますが、適当な言い訳で逃れています。

 

あれから一年経ちますが、生理に日以外は必ずノーパンノーブラ。そして叔父に抱かれています。

 

叔父に抱かれるようになってから急速に胸が大きくなってしまい、今ではFカップあります。

 

ノーブラノーパン登校も限界に近いので叔父に許しを貰おうとしたのですが、パンツは穿いていいとのこと。

 

ブラはまだ着けさせてくれません・・・

 

カテゴリ:JK・JD×調教の最新記事

カテゴリ:S男とM女の体験談の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング