ホーム » レズビアン » 【レズ】実の娘(18)に調教される淫乱母親の話

【レズ】実の娘(18)に調教される淫乱母親の話

読了までの目安時間:約 8分

母娘レズ

 

[99]: 母娘の秘密さん(北海道)からの投稿 2017/01/23(月)

いつも読ませてもらってます。

 

どきどきしてしまって、こんなことが現実に起きているんだとすごく感じてしまいます。

 

以前はそんなふうではなかったのに、とても不思議です。

 

私は34才、夫とは娘を産んですぐに別れましたから、シングルマザーです。

 

中学を卒業してすぐに妊娠した子なので、今年で18才の女子高生に。

 

母娘ふたりきりで暮らしてきましたが、私は生活のために働き詰めの毎日。

 

それでもいい子に育ってくれたと思っていたんです。

 

「ママ、なんで言っておいたこと忘れてるの?」

 

「ママ、また間違ってる!」

 

「ママ、この服じゃないでしょ?」

 

「ママ、友達からの電話には出ないでッ」

 

私には父親がいない家庭にしてしまったという自責の念がありました。

 

それが負い目となって娘には遠慮がちな態度になり、次第に娘は強気な発言を私にぶつけるように。

 

諌めることもしませんでしたから、娘の言葉尻は鋭くなる一方でした。

 

学校の成績は中卒の私と違って優秀で、そのことも彼女の中ではイライラする原因になっていたのでしょう。

 

家庭の中での立場は、確実に逆転してしまいました。

 

それがいいことなのか悪いことなのかお互いの意識の中で問い直されることもなく、受け入れられていったのかもしれません。

 

だから、あんなことが起きてしまったのです。

 

去年のクリスマスの夜、母娘ふたりでお祝いをしました。

 

ケーキを食べてシャンパンを飲んで、白ワインも開けました。

 

未成年だとわかっていましたが、娘が勧めてくれたワインを断ることはしませんでした。

 

ちょっと酔ったふうに見えたんです、娘の態度。

 

いつものことだとやり過ごしていました。

 

でも、その夜は少し違ったんです。

 

娘が私の目の前に顔を・・そうです、急に寄せてきて、くちびるを、吸ってきました。

 

娘にキスされるなんて初めてだし、キス自体久しぶり過ぎて。

 

別れた夫以外の男性に触れたことなど一度もありません。

 

だからそれ以来、キスもセックスもしていません。

 

「ママ、柔らかいくちびるね・・」

 

ようやく離れてくれた娘の第一声がこれでした。

 

どういうつもりなんでしょう?母親にキスするなんて。

 

尋ねようと思って口を開いた瞬間、またキス。ふさがれてしまいました。

 

そこから延々とキス。キスと呼ぶにはあまりにも荒々しい、口の中を犯すような・・

 

娘の舌が私の口の中を這いずりまわりました。

 

じゅぱっ!という音とともに、私の舌が口の外へ引きずり出されます。

 

れろんっ、ぬちょっ、ねばねばとまとわりついてくるような舌使い。この子、いったいどこで覚えてきたのか・・。

 

「拒否しないんだ?」

 

娘が聞いてきました。

 

「だって・・」

 

「だって?なに?」

 

当然私には答えられません。

 

もう一度口をふさがれたとき、背筋がぞくっとしました。

 

キスだけではなかったんです。娘の指が私の太ももの間に侵入してきました。

 

パンティ越しに、割れ目がなぞられていきます。

 

私のオマンコの形が、浮き彫りになっていくのです。

 

「ママのここ、すごく割れてる。」

 

「こんな割れてたっけ、女性の部分って。」

 

「もしかして、エッチだからじゃないの?」

 

「私が学校へ行っている間、」

 

ああっ、なんて恥ずかしいことを口走ってるの!この子は。

 

でも、たしなめる勇気はありませんでした。

 

「私が学校へ行ってる間、オナニーしていたんでしょ?」

 

お、親に向かってなんていうことを・・。

 

「そ、そんなことするわけないでしょ・・」

 

「あは、あやしいぃ~っ」

 

娘の指が、パンティの横から直接割れ目の中へ滑り込んできました。

 

「やだぁ、ママ濡れてる!」

 

なんてことでしょう、娘の責めで濡れてしまうなんて。それを娘に知られてしまうなんて。

 

親子レズビアン

 

「淫乱なママ、いやらしいママ、」

 

そんな蔑むように言わないでぇ!と心の中で懇願しました。

 

でも、我慢は限界を超えていったのです。

 

「こんなはしたない女だったんだ、ママはスケベなオマンコ好きなんだね!」

 

「ダメえぇぇ、それ以上言わないでぇぇ、、」

 

「ううん、もっと言う!いくらでも言っちゃう!」

 

気がヘンになりそうでした。まるでレズ調教です。

 

たぶん、セックスをずっと絶っていたからかもしれませんが全身が性感帯、いいえ、全身がオマンコになってしまったみたいなんです。

 

何をされても感じてしまいます。

 

何を言われても受け入れてしまいます。

 

ああ、私が私でなくなっていく・・もう、もう引き返せません。

 

「ママ、舐めてほしいの?」

 

娘が問うてきました。

 

「ハイ、舐めて・・ください・・」

 

私はそう答えることしかできませんでした。

 

彼女の舌が触れるたびに、イキました。

 

全身がオマンコなんです、なにをされてもイク体になってしまいました。

 

痙攣なんて通り越して、白目でのたうちまわる肉片のように自分の体が娘に支配されていきました。

 

ああ、またイク・・また、イッちゃった・・、

 

ダメです。もう止めようがありません。

 

「オマンコが、私のオマンコがぁぁ、」

 

「どうしたの、ママ?」

 

「イクぅぅぅううぅぅッッ、イクっイクっ、ああんっ、」

 

「やっぱりママ、淫乱。」

 

「ぁあんっ、ああぁぁぁッッ、いやぁぁぁぁぁッッッ!!!」

 

その夜、私は何度イカされたのでしょう。

 

自分では思い出せません。

 

次の日から、娘ととんでもないことをしてしまったという罪悪感に苛まれています。

 

娘とレズの関係になってしまうなんて・・。母親失格です。

 

もう一睡も眠ることができなくなってしまいました。

 

これからどうすればいいのか、どなたかアドバイスをください。

 

カテゴリ:レズビアンの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントは4件です

  1. ショートショート より:

    母娘の秘密さんへ
    娘にレズ関係を持たれて母親失格なんてありません。
    淫乱なママさんでも良いじゃないですか、娘に調教してもらって立派なM女ママになってもらいたいです。
    身体を拘束してもらったり、大人のオモチャなどで責められたりしてもらいたいです。
    娘さんが変な男性に捕まるよりかは良いと思いますよ
    これからも投稿期待してます。

  2. 投稿者 より:

    ショートショートさんへ

    はじめまして、コメントをありがとうございます。このまま娘に女として扱われる。。それは無理です。
    1度の過ちから娘との関係が壊れてしまわないか、それが不安で仕方ありません。現に今も会話がギクシャクしてるようで。。
    時間が風化させてくれると信じて普段通りに過ごすしかないようです。

  3. ラブ より:

    それは虫が良すぎると思いますよ〜‼️何故ならお母さんもこうなる事を期待していたんですよねぇ〜⁉️😅それならもうこの先娘さんの奴隷になるのが一番良いと思います😊多分娘さんはもう次にどうやってお母さんを調教するか考えていると思いますがねぇ〜⁉️多分次は浣腸くらいされるのでは😓

  4. ショートショート より:

    母娘の秘密さんへ
    お母さまは娘さんが二度とこんな事はしないと思っていると思いますが、それはお母さまにまだ理性(母親としての)があるからだと思いますよ
    ここのサイトを見ていると女子高生同志ですらレズの関係になっていますよ。
    娘さんがこのサイトを知り、お母さまの投稿を発見したらどんな反応するか知りたいですね。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング