ホーム » レズビアン×SM » 【レズ】露出命令!下着なしで球技大会に行かされた話

【レズ】露出命令!下着なしで球技大会に行かされた話

読了までの目安時間:約 7分

レズビアンの露出調教

 

[99]: 百合奴隷さん(京都府)からの投稿 2017/01/30(月)

過去の投稿一覧:彩華様のレズビアン調教記録

 

彩華様からの調教の日々が続いています。

 

人生の絶頂です。これ以上の悦びはありません、これからもないでしょう。

 

いつまでも永遠にこの関係が続いてくれたらいいのに。

 

生理以外の日は、パンティをはかずに登校するように命令されています。

 

自転車通学なので、誰かとすれ違うときはドキドキ。

 

風の強い日なら、カンペキにバレてしまいます。

 

だからバスで通学することも。それはそれで、乗り降りのときにめくれ上がってしまうのがどうすることもできない刺激に。

 

そうです、見られることが私の中で刺激的な何かに変わってきました。

 

彩華様はこれを意図していたのかな?でももしそうなら、私は本当に操り人形になってしまったのかもしれません。

 

球技大会の前日、彩華様に呼び出されました。

 

「明日ね、パンティもそうだけど、ブラもとって来てね。」

 

「えっ・・」

 

「なに?」

 

「わかりました・・」

 

種目はバレーボールでした。体操服な着替えるので下はかまわないんですけど、上着が・・。

 

白い半袖のシャツなので、ブラを着けてないと・・。

 

当日は男女同じ場所でプレーしましたから、やっぱり男子の視線が私に突き刺さります。

 

白いシャツは薄くて、私の、あの、乳首が・・完全にぷくっと浮き出ているのが離れているところからでもわかってしまいます。

 

私、Eカップだから余計に目立っていて、乳首がみんなに・・男子に見られてる。。

 

こんなに恥ずかしい気持ちになるなんて。全然想像していませんでした。

 

実際にプレー中は、私を指差している男子もいました。

 

トスを上げるときは乳房が伸び上がるんです。

 

楕円形につぶれて揉まれる感じ。

 

乳首も乳輪も、その上ではしたなく踊ります。

 

形は崩れてしまうんです、まるで背後から荒々しく胸を揉まれているみたいに。

 

私、犯されてるのかもしれない。たくさんの目で、視姦されている気持ちです。

 

スパイクを打つときはシャツがめくれ上がって胸そのものが露出しました。

 

レシーブのときは大股びらきに。

 

そこから立ち上がる瞬間、股間の割れ目に体操着が食い込んでしまい・・そのたびに濡れちゃいました。

 

彩華様は観客として私の動きや反応を見ています。

 

彩華様は笑っていました。私がこうなることをわかっていたんだと思います。

 

彩華様はなんでもお見通し。あなたの思い通りに、私は操られるだけ。

 

そのとき、ぼんやりしていた私を強烈なスパイクが襲って、胸でボールを受けてしまいました。

 

バチィィ!胸が強烈に弾かれます。

 

まるで彩華様にスパンキングされているときのあの音と同じ。ヒザがガクガク震えてその場に座り込んでしまいました。

 

クラスメイトが駆け寄ってきます。

 

先生は私に保健室へ行って休むように言いました。

 

保健委員の高橋クンが付き添ってついて来てくれました。

 

別にどこもケガなんかしていません。

 

あのボールが当たった音と彩華様が叩いてくれるときの音が心の中で重なってしまい、軽くイッたんです。だから座っちゃったんです。

 

「だいじょうぶ?」

 

心配そうに見つめる高橋クン。

 

同じクラスなのに全然しゃべったことない男子。

 

その日はそれで何事もなかったのですが、次の日の昼休憩のとき、高橋クンに声をかけられました。

 

「屋上行こうよ。」

 

なんだろ?と思いながら、とりあえずついていきました。

 

「あのな、」

 

「うん・・・」

 

男子とこんなふうに話すのは初めてです。

 

「あの、お前付き合ってるヤツいるの?」

 

なにこの展開。

 

「昨日の、球技大会でさ、オレ、ずっと見ててさ、」

 

透けた乳首のことでしょうか?

 

高橋クン、あれにムラムラしちゃったようです。

 

「オレと付き合ってよ!」

 

ほんとうに男って単純ですねw

 

もし昨日、私が乳首を晒してなかったらこんな告白は絶対ないはず。

 

「見えてたの?」

 

高橋クンは、何を尋ねられたのかわからなかった様子でしたが、回れ右をしてその場を立ち去った私に、一切声をかけてきませんでした。

 

放課後、今日あったことを全て彩華様に話しました。

 

少しうつむいて、顔をあげたときに「また週末ウチに来てね。」と笑いかけてくれました。

 

なんだろ、温かく優しい感じがします。

 

私のことを思ってくれている?そうだったらいいな、と。ちょっとぜいたくかな。

 

毎日彩華様のところに行きたいと願うようになりました。

 

アナルプラグも毎日着けるようにしようかな。

 

ノーパンノーブラも続けようかな。

 

そんな勝手なことをしたら、彩華様にしかられるのかな。

 

もう頭の中は、彩華様のことでいっぱいです。

 

カテゴリ:レズビアン×SMの最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントは2件です

  1. たくや より:

    いいねー素晴らしい変態だ(*^^*)

  2. 彩華様の奴隷 より:

    たくやさま、ありがとうございます。変態と言われると悦んでしまいます(∀)
    また色々と投稿してみるのでおひまな時にでもお読みくださいね(●´ω`●)

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング