ホーム » 妻・彼女 » 【体験談】妻の乳首にピアス痕を見つけてしまった末路・・・・・・・・・・・

【体験談】妻の乳首にピアス痕を見つけてしまった末路・・・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 7分

妻の乳首ピアス

 

[99]: S見習いさん(宮城県)からの投稿 2017/02/26(日)

オレにはSMの趣味はない。なのに妻の乳首に穴が開いている。

 

この前、久しぶりにセックスしたときに妻のそこを見て、少しおかしいと感じた。

 

「あれ?これって・・」

 

穴だよなと問いただそうとした。

 

でも、妻は「なんのこと?」と言い放って、さっさとブラを付け、階下へ降りてしまった。

 

いったいどういうことなのだろう。

 

間違いなく見たことのない凹みがあり、それは乳首の奥深くに届いて逆側に貫通しているように見えた。

 

オレは彼女を追いかけた。

 

キッチンで洗い物を始めようとしていた。

 

「おい!」

 

「なによ。」

 

「脱げよ!」

 

「なんでよ、さっきさんざんしたでしょ?」

 

「そうじゃないんだよ、」

 

「なにがよ?」

 

「乳首見せろ。」

 

「はぁ?」

 

会話はスイングしない。そこで終了となり真実は闇のままだ。

 

次の日から、オレの悶々の日々が始まった。

 

いったい妻は、どこで穴を開けたんだろうか?いや、開けられたんだ。そうに違いない。

 

無理矢理なのか?なら隠す必要はない。被害をそのままオレに訴えればいい。

 

しかし、そうはしなかった。

 

乳首に穴を開け、そこに銀のピアスをハメて、ふたりで眺めるような仲の男がいるということなのか?

 

土曜日、朝から妻は外出した。

 

あとをつけたかったが、関心のないふりをして送り出し、彼女の部屋を調べることにした。

 

なんと、化粧台の引き出しを開けたらそこに見慣れないピアスがふたつ。

 

しかも、鈍く光る小さな鈴がついている。

 

オレは動揺し、狼狽した。

 

そういう男がいるに違いないと確信した。妻はそいつと密会し、マゾとして調教されているのだと。

 

その証しがこのピアスだ。

 

オレはどうしたらいい?焦燥感で気がヘンになりそうだ。

 

玄関のドアの開く音がした。妻が帰ってきたのだ。

 

オレはとっさに目の前のピアスを握りしめ階段を駆け下りた。

 

「あ、ただいま帰りました。」

 

妻はリビングでコートを脱いでいる。

 

その足元にあるテーブルの上にバチンとさっきのピアスを叩きつけた。

 

チリンと鈴の音がなる。しばらく沈黙が続く。

 

「これは何だ?」

 

精一杯の気力を振り絞って、オレは尋ねた。

 

そして、彼女の言葉を待った。

 

「このピアスは・・」

 

汗がどっと噴き出した。

 

「私が自分で購入したんです、」

 

よく意味がわからない。

 

「私にハメて、あなたに見てもらうために。」

 

妻は淡々と話し始めた。

 

元々オレと結婚する前から、自分自身にマゾの気質があることに気づいていたそうだ。

 

でも、結婚をしたパートナーにマゾを許容する気持ちがいつまでも生まれてこないことに、失望と焦りを感じていたらしい。

 

「離婚まで考えました。」

 

でも、踏み切れなかったと。

 

心底愛しているからといってくれた。

 

オレは呆然とした。そして自分の無知を恥じた。

 

ニュートラルであることに何の価値もなく、不感症で居続けることのほうが人を傷つけるのだと気づいた。

 

「ごめん。」

 

「なんであなたが謝るの?」

 

ピアスを手に取って彼女の前にひざまずいた。

 

ブラウスのボタンをひとつずつ取り、前を大きく開いた。妻の顔は紅潮した。

 

ブラのホックに指をかけ、静かに外した。

 

「つけるよ、オレの手で。」

 

剥き出しになった左右の乳首が上を向いて反っている。硬い。妻は興奮している。

 

そしてそこには明らかに、穴が開いていた。

 

ピアスをひとつずつ、ゆっくりとそこに通していく。

 

引っ掛かりがあるような抵抗を感じ、少し強めにねじ込もうとすると、妻が上半身をのけ反らせた。

 

「感じるのか?」

 

「・・はい。」

 

「今、お前の乳首に、ハメてるぞ。」

 

「あっ、、あん、、はいぃぃ、、」

 

「お前の、硬くなった、硬く勃起した乳首に、」

 

「ふわぁ、あああぁぁあ、はい、、」

 

くちゅぅ、という音が鳴って、乳首をピアスが貫通した。

 

妻の太ももが開き、生ぬるい液体がフローリングに広がった。

 

失禁し、イッたのだ。

 

なんというはしたない姿、なんという愛おしい姿。

 

これがSなのか?Sの心境なのか?

 

オレにはまだ分からない。分からないが、目の前で体を痙攣させながら潤んだ瞳でこちらを見つめている女性を、思うがままにしてみたいという強い欲望に駆られているのは間違いなかった。

 

カテゴリ:妻・彼女の最新記事

カテゴリ:性器ピアス・刺青・改造の最新記事

コメントは3件です

  1. ショートショート より:

    S見習いさんへ
    羨ましい、そんなMの奥様欲しい~
    SMに興味ないと奥様の大事な所にピアスの穴が空いているとびっくりしますよね。
    浮気もされてないようで良かったですね。
    まずは、奥様と一緒にSMのAVを見たりココのサイトを二人で見たり管理人様の調教のblogを見ると
    良いと思いますよ。
    首輪や手首をビニールテープで拘束などソフトなSMから始めて見てはいかがでしょうか?
    またお時間がありましたら奥様との調教を掲載してください立派なSの旦那さんになってください。

  2. S見習い より:

    ご丁寧なコメントありがとうございます!
    そうですね、色々と試して探求していこうと思います。

    その反面、情けないと思われるかもしれませんが、本当に妻は第三者に調教されているのではないか?という不安がまだ少し頭の片隅に残っています。

    女性は男と違って嘘が上手い、自分も良い歳なのでそこは解っているつもりです。しかしまあ妻を信じるしかないのですが。、

  3. ショートショート より:

    S見習いさんへ
    確かに最愛の奥様が他の男に調教されているのではないかと不安が無くならい気持ちは分かります。
    女性の方が嘘も上手いのも分かります。
    他の男に調教されていれば、S見習いさんとHをする時に大胆になったり、奥様の下着や奥様が一人で出掛ける時の服装も見た事のない服装だったりしたら危ないかもです。
    見ず知らずの奴が偉そうな事言うなと思われたら申し訳ありません。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング