ホーム » S男とM女の体験談 » 【体験談】イケメン粗チンのドS男に調教されてみた結果wwwwwwww

【体験談】イケメン粗チンのドS男に調教されてみた結果wwwwwwww

読了までの目安時間:約 7分

短小ペニスのイケメン

 

[99]: 玲子さん(熊本県)からの投稿 2016/12/21(水)

27才OLの私が出会い系で探すのは、キレッキレのSなイケメン様のみです。

 

毎晩のように探しているんだけどヘンタイは釣れるものの、狙い通りのがゲットできません。

 

もう死滅しちゃったのかな、別の出会い系に移ろうかな、と考えていたら!素晴らしいプロフの男性を見つけてしまいました。

 

年齢もさほど離れていないし、住んでる場所が近い。

 

これは即会いましょう!会えるでしょう!と早々にLINE IDを交換しました。

 

週末の夜、とあるバーで待ち合わせ。

 

時間通りに店に入ると、カウンター席にすでに座っている男性が。

 

「こんばんは~」

 

凄いイケメンでした。実物が写真よりカッコイイ。

 

こんな掘り出し物があるんだって感じ。

 

名前はタカシさん、29才で商社の営業。

 

すでにチーフの役職をもらって、海外にもどうのこうのと、まぁ本当に理想的なキレっぷりです。

 

どれくらいSなんだろう?と思って、「あの、質問していい?」

 

「いいですよ、どうぞ。」

 

「縛れる人ですか?」

 

「あっ、ハイ。」

 

ああ、もうこれだけでOKです。

 

縛れない自称Sのノーマル男性ばかりだったので、欲求が溜まり過ぎて股間が痛いくらい。

 

早く行こ、ホテルへ行こうよと顔に出るくらいアピールしてみました。

 

「じゃあ、出ましょうか。」

 

本当によくわかっているみたい。

 

こういうイケメンのリードで縛られたら、私どうなっちゃうんだろう。

 

ホテルの部屋に入ったらいきなりキスをされて、そのままシャワールームへふたりで入りました。

 

服を脱がせてもらうのも久しぶり、なんだかすごく恥ずかしい。

 

ブラもショーツも簡単に剥ぎ取られて化粧台へ向かって放られてしまいました。

 

全裸。

 

タカシさんは・・・あれ、何故か黒のTバックを脱がずにシャワーを浴びてます。

 

いいのかな、着替えとか持ってるのかなとちょっと不思議に感じましたが、彼の指と舌使いに、そんなTバックのことなどどうでもよくなってしまったのです。

 

すご、本当にすごい。乳首が勃起してしまっておさまりません。

 

今噛まれたらヤバイじゃん!と思った瞬間にカリッ!

 

(あああ、ああん、もうぅぅ、、)

 

腰からその場に崩れて、立てなくなりました。

 

そんな私をお姫様だっこして、ベッドまで。

 

そこでタオルで拭いてくれるのですが、これがまたいやらしい拭き方を。小陰唇がめくれあがるようにタオルの端を必ず割れ目に触れさせるのです。

 

何度も、左右から拭かれるので私の、、

 

「キミのオマンコ、べろりと舌を出しているみたいだ。」

 

あんっ、ぁあぁんっ、べろりとしてきたのは、タカシさんのほう。

 

めくれた小陰唇の真ん中を長い舌でべろんべろんに舐め上げてくるの。

 

「はああぁああぁあんんんんっっ」

 

間髪入れずにロープを取り出して、ものの3分もかからずにカッチリ縛りあげられてしまいました。

 

ベッドにダルマのように転がされる私、それを見下ろしながら「なんてぶざまな格好なんだ。」

 

(はうぅぅ、、)

 

「オレの足の指を舐めろ、ブタ。」

 

(やあんっ、ブタだなんて、、ああぁぁあぁぁ、、)

私には自分に直撃してくる言葉をかわすだけの余裕がありませんでした。

 

波が、快感の波がどんどん押し寄せてきて、もう、もう、溺れてしまいそうです。。

 

そのときです。

 

彼がとうとう黒のTバックを脱ぎ捨てました。

 

そそり立つ極太ペニスとほとばしる液に酔いしれようとそちら、そう、彼の股間を見つめたのです。

 

が、そこには毛にしかありませんでした。

 

毛って、陰毛でしょ?なぜ毛しかないの?

 

不思議で仕方ありませんでしたが、「入れるぞ、おい、もう貫くぞっ」と叫んでいるので、身を任せました。

 

あ、全然入ってきません。

 

たぶん膣の入り口辺りで指サック程度の肉のカタマリが踊っている、そういうスカスカ感しか伝わってきません。

 

「いいのか、いいんだろ?感じているのか、」

 

彼の言葉だけが部屋に響きます。

 

「クリトリスが肉棒に擦れて濡れまくってるんだろ?」

 

「割れ目から液が垂れ流しになってるぞ。」

 

「中に、中に出してやるっ」

 

しばらくして、「ううっ!」という声とともに彼が私から離れました。

 

彼の股間には、5センチほどの肉片というかシャウエッセンが付いているだけ。

 

一応先っぽから白い液が噴き出していますけど、そんなの子宮まで届いてないから・・。

 

自宅に戻ってからタカシの名前をスマホで探し、LINEをブロックしたのはいうまでもありません。

 

カテゴリ:S男とM女の体験談の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング