ホーム » S男とM女の体験談 » 【SM】おっぱいスパンキングで母乳を撒き散らすM女の話

【SM】おっぱいスパンキングで母乳を撒き散らすM女の話

読了までの目安時間:約 7分

おっぱいスパンキングの体験談

 

[99]: 友子さん(広島県)からの投稿 2017/01/09(月)

初めて投稿します。出産して1年ほどの人妻です。

 

Fカップでハリのあったおっぱい、子供に吸われて無残に垂れてしまいました・・。

 

形が変わってしまってからは、夫は私を抱こうとしません。そんなに露骨に態度に出さなくてもいいのに。

 

出産して全くのごぶさたになってしまい、私の性欲は抑えられないところまできました。

 

それでとうとう、出会い系サイトに登録するようになってしまったんです。

 

セフレ相手はすぐに見つかりました。

 

私より3才年上ですから、丁度30才の男性。

 

サラリーマンじゃないみたいで、平日の昼間でも会えるというので、早速。

 

私、ホテルですぐに脱がされてしまいました。

 

Sな人だったんです。シャワーを浴びるのを許してくれません。

 

そういうシチュエーション、想像できないわけではなかったんですけど実際にムリヤリされると・・濡れてしまいます。

 

夫は強引なプレイをしない人でしたから、余計に・・。

 

「デカいだろ?」

 

はい、彼が言う通り、ペニスがすごいの。こんなの初めて見ました。

 

ちょっと楕円形なのかな、輪切りにしたら。

 

幅がすごくあるペニスなんです。亀頭のエラも張っていて、尿道からカウパーが垂れてます。

 

まるで、早く私を食べたい!とペニスがしゃべってるみたい。

 

見入ってしまいました。

 

そんな様子を見てニヤついてる彼。

 

「垂れてるね、奥さんのおっぱい。」

 

「や、やぁんっ、そんなひどい言い方しないで。」

 

「垂れてるじゃん。」

 

「垂れてるよ。」

 

「どう見たって、ひどい垂れ下がりだよ。」

 

ああ、なんてひどい人。彼の言葉が子宮を直撃してきます。

 

膣の内壁がジンジンしちゃいます。

 

ああん、やあんっ、濡れ濡れになっちゃいます。

 

「そんなおっぱいは、こうしてやろう!」

 

彼、その太いペニスをぐいっ!と突き出してきて、私のおっぱいにバチンと当ててきました。

 

ギンギンに勃起しているペニス、先っぽから液を飛ばしているペニスを私の垂れおっぱいに・・まるでビンタをするように弾き当て続けるのです。

 

ペニスがおっぱいにめり込みます。

 

おっぱいを叩かれる体験談

 

乳首が押し潰され、乳輪がヘンな形に歪みます。

 

そのたびに音が、バチィィン、バチィィンと鳴り響いて。

 

あああ、打たれてる、私ペニスに打たれてるのぉ、、

 

乳首がどんどん赤く腫れてきて、とうとうその先から白い母乳が飛び散るようになりました。

 

こんなところで撒き散らしちゃうなんて。

 

「おお、すげぇ、乳だ。」

 

彼はスマホを取り出し、動画のスイッチを押しました。

 

そしてまた、ペニスで私のおっぱいを打ち始めたのです。

 

「散ってる、飛び散ってるよ、母乳がぁ!」

 

顔に満面の笑みを浮かべながら、母乳が四方へ飛んでいく様を録画している彼。

 

あああ、もう、乳輪が白く濡れてしまったわ・・。

 

舌を出してペロペロと母乳を舐めています。

 

その舌を私の口にも入れてきて、彼の舌伝いに自分の母乳の味を知ってしまいました。

 

口の中にもわっと広がる甘トロな乳、もう気がヘンになりそうです。

 

「まだまだなんだよ!」

 

バチィィーンッ!すごい音が鳴り響きました。

 

彼、今度は自分の手のひらで私のおっぱいを、叩き始めたんです。

 

容赦なく思いっきり叩かれます。

 

バチィイィィィィーーーンッ

 

「ああっ」

 

バチィィィィィィィィィィィーーーンッッ

 

「いやあぁぁっっ」

 

バッチィィィィィィィィィィィーーーンッッッッ

 

「くああああああああぁぁぁっっ」

 

母乳が大量に噴き出しています。

 

顔にかかりました、髪の毛にも。

 

それでも彼、手を休めようとはしません。

 

すごい、もう耐えられない、ダメ、ダメよ、私のおっぱい、夫に愛されなくなったみっともない垂れ乳・・・

 

あああっ、それを彼は・・彼は・・

 

延々叩き続けるのです。

 

「どうだ?まだか?まだして欲しいだろ?」

 

もう、もう、朦朧として、しゃべれません。。

 

バチィィィィィィィィィィィィンンンッッ

 

「うぁあああぁぁぁぁぁッッッッアアアァァアアァッッ」

 

そこで意識が跳んでしまいました。

 

その後何が起こったか、正確に思い出せません。

 

ただ、今自宅に帰ってきて洗濯物をたたんでいると、内股をすぅーっと液が流れていきます。

 

見ると、白い。ああ、彼の精子です。

 

私、入れられて、中出しされちゃってたんです。。

 

カテゴリ:S男とM女の体験談の最新記事

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

カテゴリ:巨乳の最新記事

コメント1件

  1. […] 前回の投稿:【体験談】おっぱいスパンキングに服従したM女 […]

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング