ホーム » 人妻・熟女 » 【体験談】息子の同級生の10代チンポを堪能する淫乱母親

【体験談】息子の同級生の10代チンポを堪能する淫乱母親

読了までの目安時間:約 5分

息子の友達と不倫

 

[99]: 匿名くろさん(北海道)からの投稿 2017/05/14(日)

わたしが体験した実話を聴いてください。

 

わたしは由里菜、小樽市内に住む人妻です。

 

旦那とはバイト先で知り合い、23歳の時に結婚しました。

 

旦那は当時40歳。二十代の頃に離婚したようでバツイチ、15歳になる男の子の連れ子がいたのです。

 

旦那とは歳も離れていましたが話も面白くて私が一目惚れしてしまったカタチになります。

 

お付き合いをしてちょうど一年で結婚することになりました。

 

最初は無愛想だった息子の亮も今では「母さん」と呼んでくれるようになりました。8歳しか歳が違いませんから思春期の男の子にとっては慣れるまで大変だったと思います。

 

結婚をして2年も経つと、亮の同級生が家によく遊びにくるようになりました。

 

その子の名前は今時らしいセナ。身長も大きく、亮とは対照的で少し不良っぽいところがあります。

 

気の弱い亮がどうしてこんなタイプの子と友達になったのか不思議でした。

 

セナ君も私には懐いてくれて、亮がいない日にも家に来たりもするようになりました。

 

よく私のことをホントのお姉ちゃんみたいだって言ってくれたりして、ちょっと母性本能をくすぐられる感じです。

 

その頃、旦那はというと昇進と同時に海外出張が増え、家を空けることが多くなりました。お給料等の面では一切不満などありませんが、正直少し寂しいこともあります。

 

去年のことでした。

 

春頃から干してある私の下着類が盗まれることが起こるようになりました。

 

そして8月のある日、家でホットパンツに薄手のTシャツといったラフな格好で階段を掃除しているとなんだか視線を感じるのです。

 

ふと後ろを振り返ると、セナ君が階段の下から身をかがめて私を覗いていたのでした。

 

目が合うと恥ずかしそうに「亮の部屋に忘れ物したから取りにきた」と照れ笑いをして亮の部屋へと立ち去っていきます。その日も亮は部活でいませんでした。

 

女の勘というか、セナ君が下着を盗んでいるのだと確信していました。

 

放っておけばいいのに何故か意地悪したくなったのです。

 

私も後を追って亮の部屋に入り、「ねえセナ君、私のモノを盗んだりしてない?」と問いつめました。

 

セナ君は下を向いて数秒黙ったあと、私に抱きついてきました。そして力強く私を持ち上げるようにしてベッドに押し倒してきたのです。

 

ものの3秒ほどのことでした。ボタンも外さずに力任せにホットパンツをパンティごと引き脱がすと、私の股間に顔を埋めてきました。

 

うっすらこういう展開も期待してしまっていたハシタナイ私。襲われる恐怖よりも、アソコを手入れしていないこと、汗で蒸れていることが気になっていました。

 

「ごめんなさい!ごめんなさい!」と連呼しながら私の股間に吸い付くセナ君。

 

テクニックなどありませんが、その煮えたぎる様な熱い愛撫に私はイってしまいました。

 

そのあと、セナ君に頼まれてフェラチオ。一度射精しても全く衰えることのない若い性欲。

 

そのままシックスナインの体勢になってお互いに舐めあいます。

 

5分ほどで2度目の射精。しかしまだ勃起したままの十代のペニス。むしろ最初よりも更に大きさを増しているようでした。

 

嬉しくなってしまった私は挿入も許してしまいました。

 

避妊具はあったので使ってもらいましたが、7個あった避妊具をものの2時間で全て使い切ってしまいました。

 

翌週、亮が部活の合宿の日、セナ君が避妊具を買ってお泊まりにきたのが言うまでもありません・・・

 

 

 

カテゴリ:人妻・熟女の最新記事

カテゴリ:浮気・不倫の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング