ホーム » S男とM女の体験談 » 【体験談】職場で2穴責め調教されたドM看護師の末路・・・・・・・・・・

【体験談】職場で2穴責め調教されたドM看護師の末路・・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 8分

二穴責めで乱れる女

 

[99]: 匿名さん(三重県)からの投稿 2016/12/24(土)

入院したときに4人の看護師が交代でオレのフォローをしてくれた。

 

全員の体には触れてみた。社交辞令のようなものだ。

 

真剣に怒ってくるナースなんかいないし皆よくわかっていて、ニッコリ笑い返してくれる人もいた。

 

その中のひとりを、実は今調教している。

 

セックスが好きそうな顔はしていた。でもここまでとは正直思わなかった。

 

毎日誘っても全然かまわない雰囲気だし、勤務日はこちらから病院まで出向けば、トイレの中や立体駐車場まで出てきて、車内でフェラチオを始めるほどだ。

 

「だって、オマンコ好きだもん!」

 

好きなのはチンポのくせに。

 

まぁいい、徹底的にエロナースに仕込んでやろうと思った。

 

その日、女は夜勤だった。

 

友人の直樹と晩飯を食べてヒマだったので、こういう女がいると教えてやると、すごく興味を持って食いついてきた。

 

今からその病院へ行こう!会わせろ!ということになった。

 

クルマは直樹のハイエースにする。

 

女を呼びつけて車内でめちゃめちゃに犯してやるのだ。

 

「えっ?見るだけなのか?」

 

ガッカリした表情の直樹。

 

そりゃそうだろう、オレの女なんだから。

 

いや待てよ、男ふたりで責め立てるという犯し方もいいかもしれない。

 

女はナース服のままだ。それを無理矢理脱がしていくなんてのは、うんうん、最高だと思った。

 

駐車場の一番端にハイエースを停めて、女にLINEした。

 

業務中だとすぐには返信してこない。

 

そのはずなのに、今どこにいるの?と通知してきた。

 

今夜はヒマなのかも?と淡い期待ではち切れそうになりながら、駐車している場所と車種を教えた。

 

「すぐに来るのか?」

 

たぶんすぐだろう。直樹は一番後ろに隠れて、女が来たら横のドアを開けて真ん中の席に座らせる予定にした。

 

オレは車外へ出て女を待った。

 

3Pなんて初めてだな、どうなるのかなと想像してみたが、妄想しか浮かばない。

 

女が乱れまくって、それに飢えた男ふたりが群がり貪る図。すでに勃起してしまった。

 

女の足早な足音が聞こえてきた。ドキドキが止まらない。

 

向こうから声をかけてきた。

 

「あれれ、こんなクルマも持ってたの?」

 

それには答えず、いきなり抱き寄せてキスをしてやった。

 

もがもが抵抗していたが、次第に体のチカラが抜けていくのがわかる。

 

目付きがトロトロになっている、この女の特徴だ。たぶん割れ目も同じようなトロトロに変わっているだろう。

 

スカートの中へ右手を突っ込んでみた。

 

なんと、ショーツを履いていない。ノーパンでここまで来たのか。

 

そして、割れ目は案の定グチョグチョだった。

 

横のドアを開けて、車内へ放り込む。

 

勢いがあったので、シートの上にオシリをバウンドさせて大股びらきのポーズになった。

 

二穴調教されるm女

 

オレはそのまま両方の足首を握り、背もたれのほうへ持っていった。そこには直樹がいる。

 

直樹は機転を利かして、オレから両足首を受け取った。

 

天井に向けて突き上げられた女のヒール。

 

ノーパンの股間は丸出しになって、ふたりの男の目の前に晒された。

 

「やっ、やだ、この人誰?どうしてここに・・」

 

「そんなこと、気にするなよ。」

 

「やだっ、恥ずかしいもん、やだよぉぉ~」

 

「恥ずかしいやつが、ノーパンで歩いたりするかよ。」

 

「ああんっ、バカッ!」

 

「じっくり見てやるから。」

 

「見ないでッ」

 

「ふたりで穴の奥まで見てやるからさ。」

 

「いやあぁぁぁああぁぁんんんッッ」

 

女の脚はガッチリ固定された。

 

直樹が積んであったトラロープでぐるぐる巻きにして車内の壁とつないでしまったようだ。

 

車内灯を付けたらバレるかもしれないので手持ちのLEDライトで局部を照らしてみた。

 

ジュクジュクだった。

 

まるで淫靡な生き物だ。こんなに濡れているオマンコを見たことがない。

 

この淫乱ナースに完璧に火が着いたんだなと思った。

 

直樹には胸を揉ませようと思っていたのだが、「舐めたい!」の一点張り。

 

その強い意志に応えて、ふたりで小陰唇を引っ張り、クリトリスやアナルを舌を突き出しながら舐めに舐めた。

 

「ああんっっ、オマンコ溶けるぅ~、溶けちゃうぅぅぅ~、、」

 

もうふたりとも我慢ができない。

 

女をヒザの上に乗せて座らせ、バックからアナルにオレのペニスを突き立てた。

 

俺が一から調教した元処女アナルだ。

 

一気に根元までくわえこむ女のアナル、すごい吸い付きだ。

 

直樹は前へ回り込み、オレが抱えている女の割れ目に向けて自分の勃起ニュルニュルペニスを押し当てた。

 

「入れるよ、いいな、入れるぞッ」

 

ズブニュッ!と挿入音が3人の耳に届いた。

 

直樹のペニスが深々と膣を貫いていく。

 

「ぁはあああぁぁぁんんんんっ、ダメえぇぇぇぇーッ」

 

女が叫ぶ。男ふたりは激しく腰を振り動かす。

 

「オマンコ壊れちゃうぅ、アナル裂けちゃうよぉぉーっ」

 

そんなのはどうでもいい、何ならご希望通りに裂いてやる。

 

睾丸同士が触れ合うのは萎えるが、それでもここまで硬く勃起して貫いたのは初めてだった。

 

ものすごい粘着音、引き剥がされる感覚も伝わってきて、頭の中が真っ白になっていく。

 

「イックうううぅぅうぅぅぅぅッッッッッ!」

 

ああ、叫んだのは直樹か。ものの2分で射精したようだ。

 

女のアナルとオマンコを隔てる肉壁を伝って、直樹のナニがピクピク脈打っているのが感じて取れた。

 

俺は決してホモではないが、この時ばかりは興奮した。

 

俺はピストンを続けた。

 

女は職場の駐車場だからか、手首を噛んで必死に声を押し殺していた。

 

オレも、オレももうダメだ。情けないことに5分ほどで女のアナルに射精してしまった。

 

チンポを抜くと、2つの穴から精液が垂れ落ちていた。

 

こんなに感じてしまうのなら、もっと早くから3Pを楽しめばよかったと思った。

 

カテゴリ:S男とM女の体験談の最新記事

カテゴリ:乱交・スワップの最新記事

カテゴリ:女教師・女医の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング