ホーム » 人妻・熟女×SM » 【体験談】欲求不満な人妻(27)、はじめてのディルドオナニー

【体験談】欲求不満な人妻(27)、はじめてのディルドオナニー

読了までの目安時間:約 6分

人妻のディルドオナニー

 

[99]: トモコさん(鳥取県)からの投稿 2017/02/10(金)

2年前に結婚した、27才の人妻です。

 

嫁ぎ先は、私が住んでいたところより田舎。

 

夫の親が有名な資産家だったので、そっち目当てで結婚しました。ぶっちゃけ過ぎでしょうか。

 

家もクルマもお金で買えるものは、ほとんど用意してもらって文句言ってちゃあバチが当たるんですけど、言わせてください。

 

セックスに満足感がありません。もう気がヘンになりそうです。

 

夫がどMなんです。結婚するまでわかりませんでした。

 

私が責められたい人なのに、なんてことでしょう。

 

しかも短小で皮かぶり、どうすることもできません。周りに人がいないので、浮気も難しく。

 

もうここから逃げ出したいです。

 

毎日、夫を仕事に送り出してから、スマホをイジっています。

 

スマホしか楽しみがないかも。でも、スマホにはエロサイトがありますから。体験談を読みあさりながら、ひとりで処理することを覚えてしまいました。

 

ある日、よく見るサイトのリンクに大人のおもちゃの販売店を見つけました。

 

動画で使われているのを観たことがありますが、実物は触ったこともないです。

 

凄くいやらしいカタチをしています。

 

私、見入ってしまいました。

 

黒々と光ってる太い棒、ディルドを見つけました。

 

こんなに太いものがアソコに入るのかしら?と疑問に思いました。が、とても恥ずかしいことですが、入るかどうか試してみたいとも思いました。

 

通販で大人のおもちゃを買うなんて初めてです。

 

クリックしました。大写しになりました。

 

その横には、アナル用のディルドも並べてられていました。

 

私は、どちらも買うことにしました。

 

3日後、宅配便のおにいさんが

 

時間帯指定通りに届けてくれました。

 

すぐに自分の部屋へ飛び込み、内側からカギをかけました。

 

家には私しかいないのに、動揺と高揚を沈めるためのカギでした。

 

箱を開けました。何重にもクッション材に包まれているのかと思ったら、剥き出しの状態で2本並べられていました。

 

太さが大して変わりません。

 

アナルにこんなの入るの?と言いたくなるくらい、太いです。

 

たぶんムリ、私のには入らないでしょう。

 

ただ、前なら、ワレメならだいじょうぶ。

 

これまでのオナニーで、バーボンのビンまで入れたことがあるんです。

 

だから、すんなり、早く入れたいと思いました。興奮しているからか、全裸になってみました。

 

いつもはスカートをめくってするだけなのに、今日は全裸になりたい気分です。

 

黒いディルドを右手で握り、脚を大きく開きました。

 

股間がひんやりします。

 

濡れているところに空気が触れたのです。

 

ディルドの先を、花びらに押し当てました。

 

ゆっくり力を加えていき、花びらを両脇に押し退けました。

 

ジュプ、という音がしました。ヌチュ、という音もしました。

 

私は我慢できずに、その位置から一気に子宮まで貫いてしまいました。

 

何か肉片が引きずられるような音が響きました。

 

液が子宮に押し戻されて、お腹の奥底で圧を感じました。

 

これがディルドなのです。

 

ディルドに犯されるということなのです。

 

そこからはもう、無残なほどにディルドの奴隷と化してしまいました。

 

激しく出し入れして、その動きに合わせて淫靡の言葉を叫び悶える一匹のメスに、成り果ててしまったのです。

 

そうだ、もう1本ある!と思い出しました。

 

この状態でアナルにまで入れたら、絶対に狂ってしまうと思いました。

 

でも、体は欲しています。

 

しかも、欲しているのはアナルのほうではありませんでした。

 

もう1本、これも膣に入れたら、私もう、フツーじゃいられなくなっちゃうと思いました。

 

でも、やってみたい、やりたいんです。

 

私は犯されます。2本いっぺんに突き立てられます。

 

妄想が膨らんでしまって、屈強な男性の極太チンポが私のオマンコをぐちゃぐちゃに犯していくシーンが脳裏にはっきり浮かび上がりました。

 

「犯してぇぇーっ、淫乱な私のオマンコを、犯してくださぁぁいっ」

 

そう叫びながら、もう1本を膣に無理矢理突き立て、先っぽが入ったのを確認した瞬間、思いっきり奥底まで届く勢いで、貫いてしまいました。

 

左手と右手には、それぞれ異なるディルドを持ち、交互に膣を犯し続けます。

 

そうしたいのです、されたいのです。

 

ディルド以外、私は入れたくはありません。

 

夫とのセックスなど、もう面倒なだけです。

 

カテゴリ:人妻・熟女×SMの最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

コメントは2件です

  1. ショートショート より:

    トモコさんへ
    責められたい女性なのに
    旦那様が資産家までは良かったのにドMだったとは災難ですね(笑)
    旦那様に内緒でディルドとアナル用と両方買って前の穴に入れるなんてハシたなくて相当溜まってますね(笑)
    ローションを付けると、また新しい感覚が味わえますよ
    いやらしい女になって欲しいです
    これからも投稿を楽しみにしてます

  2. トモコ より:

    ほんとです。結婚が早かったせいもありますが夫婦間の身体の相性がここまで大切とは当時解りませんでした(笑
    また書くことができれば(ないですがw)投稿したいと思います(*^^*)

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
SMパートナーとの出会い支援
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。
記事検索
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング