ホーム » レズビアン » 【レズ】可愛い人妻(23)をベロテクで快楽調教している話

【レズ】可愛い人妻(23)をベロテクで快楽調教している話

読了までの目安時間:約 7分

人妻のレズビアン体験談

 

[99]: 眞由美さん(鹿児島県)からの投稿 2017/01/19(木)

27才、商社に勤めるOLです。

 

ごめんなさい、先に断っておきますけど私、同性にしか興味ありません。

 

バリタチというほどでもないんです。

 

ほら、ネコかぶる!って言うでしょ(笑)。

 

その日、友人に誘われていたダンス教室へ向かいました。

 

3ヶ月ほどやってみようと思ったんです。

 

夏までに少し絞り込みたかったのと、もうひとつ。可愛いネコちゃんがいないかなぁ~って。

 

最近はお相手を探すのが大変で。

 

ネットだと、なんちゃってネコが多いんですよ。やっぱり自分の目で見て探さなきゃ。

 

「里佳です、23才。一応既婚者です~」

 

隣りに来た人妻ちゃんが、挨拶してきました。

 

ニコニコ顔で色白ポッチャリ、小鼻がぴくぴく動いてチョー可愛い。

 

これ、イケそうかも。

 

それから教室で会うと、いつも隣りに。

 

一緒に飲みに行ったりすることも増えていきました。

 

「ねね、今度ウチに遊びに来てくださいよ。」

 

 人妻からのお誘いが来ました。

 

「旦那さま、いるんじゃないの?」

 

「いてもヘーキよ、ねね、来て来て!」

 

この展開が一番いいと思ってるんです。相手の生活に深く入り込むきっかけ、いただきました。

 

週末の昼過ぎに、人妻・里佳ちゃんちに到着。

 

玄関を入ると、大きなリビング。

 

「旦那さまは?」

 

「ごめ、隣りの部屋で寝ちゃってるの。」

 

心の中でニヤリとする私。

 

里佳ちゃんが私のヨコに座ってきて話を始めました。

 

無意識のうちにそこに座ったのでしょうが、私はそんな隙を放置したりしません。

 

相手のヒザと当たるところまで一気に近づいてやりました。

 

でも当の本人は、そういうことには気づいていないのです。

 

「それでね、この前なんかね、あのお店の・・」

 

里佳ちゃんの言葉が止まりました。

 

理由は、私の手が彼女の手を握ったから。

 

私は、いきなり始める人なんです。

 

それがレズ調教の鉄則。

 

ノンケの人をこちらの世界に引きずり込むのに最も適しているアプローチだからです。

 

里佳ちゃんは、そのままでした。

 

拒否することもなく、体をよじって避けることもなく、ただ顔を赤らめて、うつむくだけでした。

 

やったね!と思いましたよ。

 

こんなベストな反応をしちゃう人、あんまりいないでしょ。

 

里佳ちゃん、いただきます。あなたの全てを食べ尽くして差し上げます。

 

右手で乳房をつかみ、丸くした目に私の目を近づけてディープキス。

 

舌は相手の歯茎の裏まで入念に這いずり舐めまわします。

 

若妻のレズ体験

 

初めて女レズプレイをした子が一番ハマるのはキス。女同士のキスって男とするそれとは全く違います。

 

女だからこそ女の求めているコトが手に取るように判るんです。

 

声なんて出させません、だって隣りには旦那さまが寝ていらっしゃるんだから。

 

呼吸が困難になるくらい、私のくちびるで里佳ちゃんの口をふさいでやりました。

 

少し油断した感じが伝わってきたのですかさず右手を乳房から太ももへ。

 

ビクンと動いた彼女、いやらしいわ、脳内でちょっと想像したのね。

 

手が太ももからどこへ向かうかを。

 

悶えたいのを我慢している様子。

 

それはそうでしょう、彼女の想像通り、私の指がパンティを押し退けて割れ目を割ってしまったんですから。

 

勃起クリトリスが指先に当たります。

 

そのたびにのけ反る里佳ちゃん。人妻ってこんなに感度良かったかしら?

 

もしかしたら、あんまり旦那さまにかまってもらってなかったのかも。

 

指2本を膣の奥深くにズボッと入れて、ネチョネチョとロールさせながら穴を拡大させていきました。

 

人差指と親指はカンペキにクリトリスをとらえています。

 

引き抜いてやるつもりで、つねったり押し潰したり。

 

里佳ちゃん、濡れ方がハンパない。

 

ソファーがべっちょり、あとで何て言い訳するつもりなんだろ?

 

時おり、息を吸わせるためにキスを休憩してあげます。

 

やっとしゃべらせてもらえると思ったのか、「もうダメぇ・・・」までは発声させてあげたんだけど、すぐにまたふさいじゃった。

 

そして、彼女が経験したことのない激しい指ピストンとクリひねりでアクメを与えてあげたのです。

 

放心状態の人妻、隣りに旦那さまがいるのにこのぶざまで犯されたあとみたいな格好はなに?

 

大股びらきもここまでくると、カエルみたい。

 

しかも、痙攣したままだなんて。

 

「あなた、だらしない人ね。」

 

その言葉を聞いて、私に抱き付いてきました。

 

突き放すと、目に涙をいっぱい溜めてこちらを見ています。

 

それからです、レズ調教が始まったのは。

 

旦那さまが不在の時間帯を見計らって彼女を延々犯し続けています。

 

ペニスなんてなくても女は堕とせます。

 

もう私の指と舌なしでは、彼女は生きていけないでしょう。

 

人妻として旦那さまとのセックスを拒むようにも躾けています。私のどんな命令にも黙って従うように育ってきました。

 

さぁ、どんなネコちゃんができあがるか、楽しみで仕方ありません。

 

カテゴリ:レズビアンの最新記事

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング