ホーム » JK・JD » 【体験談】マジメな苦学生がプチ援で生活費を稼ぎ出した末路・・・・・・・・・

【体験談】マジメな苦学生がプチ援で生活費を稼ぎ出した末路・・・・・・・・・

読了までの目安時間:約 8分

女子大生のプチ援助交際

 

[99]: 貧乏学生さん(静岡県)からの投稿 2017/04/30(日)

大学生になって1年目、サークルなどの活動に追われアルバイトする時間ができずにいました。

 

高校時代に彼氏もできず勉強ばかりしていた私にとって、大学生活は最高のものでした。

 

新しくできた友達とご飯やお茶しに行くとお小遣いなんかすぐになくなり、親に仕送りしてもらってる身なのでお小遣いの増額も頼めません。

 

これではいけないと思ってた頃、スマホで何かないかと調べていて出会い系サイトにたどり着きプチ援を思い付きました。

 

掲示板に「カラオケ、一緒に行くだけ、二時間0.5 容姿気にしない人」と言う条件で書き込むとすぐにたくさんの返事が来ました。

 

すぐに書き込みを消して何人かの候補に返事をして32歳の男性と会うことになりました。

 

一緒にカラオケに行くと、緊張を解きほぐすのにと勧められて初めてサワーを飲みました。

 

容姿に自信のない私に可愛いを連発してくれ、いい気分で歌いました。

 

約束通り2時間で何もされず5千円もらい、気に入ってくれたのか翌週も会うことに。

 

その時にデニムのスカートをプレゼントされてトイレではきかえました。

 

マイクロミニとかでは無いですが自分史上最短のスカートで恥ずかしかったのですけど、お酒も入り可愛いを連発されると気にならなくなりました。

 

2週連続での5千円は私の金銭感覚を狂わせていきました。

 

すぐに使いきってしまい、前回から5日しかたってないのに私から誘ってカラオケに行きました。

 

友達との付き合いでもう使っちゃたのかな?と言われて素直に答えました。

 

可愛いから助けてあげるよと言われて安心しました。

 

サワーも飲みなれてきて2杯目の時に、そんなに困ってるなら千円プラスしてあげるからパンツ見せてよと言われました。

 

酔ってきたこともあり、千円が魅力的に思えてOKしてしまいました。

 

自分でスカートをめくり上げると、もっと完全に上げてと言われて完全にパンティが見える状態までめくり上げました。

 

そのままストリップ嬢のように一周まわらされ、帰りに6千円もらいました。
その次の時にはパンティとブラジャーを見せて7千円もらいました。

 

そしてその次にはブラジャーの上から触られて8千円に。経験のなかった私でしたが気持ち良さを感じていました。

 

そして次にはパンティの上からアソコを触られて9千円もらいましたが、前回よりも気持ち良さを覚え軽く喘いでしまいました。

 

金銭感覚も身体の感覚もおかしくなってきた頃、直接触らせてくれるなら1万円と言われてOKしました。

 

直に触られるのはものすごく気持ちよくて、じっくり触られて初めてのイク経験をしてしまいました。

 

「もっとお金が必要?じゃあ身体も見せてくれたら1.5にしてあげるよ?」

 

金額に目がくらみラブホテルに入りました。

 

部屋に入ると「さぁ脱いで」と言われ、心臓をバクバクさせながら脱いでいきました。

 

ブラジャーとパンティだけになると、お揃いのピンク色似合ってて可愛いよと言われました。

 

全て脱ぎ終わると、きれいだ…若いから巨乳なのに垂れてないと言われてベッドに横にされ足を立てられる形で開かれました。

 

思わず顔を手で覆ってしまい、キレイなピンク色だと言う声が聞こえて来て舐めてきました。

 

あまりの気持ち良さで軽く声を上げてしまいましたが、彼は優しく丁寧に舐め続けてくれて逝かされてしまいました。

 

「気持ち良かったみたいだね、あと千円プラスするから俺のも口で気持ちよくしてくれる?」と言われ、私だけ気持ちよくさせてもらって悪いと思いOKしました。

 

初めて見る男性のアソコを見て「こんなに大きいの!?」とビックリしました。小ぶりなマイクのようでした。

 

恐る恐る咥えましたが半分も入りません。

 

彼に言われるように舌を動かしました。

 

あごや舌が疲れてきた頃、「素股してくれる?あと千円プラスするからどう?」

 

スマタ?スマタって何?と聞くと、割れ目に沿ってあてて擦るんだよ二人とも気持ちよくなるよと言われて、それならとOKしました。

 

私の足の間に入ってきて彼の物があてがわれて擦り付けてきました。

 

私も気持ちよくて軽く声を上げてしまいました。

 

「気持ち良いだろう?中だともっと気持ち良いんだよ?あと千円プラスしてあげるから中に入れて良いかい?」と言われました。

 

「それはダメ…私まだ経験無いから…」

 

「やっぱり経験無かったんだね、じゃあ初めてなら今回は合計3万にしてあげるよ、どう?」

 

擦られながらその金額に思考がマヒしてしまいうなずきました。

 

割れ目に沿ってあてがわれていたのが点であてられ上下して入口に…。グッと押しあてられると私の中にゆっくり入ってきました。

 

すぐにズキンと痛みが走り入るにつれて痛みが大きくなり、あっ!あー!と声を上げてしがみついて耐えました。

 

全部入ったよと言われズキンズキンする痛みと私の中をいっぱいに充たしている彼の物の存在感に、こんな私でもついに経験しちゃったんだ…処女じゃなくなったんだと思いました。

 

しばらく抱きしめ髪を撫でてくれていると痛みが弱くなってきて彼が、落ち着いてきた?動くよ?ゆっくり動き始めました。

 

最初みたいな痛みが走り彼に訴えると、最初だけだから我慢してねと言われ彼にしがみついて耐えていました。

 

激しくなってきた彼の動きが止まって私の中深くに押し付けると私に体重を預けてきました。

 

しばらく呼吸を整えてから私を見て、初めてをありがとうねと言ってキスされましたけど、これがファーストキスでした。

 

シーツには処女じゃなくなった証拠がハッキリと残っていました。

 

その日以来、彼とは音信普通になり、今では他の40代男性に処女だとウソをついて稼いでます。

 

カテゴリ:JK・JDの最新記事

カテゴリ:援交・風俗の最新記事

カテゴリ:童貞・処女の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング