ホーム » 人妻・熟女 » 【SM】ノーパン・パンスト姿で生活させられる人妻の話

【SM】ノーパン・パンスト姿で生活させられる人妻の話

読了までの目安時間:約 6分

人妻のノーパンパンスト

 

[99]: むーさん(県)からの投稿 2017/02/24(金)

半年前に結婚した人妻です。夫とは長い付き合いで6年前から主従関係でした。

 

私がMで、夫がS。今もその関係が変わることはありません。

 

夫であり、ご主人様なのです。

 

家の中では、下着を着けることは許されません。上着はブラウスのみ、スカートもダメなんです。

 

ただし、ノーパンなのにパンストはOK。

 

だから、常にエロい気分です。

 

そういう私を見て、夫はニヤニヤ笑っています。

 

やんわり見下しているのでしょうか?

 

そんなふうに思われているとしたら正直、戸惑ってしまいます。

 

奴隷でいいんです。奴隷として扱ってください。

 

結婚してくれただけでも、私に優し過ぎる夫なんです。

 

昼間、ひとりで家にいると、寂しいです。常に命令されていたいと思います。

 

そんなことは夫には言えません。誰にも言えないことです。

 

だから悶々としてしまいます。

 

ある日の昼間インターホンが鳴りました。この時間帯ですと、だいたい佐川急便さんです。

 

テレビを消して、そのまま小走りで玄関へ向かいました。

 

いつもならそのとき、パンストだけでスカートを履いていない自分に気づくのです。

 

そして、玄関のシューズボックスの脇に置いてあるミニスカートを素早く履いて、応対するのです。

 

それが、忘れちゃったんです。

 

そのままの、パンストノーパン姿でドアを開けてしまいました。

 

「こんにちはーっ、佐川きゅ・・・」

 

宅配便のおにいさん、声が詰まりました。

 

じっと、私を見ています。私の股間を見ていました。彼の目線が釘付けなので、ようやく私も気づきました。

 

パンストから陰毛がはみ出ていて、真ん中の継ぎ目が割れ目に食い込んでいます。

 

肉びらも右の1枚がめくれてしまっていて、ピンク色が覗いていました。

 

「あっ、、、あの、これはその、」

 

「いえっ、こちらこそあの、」

 

「はい。。。ごめんなさい。。」

 

「ここに、ここにサインか印鑑を!」

 

「はい。はい・・・。」

 

宅配便のおにいさんは、二度と目を合わせずにドアを閉めて出て行きました。

 

私は、興奮していました。

 

見られたんです、パンスト越しにでも、オマンコを。

 

ジュクッと濡れた感じがしたので、触ってみたらパンストから液が垂れてきていました。

 

ほんの少しの時間しか経っていないのに、こんなに濡れてしまうなんて。

 

呆然と1分間ほど過ごしたでしょうか。

 

ヘンなことに気づいてしまいました。

 

トラックの発車音が聞こえてこないんです。

 

もしかして、このドアの向こうにまだおにいさんがいる?そしてこっちの様子をうかがっている?

 

何のために?

 

答えはひとつしかありません。

 

ドアをいきなり開けて、私に襲いかかるためです。

 

そうに違いありません。

 

そう思っただけで、全身にカミナリが落ちたようなシビレと震えが止まらなくなりました。

 

犯される、私、夫以外の男性に犯されると思い込みました。

 

このパンストも、跡形もなく引き裂かれるんだと妄想してしまいました。濡れます、止めどなく濡れています。

 

指が割れ目に伸びました。

 

こんなふうに、こんなふうに押し広げるんだと自分で割れ目を左右に開いてしまって。

 

まだなのに、まだ犯されていないのに、妄想オナニーだけで、アクメに達してしまったのです。

 

その場に座り込む私。でも、誰も入って来ません。

 

そして今頃になって、トラックのアイドリング音が鳴り響き、走り去っていく気配が伝わってきたのです。

 

むなしいです。でも、夫に対しては背信行為です。

 

濡れてしまった床を拭き、パンストを着替えて夫の帰りを待ちました。

 

その夜、夕食のとき。夫に面と向かって昼間にあった出来事を、全て伝えました。

 

背信行為です、犯されてしまうところだったのです。

 

犯されてしまいたいと、思ってしまったのです。

 

夫は、じっと私の目を見て、「あっはっはww、バカだなぁ~っ」と笑っただけでした。

 

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング