ホーム » JK・JD » 【体験談】女王様とM男奴隷の別れ【最終話】

【体験談】女王様とM男奴隷の別れ【最終話】

読了までの目安時間:約 12分

 

[99]: 変態マゾくろさん(福島県)からの投稿 2017/08/31(木)

過去の投稿:玲子女王様の調教記録

玲子女王様の調教生活の最終話です。

 

和枝様が旅立って玲子女王様と僕だけの最初の関係に戻りました。
玲子女王様の旅立ちまで後1週間ありました。

 

「くろ、明日から私達の歴史を見て回りましょ。恵美子も和恵もいなくなって昔からの私達2人だけよ。嬉しい。」

 

「はい、嬉しいいです。玲子女王様と2人での行動は久しぶりですから。」

 

「じゃあ、明日の朝からね。」

 

「分りました。玲子女王様。」

 

2人がいなくなって沈んでいた僕には、嬉しい命令でした。
次の日から僕達の歴史の旅が続きました。

 

始めは中学1年生で僕が躾けられた神社でした。
懐かしかったです。

 

「僕全裸で浣腸受けてもいいですか。」

 

「全裸はいいけど浣腸はタオルも持って着てないからやめましょか。」

 

僕だけ全裸になってかつて僕が縛られたポールの前に立ちました。
僕のちんこも起っていました。

 

「くろ、懐かしいわね。中学1年生の春だったわね。私もまだ幼くてくろに厳しくしてしまってたわね。」

 

「いいえ、僕がまだ躾けのなっていない奴隷だっただけです。」

 

「相変わらずくろは優しいわね。」

 

玲子女王様が僕を抱いて舌を絡めてくれました。
僕は突然のことに腰が抜けるほど嬉しかったです。

 

「お前はここで2時間でも3時間でも私が戻ってくるのを待っていたわね。」

 

「はい、僕は玲子女王様を信じていましたから。」

 

「昔みたいに淫語を書いてあげるわ。」

 

玲子女王様は全裸の僕の身体に「アナルは何百回も犯されたのに童貞の変態マゾです。見かけたら犯して下さい。」マジックでそう書いてくれました。

 

「嬉しい、くろ。」

 

「はい、懐かしくて嬉しいです。」

 

「明日はくろが小学生にフェラをしたり、夜に露出散歩した公園に行きましょうね。」

 

「はい、楽しみです。」

 

「今日から私の家に泊まりなさい。くろのお母様には許可をもらったわ。」

 

「本当ですか。僕嬉しいです。」僕は有頂天でした。

 

この日から玲子女王様が旅立つ日まで僕は玲子女王様とずっと一緒でした。

 

お風呂もベッドも一緒でした。
トイレも一緒でした。
玲子女王様がトイレに行く時は一緒に行っておしっこもうんこも見つめました。

 

終わった後は僕の舌で舐めて綺麗にしました。

 

玲子女王様は恥ずかしがることもなく「くろが居るとトイレットペーパーが減らなくて助かるわ。」と言われました。

 

僕はこの一言だけでも嬉しくてしょうがありませんでした。
翌日、僕達は母校の小学校が見える公園にいきました。

 

「くろ、手を繋ぎましょうか。」玲子女王様が言われました。

 

僕はびっくりしました。嬉しいのですが何かあるんじゃないかと心配でした。

 

「くろ、小学校のマラソン大会のコース憶えてる。」

 

「はい、今でも各学年のコース憶えていますよ。」

 

「嬉しいわ。私もよ。一緒に歩いてみましょ。昔を共有しているってとても嬉しいものね。」

 

この日は本当に恋人のように公園を散歩しました。

 

次の日は全裸の四つん這いで玲子女王様に泣きついた空港近くの県立公園でした。
その後も中学校や高校やカラオケボックスや映画館など二人の歴史を訪ねました。

 

この間の僕達は本当の恋人のように過ごしました。

 

僕はそんの場はとっても嬉しいいのですが、夜玲子女王様の横で寝ていると怖くて何度も起きるのでした。

 

毎日、玲子女王様に捨てられる夢を見ました。
最後の日も恋人のように楽しく過ごしました。

 

その日の夜です。玲子嬢王様から衝撃的な言葉を聞きました。
お風呂の愛撫も終わり後は玲子女王様が眠りに就くまでの愛撫だけの時でした。

 

「くろ、大切なお話があるわ。取乱さないで聞いて頂戴。」

 

僕はとても嫌な予感がしていました。

 

「明日の朝をもって私とくろの奴隷契約を破棄するわ。」

 

僕は頭が真っ白になって泣き出しました。

 

「玲子女王様にとっても、僕は邪魔な存在になってしまったのですね。」

 

「そうでわないのよ。話を聞いて頂戴。お前はまだ私の性奴隷のくろよ。最後まで契約を全うしなさい。」

 

「申し訳ありません、玲子女王様。でも僕は玲子女王様とは遠距離でも主従関係でいたいです。」

 

「もうそれは出来ないのよ。お前を捨てるわけじゃないの。心して聞いて頂戴。私は生まれながらの女王様なの。くろは小学生の頃から分っているでしょ。」

 

「はい、存じています。」

 

「その私が恋をしてしまったの。それは私にとって許されることではないの。だからこの契約を破棄するのよ。」

 

「僕は玲子女王様が恋をしても奴隷としてついて行きます。玲子女王様とその方が愛し合ってもその後処理も出来ます。ずっと全裸で正座してベッドの横で待っています。中出しされた精液も男性のおちんちんも舐めまて綺麗にします。だから捨てないで下さい。玲子女王様がいないと僕は駄目なんです。お願いします。だから、だから・・・」

 

玲子女王様は取乱す僕を抱いて口付けしてくれました。

 

「私が愛してしまったのは、くろお前よ。主人が奴隷を愛してしまったら契約はなりたたないのよ。分って頂戴。」

 

「僕を愛しくれているなら恋人では駄目なのですか。僕は玲子女王様が大好きなんですよ。お願いです、僕を捨てないで下さい。」僕は顔が分らなくなるくらい泣いていました。

 

「さっきも言ったでしょ。私は生まれながらの女王様よ。それはくろが一番理解しているでしょ。」

 

僕は泣き続けました。

 

「くろ、今日が最後よ。一緒に寝ましょうね。」

 

僕は恵美子様の時のように朝まで玲子女王様のおまんこを舐めました。

 

朝起きると玲子女王様が「くろ、ひどい顔ね。今日が最後と分っていてその顔ね。朝食にしましょうか。」

 

僕達は二人で朝食を取りました。

 

「くろ、目玉焼き美味しい。私が焼いたのよ。ご飯も味噌汁も私が作ったのよ。」

 

「とっても美味しいんですが胸が一杯で、頭が真っ白です。やっぱり僕の希望は適いませんか。」

 

「もう諦めなさい。私が言ったからには覆らないわよ。」

 

「僕はどうしたら宜しいんですか。」

 

玲子女王様は僕に口付けをしてくれました。
いつもそうなんです。僕が困ると口付けをしてくれるんです。

 

「お前は幸せになりなさい。くろは優しいから誰からも好かれるわ。」

 

「僕はそんな幸せを望んではいません。玲子女王様の為だけに生きたいんです。」

 

「聞分けて頂戴。私には私の夢があるわ。くろにもくろの将来があるのよ。そこに進みなさい。」

 

「僕には出来ません。」

 

「お前が出来なければ私は心配で旅立てないわよ。まだ、私の奴隷よお前は。根性をを見せなさい、くろ!」

 

「頑張ります。玲子女王様が安心して東京で頑張れるよう僕も頑張ります。」

 

「良い返事よ、私のくろ。さあ、食事をしてお別れにしましょ。」

 

僕は涙をぬぐって朝食をとりました。
そして別れの時が来ました。

 

「くろ、お別れよ。時間だわ。私はお前を送らないし、お前も私の見送りはなしよ。ここが最後の別れよ。」

 

玲子女王様の玄関が別れの場となりました。
玲子女王様は僕を抱きしめて最後の口付けをしてくれました。

 

「くろ、お前が私の初恋の相手であって最初で最後の恋人よ。さようなら、私が愛した純。」

 

僕は7年ぶりに玲子女王様に本当の名前を呼ばれて、これが本当の別れなのだと自覚しました。

 

「玲子女王様、僕は玲子女王様に負けないように頑張ります。でも僕がくじけたら助けて頂けますか。」

 

「もちろんよ、純。私はいつまでも純を愛しているわ。」

 

これが僕の7年間の終焉でした。
1話のつもりが70話を超える連載となりました。ご愛読ありがとうございました。

 

 

追伸
僕が玲子女王様と再びお会いした時、僕の天使様達のその後を教えて頂きました。

 

恵美子様は宣言した通りにメイクの道で東京では結構有名になりました。
芸能界ではなくファッションモデル界で活躍してファッション雑誌の隅にメイク恵美子との記載がある雑誌も多くあったそうです。恵美子様は東京で知り会った一回り上の理容師と意気投合して22歳で結婚したそうです。旦那さんが独立して地元に帰って6店舗をやりくりしているそうです。子供も4人授かって幸せに暮らしているそうです。

 

和枝様は看護師となり結婚して2人の子供に恵まれたそうです。
お相手は全く医療とは関係のない男性だそうです。

 

身体が不自由になったお父様の面倒もみて看護師として働き、母親としても二人の子供を育てているそうです。
玲子女王様は自分の信念のままに進みました。

 

大学を卒業すると外資系の企業に就職してアメリカと日本を行き来しました。
十数年をアメリカテと日本を行き来した後、お父様の具合が悪くなりお母様も引退を考えた時に店を継ぐ決意をしたそうです。

 

今、僕は2人の子供を地元に置いて福島で単身赴任になって2年です。
貞操帯をつけてパンティを履いて生活しています。

 

家族と一緒にいられないのは寂しいですが、僕は今幸せです。

 

カテゴリ:JK・JDの最新記事

カテゴリ:M男とS女の体験談の最新記事

コメントは9件です

  1. すみれ より:

    くろ様、お疲れ様でした。
    こちらのサイトを知って
    かなり愉しませてもらい
    その中でもくろ様の体験談に
    共感を覚え、世の中に変態が沢山いることに
    嬉しく思っております。
    玲子様との別れはとてもお辛い瞬間でしたね。
    私も読んでいて玲子様が
    考え直してくれないかななんて
    思いました。
    ですが余談のいまの女性達の活躍や
    くろ様の今の事を知ると
    あの時はあれで良かったんだろうな
    なんて思います。
    玲子様とお別れしても
    くろ様の変態は現役ですもんね!
    これからも投稿楽しみにしております。

  2. 変態マゾくろ より:

    すみれ様、長い間ご愛読ありがとうございました。
    僕が自分の事を変態マゾと呼んでいるのは謙遜です。
    僕自身は僕の性癖が普通であって変態とは思っていません。
    ただ、通常の人からみれば変態と見られるのかなーと思っています。
    僕は玲子女王様とお母様から正義と悪、常識と非常識、ノーマルとアブノーマル、そんな関係は他人が判断するものでどちらが正解なんてないという事を10代で学びました。
    だから僕はMであってSでもあったりしています。
    すみれ様も変態が異常とは思わないで下さい。
    今回の帰省で玲子女王様から薫様との関係について指導を受けましたので、次はリアル編で投稿したいと思います。
    ではまた、近いうちに、御機嫌よう。

  3. すみれ より:

    くろ様、こんばんは(^-^)
    私も自分の変態なんて思っていませんでした。
    むしろみんなそうなんだろうと思っていましたが
    親しい人間に自分の性癖を
    言う事は無かったのです。
    でも、今は彼とも出会い、
    くろ様との様に素直に
    自分の気持ちを晒け出せる
    友人が出来たことがとても嬉しいです。
    ありがとうございます。
    確かに正解なんてないですよね。
    ただ、謙遜などとはとんでもないです!
    私が彼にくろ様のお話をすると毎回
    ど変態だな!とくろ様の事を
    感服しております。
    これからも似た性癖を持つ同士
    くろ様の投稿楽しみにしております。
    ちなみに先程あれはあれで良かったのかもと
    思った事は、玲子様達とのお別れの事です。
    好きな人とずっと一緒にいたいと思うのは
    当たり前なことですが
    やはり時には離れたり別れる事も
    必要なのかもなと思い、
    その時の玲子様のご決断も
    同じ女性として感服しました。
    私には到底出来ません(>_<)

    長々とすみません、
    リアル編など
    今後も楽しみにしております。

  4. ヒイロ より:

    クロさん こんにちは 最終話が掲載されていましたがいざこれが最終話と思うと寂しく中々読めなくていました 玲子女王様との相思相愛でも互いの信念の為の別れ寂しく私の別れを投影して涙して読ませてもらいました
    一般の方々からすれば変態だと言われるかもしれませんが何が変態なのでしょうか? 人にはそれぞれ個性があり愛の形も人それぞれ クロさんや私、すみれ様がしている変態行為も私からしたら普通な行為だと思います
    以前高校の時に知り合った私の相手に飲尿や色々と変態行為を迫られたりしました 最初は汚いとか変態と私も言ってましたが彼女は人それぞれ愛の形や感じ方は違う 汚いと言うならフェラやクンニは汚くないの?同じ排泄器官を舐めるのは変態行為じゃないのと言われました
    それから私は周りから変態行為と言われる行為でも互いの理解、信頼、親愛があれば普通だと思うようになりました
    長々とくだらない事を書きすみません
    本当にクロ様 長期連載お疲れ様でした
    書き込みをしてない方もクロ様の今後のリアル編や奥様との出会いなども楽しみにしてる方は沢山いると思うので是非ゆっくりとクロ様のペースで掲載よろしくお願いします

  5. 変態マゾくろ より:

    ヒイロ様、長い間ご愛読有難うございました。
    最後までお付合い頂いたのはすみれ様とヒイロ様だけでしたね。
    何度もコメントを頂きとても励みとなりました。
    以前、僕が投稿を薦めた際には、あまり投稿するような話がないようなコメントでしたが、結構経験をしているよううですね。
    思い切って投稿してみてはいかかですか。
    自分を晒すととても気持ちいいですよ。
    僕は過去の日記を全て読み返すいいきっかけとなりました。
    全ての日記を読んだのは20数年ぶりのことでした。
    また時々投稿しますのでまた読んで下さい。

  6. hiro より:

    一環して、愛情が滲みでてましたね、
    偽りのない投稿を興味深く読ませて頂きました。
    薫様編、番外編、現在へを楽しみに待ってます。
    ひとまず、お疲れ様でした。

  7. 変態マゾくろ より:

    hiro様、コメント有難うございます。
    ヒイロ様とは別のhiro様で宜しいでしょうか。
    全話を読んで頂けたのであれば光栄です。
    今後の投稿も読んで頂ければコメント下さい。
    コメントはとても励みになります。
    今後とも宜しくお願い致します。

  8. しん より:

    とても、楽しく、読ませて頂きました。それぞれの方々とのお別れの時は、自分の事の様に哀しくなってしまいました。でも、それぞれの方が幸せに暮らしているのが、とても嬉しく感じました。又、リアル編も楽しみにしています。

  9. 変態マゾくろ より:

    しん様、初めまして。
    全話読んで頂けたのでしょうか。
    そうであれば光栄です。
    全70話を超えてしまいましたので自分で読み返すのにも半日掛かってしまいます。
    楽しんで頂けたのであれば幸いです。
    遠慮なくコメント頂ければ励みになります。
    今後とも宜しくお願い致します。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
18歳未満は退出してください
サイト内の小説、体験談は全てオリジナルコンテンツであって、著作権は当サイトにあるものです。 無断での転載は固くお断りします。

珍たろうちゃんねるでは投稿作品に加えて管理人自身の話もハメ撮り画像と一緒に掲載しています。コピペではなく投稿作品のみを掲載しているため更新頻度は遅いです
体験談とは実際に自分の身に起きた出来事であり小説とは違ったものですが、投稿頂いた作品はあくまで全てフィクションを交えた文章です。
露出、痴漢といったジャンルのお話も多数ありますがそれらもあくまでフィクション、犯罪行為ですので真似はしないようにしましょう。

【お勧めカテゴリ】
S男×M女・・・サディスト男性とマゾ女性の行為。アナル、露出とプレイの幅も広く色々なお話が読めます。
M男×S女・・・マゾ男性とサディスト女性の行為。男性よりも女性の方がサディスト側になったとき、過激さを増すようです。投稿数の一番多いジャンルでもあります。
人妻・熟女・・・女の性欲は40代からという言葉の通り、若い女性にはない性への探究心や貪欲さが文章から垣間見ることができます。

この他にも色々なジャンルのカテゴリがあり、きっとあなたの性癖を満たしてくれるお話があるはずです。
また、読むだけでは飽き足らず自身の経験を話してみたいという方は、記事下にある「投稿してみる」というリンクから体験談を投稿してみてください。
カテゴリー
ご近所さんの体験談を検索
SP+PC(7日間)
アクセスランキング