ホーム » 浮気・不倫 » 【不倫】子供の目の前で潮を撒き散らすマジキチ母親の話

【不倫】子供の目の前で潮を撒き散らすマジキチ母親の話

読了までの目安時間:約 4分

子供の目の前でセックス

 

[99]: 井村さん(岐阜県)からの投稿 2017/05/01(月)

今年で還暦になる爺です。

 

幼少期、田舎の山奥にある集落に住んでいました。

 

国道からそう遠くはないものの、まるで別世界。もちろん今のようにコンビニやスーパーなどあるはずがありません。

 

よく母親と山菜採りに行った際、母が途中で山小屋の中に入っていくのです。

 

「ここで待ってなさい」と何度も言い聞かされ、山小屋に入っていく母親を遠くから見守っていました。

 

3、40分ほどでしょうか、いつも大人しく待っているのですがその日は何故か気になって後ろを着いて行ったのです。

 

山小屋の窓から中を覗くと、衝撃の光景が飛び込んできました。

母親のオマンコです。

 

全裸になり木のテーブルの上でM字開脚をしているのです。母の目の前にはカメラを持った男がなにやら母親に指示しているのです。

 

母親のオマンコの毛は薄かった。割れ目も綺麗でハッキリと見えました。何か艶めいた蜜が垂れていたのを覚えています。

 

その行為がエッチなことだとも理解できない幼い私はただ呆然とその光景を眺めていました。しかしそれが何か悪いことをしているというのは理解できました。だから息を忍ばせて見つからないように観察を続けました。

 次に男性が裸になると母親のオッパイに吸い付きました。オマンコにも吸い付き、ひたすらチュウチュウと吸うのです。

 

母親というとこれまで見たこともないようなマヌケな顔をしてヨダレを垂らしておりました。

 

自分から男性の顔にオマンコを押し付けながら悩ましい声を上げています。

 

そしてテーブルに手を付かされ、立ちバックの体勢でおちんぽをズブリと母に挿し込むのです。

 

私の位置からは母親の表情が正面から見て取れます。声はこちらまで届きませんが、「すごい、すごい」と何度も口走っているようでした。

 

頭を掻き毟りなが悶える実母の表情は、50年経った今も目に焼きついておりますね。

 

一番驚いたのは翌日のことです。

 

母と一緒にお風呂へ入っていると突然、「おとおちゃんには内緒にしとくんよ。言ったらダメよ」と私の背中を流しながら言うのです。

 

その日以来、どういった感情からなのか、母親は私を山小屋の中に入れるようになりました。

 

そう、私の目の前で不倫行為に及ぶのです。

 

男性はとても嬉しそうに、「どうだボク?おかあちゃんのこんな格好見て!」「これが本当のおかあちゃんの姿だ!ドスケベだろう!」と結合部を見せ付けてくるのです。

 

母は顔を赤らめながらオマンコからオシッコのような液体を噴出しておりました。

 

そうやって育った私です。それを避けたい防衛本能からか自然と同性愛者になってしまい今だ独身です。

 

 

 

カテゴリ:浮気・不倫の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング