ホーム » JK・JD » 【レズ】緊縛されながらのオ〇ンコ擦りつけで激イキした話

【レズ】緊縛されながらのオ〇ンコ擦りつけで激イキした話

読了までの目安時間:約 8分

レズビアンの緊縛体験談

 

[99]: 百合奴隷さん(京都府)からの投稿 2017/02/02(木)

過去の投稿一覧:彩華様のレズビアン調教記録

 

連続投稿です。彩華様による調教は続いています。

 

実はこの前、初めて縄を使って緊縛されました。

 

「これって麻縄じゃないのよ。」

 

そう言われても、私にはよくわかりません。

 

「SMでは麻縄使うのよ。動画観ないの?」

 

「はい・・いえ、観ますけど、縄の種類まで知りませんでした。」

 

ふぅん、というリアクションの彩華様。

 

「私は麻縄で縛ってみたいのよね。」

 

「そうなんですか・・」

 

なら私も縛られてみたいと思いました。

 

「でも、ホームセンターで綿の縄、買っちゃった。」

 

白い綿縄を持ち出して、私に見せてくれました。

 

やたらふわふわの綿縄、その理由を「これね、買ったまんまじゃないの。」と教えてくれて。

 

「買ったまんまだと、表面が硬過ぎてね。」

 

「硬いとダメなんですか?」

 

私の顔を覗き込む彩華様、

 

「ダメじゃないよぉ、でも」

 

「でも?」

 

しゃべりながら、その綿縄で縛られていく私。

 

「縄の表面が硬いとさ、」

 

きゅっきゅっと仕上げられて、「あなたの皮膚に、アザとか型が残っちゃうでしょ。」

 

一瞬、息が止まりそうになりました。

 

「えっ、え?、あの・・」

 

彩華様が私を見つめて笑いました。

 

「煮沸したのよ、これ。そうしたらもっと柔らかくなってね。」

 

少し照れてる感じが、今までになくて。私は動揺しました。

 

彩華様が、私のことを思いやって縄を柔らかくしてくれたんです。

 

「やだ、何泣いてるの?」

 

感激で涙がこぼれて止まりませんでした。

 

後ろ手に縛り上げられて、胸は全体が突き出す感じに。

 

乳首がそそり立っています。

 

女同士の緊縛体験

当然全裸で、ベッドに転がされました。

 

「お似合いの格好ね。」

 

大きく股を広げられました。

 

じっと、あの部分を見つめる彩華様。

 

どうしたんだろう、こんなに見ることなんてないのに。

 

それに、あんまりこんな格好のまま見られたことないから、濡れ始めてしまいそうで。

 

「ど、どうしたんですか?」

 

もう耐えられなくなって、聞いてみました。

 

彩華様は何も答えてくれません。

 

代わりに自分の服を脱ぎ始めたのです。

 

黒いパンティも脱ぎ去ってしまって、私と同じ全裸に。

 

2本の指を割れ目に当ててきました。

 

私は縛られていて何も抵抗できません。

 

されるがままに、オマンコはぱっくりと割られてしまいました。

 

指は膣に突き刺さります。

 

奥深く入ってきて、抜き差しすることなく静止しました。

 

第一関節のところで2本とも、たぶん直角になるまで曲げられました。

 

指の腹部分で、おヘソの下のお腹の内側を押されている感じに。

 

ざらりとした指触りが伝わっているはず。

 

だってそういう壁の部分なんですもの。

 

ざらりざらり、ぬちゅぬちゅと、膣が指で味わい尽くされていきます。

 

同時にクリトリスを舐め吸ってくれたら、どんなに感じてしまうことか!

 

でも、私には彩華様にプレイを乞う権利は与えられていません。

 

ただ、されるがままなんです。

 

ベッドの上で縛られた私は、身をよじっては仰け反り、快感の波に打ちひしがれ続けました。

 

もうぐしょ濡れになっていて、ベッドも広範囲に汚しているはず。

 

その間、彩華様は・・どうなってるの?責めてばかりで感じてないんじゃないかな?

 

濡れていないかもしれない。

 

かわいそう、私がしてあげなきゃいけないんだわ。

 

そう気づいても、身動きがとれない以上何もしてあげることができないんです。

 

また涙が溢れてきました。

 

彩華様は私の涙を人差指で拭いてくれました。

 

そして次の瞬間、自分自身の股を私の割れ目に合わせてきたのです。

 

「ああっ!」

 

思わず声が出てしまいました。

 

だって、私のオマンコが、突き出たクリトリスが、彩華様のそれと合わさって絡み合ってしまったんですもの。

 

「ごめんなさいっ、ああっ、こんなこと、あうぅぁあっ、」

 

腰が勝手に動いてしまいます。

 

それに合わせるかのように、彩華様の腰も激しく動き出しました。

 

「ほらっ、どう?ぬちゅぬちゅ音が鳴ってる!」

 

彩華様の言葉通り、ふたりとも濡れています。

 

そして愛液が混ざり合っています。

 

「こすってあげる。私のオマンコでイカせてあげるッ」

 

ああっ、そんなぁっ、彩華様がこんなことしてくれるなんてっ!

 

ものすごい激しさの貝合わせ、意識が飛んでしまいそうです。

 

私のオマンコ、歪んでます。

 

彩華様のオマンコに押されて、開きっぱなしに、噴出しっぱなしになっています。

 

もう、もう我慢できません、

 

「イキます、ごめんなさい、イッてしまいますぅぅッッ」

 

「ダメ。いっしょに、ね?」

 

「は、はいっ、あぁっ、でもっでもっ、もう、」

 

「イキそう、私もイキそうよぉぉ、」

 

「はいっ、あああああっ、うぐぅっ、アアァァァッッ!」

 

私は、イッてしまいました。

 

体が痙攣しています。少しおさまったとき、ふいに目の前に彩華様の顔が現れました。

 

クチュッ!

 

軽いタッチ、くちびるが彩華様のくちびると重なりました。

 

初めてなんです、キスしてくれたの。

 

彩華様、うれしい、本当にうれしいです。。

 

もう動けません、ここから動きたくありません。

 

今夜のことは一生忘れられないでしょう。

 

カテゴリ:JK・JDの最新記事

カテゴリ:レズビアンの最新記事

カテゴリ:緊縛・拘束の最新記事

コメントは2件です

  1. ショートショート より:

    百合奴隷さんへ
    彩華さんという素敵なSの方を見つけましたね
    女子高生なのにアナルプラグを付けて授業したり全裸で球技大会に出たり縛られたり
    相当変態に調教されてて良いですね
    読んでて変態ペットに成長されるのが分かります。
    これからも沢山可愛いがってもらって素敵なペットになってください。
    投稿楽しみにしてます。

  2. 百合奴隷 より:

    ショートショート様コメント嬉しいです(∀)
    彩華様にペットのように扱われることに悦びを感じていまいます。同級生なのにお姉様のような方なんです(*´∀`)
    これから彩華様とデートにいってきます。また今度投稿してみたいと思いまーす

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング