ホーム » JK・JD×調教 » 【M男】拘束ドリルバイブ責めでアナルを壊された話

【M男】拘束ドリルバイブ責めでアナルを壊された話

読了までの目安時間:約 7分

電動ドリルバイブの体験談

 

[99]: らんさん(京都府)からの投稿 2017/01/12(木)

僕の最高に恥ずかしかった、体験です。

 

月に3回ほどSM クラブに通っています、いつものように、電話でA女王様を予約し、指定したホテルに行きました。

 

女王様が来る前に、シャワーをすませ、アナルにバイブを入れてオナニーをして待ちました。

 

ホテルの電話がなり、お連れ様みえましたと言われ、そのまま部屋に入って下さいと、伝えてもらいました。

 

ドキドキしました。女王様は部屋に入るなり、僕の頭を踏み、変態マゾ!と罵声を浴びせます。

 

僕は、恥ずかしいと、興奮するMなので、さらに恥ずかしさを求めて、体に卑猥な落書きをしてもらい、携帯で写真を撮ってもらいます。

 

この写真を見た人は僕の事を変態だと、バカにして笑うのかと思うと、我慢できず、射精しました。

 

誰がイっていいって言ったの!とビンタされ、シャワー浴びてらっしゃいと言われ、再度シャワーを浴びました。

 

奴隷はバスタオルを巻いてはいけないので、裸でお風呂から出ました。

 

女王様はボンテージに着替え終わっていて、ソファーでタバコを吸ってます、笑顔で、一息入れる?と言われ僕も裸でタバコを吸いました。

 

露出が好きなの?と聞かれ、見られてバカにされたり、恥ずかし事が好きですと、答えたら、私の友達がM男見たいって言ってたから、今から呼んだげようか?と言われ、お願いします。と答えました。

 

ちなみに、後から知ったのですが、女王様は大学生で、男も女も大丈夫なバイセクシャルです。

 

女王様が、メールをして、すぐに返信がきました。

 

「来れるって、お前のさっきの写真も送ったからね」

 

恥ずかしくて、直ぐに勃起しました。

 

それを見て、何勃起してんの、奴隷らしくご挨拶しなさい!

 

僕は、土下座をして、僕を淫乱な女にして下さい。私を女王様の公開穴奴隷にして下さい。とお願いしました。

 

髪を鷲掴みにされ、ベッドに倒され、手首と足首をナイロンのテープみたいので巻かれ、目隠しをされました。

 

アナルにローションと女王様の指があたる感覚がし、「どうしてほしい?」

 

「入れて下さい。」

 

「お前はこれが好きだもんな!」

 

指が2本一気に奥まで入り、がばがばだなぁと笑われます。

 

ケツマ?コ気持ちいい、と思わず叫んでしまいます、2本じ足りないみたいだからと、3本になり自分で腰を振って感じまくりました。

 

もっとがばがばにしてあげると言われ、太いバイブが入ってきました、指でだいぶ拡がっていたので、痛みもなく、すぐに入りました。

 

次の瞬間ウィーンという音とともに、激しいピストンを初めました。

 

ドリルバイブでアナル調教

 

電動工具の先にバイブがついているタイプで、すぐにアナルでイってしまいました。

 

でもピストンは続き、逝きやすくなったアナルは何度も絶頂を迎えます。あまりの気持ちよさに、涙が出てヨダレが出て、身体が宙に浮く感じです。

 

ウィーンという音と、自分の叫ぶような喘ぎ声も遠くなる感じがしてきた時、電話がなりました。

 

来た!と思い、緊張と恥ずかしさと、期待で一瞬頭の思考が止まりました。

 

すぐに、部屋の扉があく音がして、女性の声がしました。一人でない事だけわかりました。

 

「ご挨拶しなさい!」

 

「僕は、ケツマ?コで感じる変態マゾです、僕の変態を見て下さい。」

 

何人かの笑い声が聞こえました。

 

「ケツでイク所見てもらえ!」

 

「はい、見て下さい。写真撮って下さい!」

 

バイブの激しいピストンでイクーイクー!

 

カメラの音と笑い声。

 

「チンポ下さい!ケツマ?コに女王様のチンポ下さい!」

 

口に、ペニバンが入れられ、奥までくわえました。

 

目隠しが外されましたが、恥ずかしくて、女王様以外見れませんでした。ただ、4人来てる事はわかりました。

 

素人の女子大生に見られて、写真まで撮られてる事に興奮しました。

 

正常位で突かれ、女の子みたいに喘ぎました、

 

ケツマ?コいい!イクーって何度言ったかわからないくらい逝きまくりました。

 

顔に女王様が唾を吐きかけ、顔射みたいと笑われ、女子大生にも唾をかけられました。

 

僕は、我慢できず女子大生にオナニーさせて下さいとお願いし、右手のテープを外してもらい、ペニバンで突かれながら、女子大生を見てオナニーしました。

 

笑いながらも、眉間にシワをよせて軽蔑してる感じがたまらなく興奮しました。

 

3人目の女性を見た時、知り合いでした。きっと、Bさんも、その時気付いた感じでした。

 

知り合いと言っても、僕の勤めてる病院に以前入院していた患者さんです。

 

Bさんの顔を見ながら射精しました。

 

うわぁーという声と、唾が顔と身体に吐きかけられ、また、オナニーしました。

 

最後は、入り口のドアで女王様のパンツの匂いをかぎながら、正座でオナニーし、女子大生を見送りました。

 

カテゴリ:JK・JD×調教の最新記事

カテゴリ:M男とS女の体験談の最新記事

コメント1件

  1. アクメ野郎 より:

    女子大生に囲まれて。。羨ましいですねー
    ところで話に出てくるドリルバイブ?ピストンマシン?というのでしょうか、使い心地はどうでしたか?アナル裂けたりしました?
    自分も買ってみようかなーと去年から考えているもので

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング