ホーム » M男とS女の体験談 » 【体験談】肛門からビンゴボールを吐き出すM男奴隷

【体験談】肛門からビンゴボールを吐き出すM男奴隷

読了までの目安時間:約 9分

アナル遊び

 

[99]: 変態マゾくろさん(福島県)からの投稿 2017/05/30(火)

過去の投稿:玲子女王様の調教記録

金曜日の夕方から今日まで4日間立ちっぱなしです。
朝から晩まで、腰が限界です。

 

今日は定時あがりにして明日早朝から残業再会です。14時間労働にしたいなと思っています。

 

16時間はちょっときつい年齢になってしまいました。

 

今日は薫様のアパートには行っていません。疲れてしまったので。

 

さて高校2年編に戻ります。

 

春高バレーは今でこそ1月開催ですが、僕たちの頃は3月開催でした。

 

玲子女王様ははなからインターハイを目標としていて、春高予選は試金石と位置つけていました。

 

実際この大会は県でベスト16まで行きました。

 

この頃の僕の朝は中学の頃と同じで朝練で玲子女王様達のブルマを見学して練習後にトイレで愛撫する昔の習慣に戻っていました。

 

ただ、中学の時のような時間的余裕はなく慌しい愛撫でした。

 

「くろ後は玲子の家で頼むぜ。」

 

恵美子様でさえ慌しくパンティを戻して教室へ向いました。

 

「くろ、ごめんなさいね。お前もアルバイトで疲れているのに朝も夜も奉仕させてしまって。」

 

玲子女王様が言われました。

 

「僕は玲子女王様の性奴隷ですよ。玲子女王様のおまんこを舐めるのが僕の役目です。朝も晩も愛撫出来て嬉しく思っています。気にしないで練習に集中して下さい。」

 

玲子女王様は複雑な笑みを浮かべていました。

 

今回はここからが本筋です。

 

今年もクリスマスパーティーはありませんでした。

 

3人の練習と僕のアルバイトがあったためです。

 

玲子女王様のお父様のSMクラブは12月28日~1月3日までが休みでした。

 

28日にクリスマス会と忘年会をやるのが慣わしのようでこの年は僕たちも参加させて頂きました。

 

僕は毎日のアルバイトで女王様のお姉さま達にとても可愛がられていました。

 

「みんな1年間ご苦労様。今日は楽しみましょうね。玲子やくろも参加しているわ。一応未成年だから無茶をさせては駄目よ。じゃー乾杯。」

 

お母様の音頭で会は始まりました。お父様は面には出てこない方でした。

 

玲子女王様も恵美子様も女王様達とアルコールを飲んでいました。

 

和枝様もお母様に進められて珍しくアルコールを飲んでいました。

 

「さあビンゴ始めるわよ。景品はママが準備してくれました。」

 

トップ女王様の有華女王様が言いました。

 

「くろこっちに来なさい。言い付けどおり浣腸はしてきたわよね。」

 

「はい。有華女王様。」

 

「じゃあ、くろのアナルにビンゴボールを入れます。みんなはビンゴカードもって頂戴ね。」

 

「えー凄ーい。この子まだ高校生でしょ。そんなこと出来るの。」

 

「この子は玲子ちゃんが小学生から躾けた傑作よ。これぐらい問題ないわ。ねーくろ。ボールは一個づつ出すのよ。いいわね。」

 

「有華お姉さま、私こんなこと聞いていないわよ。」

 

「だって言ってないもの。あなたの自慢の奴隷を信じなさい。くろはやってのけるわよ。」

 

こうしてビンゴ大会は始まりました。

 

「くろ、玉は小さいから少しずつ出すんだよ。いきんでは駄目よ。お前なら出来るよ。玲子ちゃんの為にもしくじるんじゃないよ。」

 

僕はアナルの筋肉を調整して一個ずつ玉を押し出しました。

 

ビンゴ大会は大盛況でした。

 

その中でお母様と有華女王様だけが玲子女王様の顔色を伺っていました。

 

「はーい次の出し物です。じゃんけん大会でーす。今回もママが景品を用意してくれています。」

 

「えーいい」

 

会場は大盛り上がりでした。

 

「じゃあ、私とみんなでじゃんけんよ。最後に勝ち残った人が優勝よ。私はくろのあなるの中でじゃんけんします。私がだした指はくろが発表します。」

 

「えーいい。」

 

会場はまたしても大盛上りでした。

 

「くろ、ローションつけるからがんばるのよ。」

 

有華女王様は肘までの透明手袋をはめてローションを塗って僕のアナルに差込みました。

 

僕は吐きそうになりましたが我慢しました。

 

「くろ、動かすわよ。これは何。」

 

僕の大腸の中で有華女王様の手が開きました。

 

「パーです。」

 

「正解よ。くろ、我慢してね。」

 

「準備オッケーよ。さあ始めましょ。最初はぐーじゃんけんぽん。」

 

優勝が決まるまで何回も僕の大腸で有華女王様の手が開きました。

 

玲子女王様も恵美子様も和枝様もこれには参加されず、玲子女王様は明らかに不機嫌な表情でした。

 

じゃんけん大会が終わると玲子女王様が有華女王様に詰め寄りました。

 

「お姉さま、どういうつもりでやっているの。くろは私の奴隷よ。それを私に相談もなしにこんことに使って。くろが可愛そうでしょ。ここにはアルバイトで来ているだけなのよ。ここの本職で働いているわけではないのよ。」

 

かなり興奮していました。いつも冷静な玲子女王様が。

 

「玲子ちゃん、ちょっと来なさい。二人で話をしましょ。」

 

二人はバックヤードへ行きました。

 

僕が床でへたり込んでいるとお母様が寄ってきました。

 

「くろ、ご苦労様。相変わらず根をあげないわね。今でも玲子を信じているのね。ちょっと有華と玲子の会話を聞いてみる?」

 

僕はお母様に誘われて移動しました。

 

「玲子、お前が小学生の頃にこの世界を教えたのは私よ。忘れたわけじゃないわよね。お前もいっぱしの女王様になって奴隷も躾けているし。」

 

「それと今日のお姉さまの行動とどういうつながりがあるの。私は今日のお姉さまの行動を怒っているのよ。」

 

「玲子、お前くろを愛しちゃったんじゃないの。ご主人様と奴隷が愛し合っては主従関係は成り立たないわ。一番最初にお前に教えたことよ。それを忘れてしまったのならお前女王様を辞めなさい。商売で女王様をやるのとは訳が違うのよ。私はママからそう教わって女王様をやっているわ。私の天性だし。お前は私以上の女王様よ。この世界で私がかなわないと思っていたのはママだけよ。この10年だれにも負けていると感じたことはないわ。初めてくろをみて、くろの玲子を信じる姿に私は玲子に追い抜かれたと感じたわ。毎日くろに会って玲子のことばかりを話すくろに負けたと感じたわ。お前も腹を決めなさい。女王様をやめてくろと恋人になってもいいんだよ。ママも感ずいているわ。今日はお前にそれを教える為に私が企画したのよ。冷静なおまえが感情的になったのが答えだよ。今すぐ答えをだすことはないよ。ゆっくり考えな。さあパーティのつづきだ、みんな待ってるぜ。」

 

玲子女王様は泣き崩れました。

 

「くろ、このことは見なかったこと、聞かなかったことにするんだよ。いいね。玲子が判断するまでお前は今まで通りにいなさい。」

 

「はい、お母様。」

 

こんな感情的な玲子女王様を見るのは小学校6年生以来でした。

 

僕は玲子女王様に愛撫することでしかなぐさめることが出来ない奴隷です。

 

あの涙を舐めて慰める事が出来ればと思い僕も泣いてしまいました。

 

この後の高校生活を僕も玲子女王様も複雑な思いで過ごすのでした。

 

カテゴリ:M男とS女の体験談の最新記事

コメントは2件です

  1. すみれ より:

    くろ様、こんばんは(^-^)
    くろ様の投稿を読んでいると
    人々の心の描写などが細かく、
    くろ様がとても感受性の
    高い方ということが
    感じ取れます。
    玲子様も女の子なんですね…
    この涙の後、どの様な変化が
    起きてしまうのか楽しみにしております!

  2. 変態マゾくろ より:

    すみれ様、コメントありがとうございます。
    催促したようでごめんなさい。
    これからも時間を作って投稿しますので宜しくお願い致します。
    すみれ様のコメントとても励みになります。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング