ホーム » 人妻・熟女 » 【露出】すっごいミニスカで買い物に出かける熟女の話

【露出】すっごいミニスカで買い物に出かける熟女の話

読了までの目安時間:約 6分

熟女のミニスカ体験談

 

[99]: 美香さん(広島県)からの投稿 2017/02/15(水)

ちょっとショックです。昨年末にノーパンレギンスでゴミ出して以来、あの熟女フェチな高校生と全然会わなくなりました。

 

前回の投稿:ノーパンでゴミ出しする熟女の話

 

登校の時刻をズラしたのかしら?せっかくまた見てもらおうと思ってたのに。

 

でも、あの日以来、私の露出癖が目を醒ましてしまいました。

 

誰かに見られたいんです。しかも、ピンポイントを。アソコを凝視してもらいたいんです。

 

じっくり、ねっとり、ものすごく時間をかけて、私が恥ずかしくて気を失ってしまうくらい見つめてくれる人、探そうと決心しました。

 

ネット通販で、サイドスリットの入ったミニスカートを注文しました。

 

サイズは今の体型よりひとつ小さいものを。

 

届いてすぐに着てみたら、予想通りのぴっちぴち。そして当然、パンティは履きません。

 

このままで、混雑するショッピングセンターへ行くつもりです。

 

マンションの外へ出ました。

 

いつもより、内ももに当たる風がひんやり感じます。

 

駐車場でクルマに乗り込むとき、オシリを運転席に乗せた段階で、オマンコ丸見えなんです。

 

毛も肉びらも全部見えてしまっていて、その姿に唖然としました。

 

こんな格好で外出したことなんてありません。

 

もうレギンスどころじゃないんです。

 

私は興奮しました。

 

エンジンのアイドリングでシートが振動します。その揺れだけでイキそうになってしまいます。

 

ショッピングセンターに着きました。

 

今から見られると思うと、快感が襲ってきます。

 

エレベーターなんかに乗りません。階段を歩きます。踊り場で男性が登ってくるのを待って、その前を歩きます。

 

絶対気づいてるんです。だって、歩数が私と同じになって、スピードもゆっくりに。

 

必ず真後ろをついてくるし、ときどき歩みを止めて見上げてるのがわかるんです。

 

男性ってみんなエッチ、みんないやらしい。

 

どんな目で見つめているのか、急に振り返って目を合わせるんです。

 

照れて視線をそらす人ばかり。

 

もっと勇気のある人いないのかな、と思っていました。

 

「ちょっと。ちょっといいですか?」

 

ひとりの男性が下から私に声をかけてきました。

 

いたんです、一歩踏み込んで来てくれる人。私は、何年かぶりにナンパされたんです。

 

舞い上がってしまいました。スカートを変えてここにやってきただけなのにって。

 

「履いてないんでしょ?履いてないよね?」

 

そうでした、刺激的な姿でした。

 

彼に指摘されて、恥ずかしくなりました。

 

駐車場に連れて行かれて、彼のワンボックスのサイドドアが開きました。私が乗り込んだ後、彼も隣りに乗ってきました。

 

「運転席に乗らないんですか?」としゃべった私の口を、彼のくちびるがふさいできました。

 

ここでしちゃうんだと感じました。

 

私の両脚は大きく開かれて、シートベルトで足首をぐるぐる巻きに固定されました。

 

「階段で見上げたときからあんたのココ、じっくり見たかったんだよ。」

 

低い声、荒々しい息づかい。

 

私が望んでいたシチュエーションがまさに今目の前で、繰り広げられています。

 

指が伸びてきました。

 

肉びらがつままれました。思いっきり左右に広げられていきます。

 

「いい色だ、いいニオイだ、」

 

彼の鼻が近づいてきます。

 

もうクリトリスの先に触れようかというとき、舌が急に飛び出してきて、膣の入り口を押し広げました。

 

「いい、味もいいぞ、」

 

ねちょねちょと液を舐めて吸う音が車内に響きます。肉びらは全開になって押さえ付けられていました。

 

私は彼の頭を抱えながら、何度も嗚咽を漏らし悶えヨガりました。

 

凄い快感で腰ががくがくになりました。

 

それから何時間そこで抱かれたでしょうか。

 

何度もイカされ、何度も彼の精液を飲み干しました。

 

夕方マンションに帰り、火照った身体をお湯を張った湯船に沈めました。

 

お互いの連絡先は交換しなかったんです。

 

あまりにも刺激的過ぎて、次会うことなど頭に浮かんできませんでした。

 

でも、もう以前のような生活には戻れません。戻る気もありません。

 

ノーパンのままミニスカートを履いて、ショッピングセンターに通うことを続けようと決めました。

 

そうそうエッチな男性は現れてくれませんが、週に一度くらいは声をかけられています。

 

断りませんよ、どんな方でも。

 

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメント1件

  1. 変態マゾくろ より:

    美香様、素敵な趣味ですね。
    男でも女でも露出って楽しいですよね。
    僕は12歳からMとして躾けられましたが20歳で今の妻と付き合ってる頃はSでした。
    美香様と同じようにノーパンミニスカでエスカレータを昇らせたり、デパートのベンチで足を組替えさせたりして楽しんでいました。
    車の助手席に全裸で乗せてドライブするのも日常てきでした。
    やっぱり、露出で興奮するのは見られる時ですよね。
    当時20歳だった妻も男子高の通学路に車を停めて、高校生に気付かれることに興奮していました。
    今後も露出と共に投稿も続けて下さい。
    投稿を書くと当時の興奮がよみがえってまた興奮出来ますからね。
    そしてコメントを下さる方がいてさらに興奮が増すんですよね。
    僕もそんな中の1人ですので、これからも楽しんで下さい。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング